【フリントロック】

デッキの概要

 装備モンスターの行動をロックする《フリント》を軸としたデッキ
 サポートカード《フリントロック》を活かすため、デッキの構成は【機械族】の一種となる。

《フリントロック/Flint Lock》
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守 800
フィールド上に表側表示の「フリント」が存在する場合、
このカードに装備させる事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードが装備している「フリント」1枚を、
フィールド上に存在する表側表示モンスター1体に装備させる事ができる。
このカードが装備できる「フリント」は1枚まで。
このカードが「フリント」を装備している限り、
このカードは「フリント」の効果を受けず、戦闘によっては破壊されない。
《フリント/Flint》 
装備魔法
このカードの装備モンスターは表示形式の変更と攻撃宣言ができなくなり、
攻撃力が300ポイントダウンする。
装備モンスターが破壊された場合、
フィールド上のモンスターを1体選択し、
そのモンスターにこのカードを装備する。
《フリント・アタック/Flint Missile》 
速攻魔法
「フリント」を装備したモンスター1体を破壊する。
発動後このカードが墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す事ができる。

デッキ構築に際して

 《フリント》《フリントロック》《フリント・アタック》を利用して相手モンスター破壊するコンボが主体。
 サーチリクルートを駆使し、《フリント》《フリントロック》を揃えて相手の展開を妨害することになる。

モンスターカードについて

エクストラデッキについて

魔法・罠カードについて

《フリントロック》サーチリクルート

装備魔法サポート

戦闘サポート
 《フリントロック》攻撃力は1500であるため、素では《フリント》を駆使しても1800までしか対応できない。
 そのため攻撃力の低さを補うためのサポートカードは必須となるだろう。

―その他の魔法・罠カード

戦術

 戦闘破壊耐性を得た《フリントロック》で押して行く。

 序盤は《フリント》相手モンスターに装備しロックをかける。
 《フリントロック》を引いたらそれを展開したうえでビートダウンを行う。
 この状態になれば《フリントロック》を軸に《フリント》を使いまわし、都合の悪いモンスターにはロックをかけ《フリント・アタック》による除去が行える。

デッキの派生

【ユニオン】【ドラゴン族】

《フリントロック》を墓地から蘇生できる《トライゴン》や、破壊を防ぐ機械族ユニオンモンスターを装備して戦う。
《マシンナーズ・フォートレス》を無理なく投入することができ、《トライゴン》《デブリ・ドラゴン》蘇生することで、《フリント》と相性のいい《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》シンクロ召喚も狙うことができる。
種族の関係上バランスを取ることが難しいが、《インフルーエンス・ドラゴン》を投入することである程度は緩和できる。

《イクイップ・シュート》

《イクイップ・シュート》の効果で《フリント》を相手モンスターに装備し、強制戦闘を狙う。
攻撃力減少は300と心もとないが、相手の攻撃宣言時に《イクイップ・シュート》を発動、次いで《聖なる鎧 −ミラーメール−》《極星宝ブリージンガ・メン》と併せて使うことで難なく破壊できる。
《聖なる鎧 −ミラーメール−》《極星宝ブリージンガ・メン》《フリント》を装備している《フリントロック》とも相性がいいので、単体でも使っていける。

このデッキの弱点

 装備魔法主体のデッキでありリリースバウンスに弱いので、《N・グラン・モール》対策として《次元幽閉》等も投入したい。
 《フリント》装備したモンスター破壊以外で処理、例えばシンクロ素材にされると自己再生が止まるが、シンクロ召喚を妨害するのは難しい。
 《群雄割拠》《カイザーコロシアム》等でシンクロ召喚を難しくさせることが可能なものの、魔法&罠カードゾーンの圧迫が大きいため、サルベージ手段を豊富にし自己再生が切れてもすぐ対処できるようにするのも選択の1つである。

 また【機械族】全てに言えることだが、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》にまとめて処理される事が多い。
 いかなる場合にフィールドががら空きになっても良いよう、罠カード等で対処できるようにしておこう。

代表的なカード

関連リンク

広告