【フレムベル】

デッキの概要

 DUEL TERMINALで登場した、フレムベルモンスターを使用するビートダウンデッキ
 《フレムベル・ヘルドッグ》を主軸としたシンクロ召喚エクシーズ召喚を中心とし、中盤以降は《真炎の爆発》による大量展開を狙う。
 フレムベルモンスターは大半が守備力200であり、守備力200のモンスターを中心とした【炎属性】デッキに組み込まれることも多い。

《フレムベル・ヘルドッグ/Flamvell Firedog》
効果モンスター
星4/炎属性/獣族/攻1900/守 200
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
デッキから「フレムベル・ヘルドッグ」以外の
守備力200以下の炎属性モンスター1体を特殊召喚できる。
《真炎の爆発/Rekindling》
通常魔法
自分の墓地から守備力200の
炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは
このターンのエンドフェイズ時にゲームから除外される。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターカードについて

 炎属性守備力200のモンスターリクルートできる《フレムベル・ヘルドッグ》はほぼ必須カードとなる。
 フレムベル以外では、主にレベル4で単体性能や汎用性の高さを基準に選んでいくと良いだろう。

フレムベルモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 《フレムベル・マジカル》《ゲリラカイト》を採用するため、レベルシンクロモンスターだけでなくランクエクシーズモンスターも狙いやすい。

フレムベルシンクロモンスター
 《フレムベル・ウルキサス》《エンシェント・ゴッド・フレムベル》共にレベルが合わせにくく、効果も優秀とは言いがたい。
 特に後者に至っては《フレムベル・ヘルドッグ》シンクロ素材にできない等、扱いづらさが際立っているため、無理に採用する必要は無いだろう。

―相性の良いモンスター
 《フレムベル・ヘルドッグ》によるリクルートから展開する場合はメインフェイズ2でのシンクロ召喚エクシーズ召喚となり相手ターンで妨害が可能なものを採用したい。
 逆に《真炎の爆発》による大量展開から1ターンキルを狙う場合は打点の高さや除去に特化したモンスターが多めに必要となる。

魔法・罠カードについて

炎属性守備力200のサポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 序盤は《フレムベル・ヘルドッグ》でのリクルートや、《フレムベル・マジカル》《稲荷火》の組み合わせからシンクロ召喚エクシーズ召喚に繋ぐ。
 《真炎の爆発》を使えるようになるまでは、場持ちの良いモンスターで維持する等、特殊召喚先のエクストラデッキモンスターは吟味する必要があるだろう。
 その後は温存しておいた伏せ除去等で露払いしつつ、大量展開からのエクシーズ召喚シンクロ召喚による攻撃で一気に決める。

 《真炎の爆発》が切り札とは言え、【ラヴァル】の様に墓地を肥やす事に秀でている訳ではないため、無理に序盤から狙う必要は無い。
 罠カード等の妨害札による長期戦を仕掛け、その過程で相手が疲弊してきたところで発動したい。
 最低でも2体蘇生できる時点でボード・アドバンテージを得られるため、墓地が肥えていない序盤から攻めていくことも考えられる。

デッキの種類

【チョウレンビート】

 基本の戦術に加え《予言僧 チョウレン》効果魔法・罠カード発動を止めつつ、安全に《真炎の爆発》による展開を行うデッキタイプ。
 また、《ライオウ》や後述のジュラック《エヴォルカイザー・ラギア》を取り入れ、よりメタビートとしての側面を強めても良い。

《古神クトグア》

 《真炎の爆発》に対応する《古神クトグア》シンクロ召喚及びランク4のエクシーズ召喚に特化させたデッキタイプ。
 ランク4のエクシーズ素材時にドロー効果を狙えるため、手札を減らしにくく、《真炎の爆発》を引き込める確率も高くなる。
 また、シンクロモンスターエクシーズ素材にするため《黒白の波動》発動条件を満たせ、よりドローを加速できる。

 チューナーにはサーチしやすく展開をサポートする《レッド・リゾネーター》や、特殊召喚モンスター《TG ストライカー》が適任。
 非チューナー自己再生可能な《きつね火》、微弱ながら《フレムベル・ヘルドッグ》戦闘を補助できる《名匠 ガミル》を利用できる。
 《真炎の爆発》には対応しないがレベルシンクロ素材として扱いつつ1ドローも狙える《チューニング・サポーター》も相性が良い。

 また、《シンクロ・フュージョニスト》シンクロ素材とすることで《簡易融合》サーチできる。
 レベル融合モンスター《古神クトグア》《外神ナイアルラ》を経由させ、《外神アザトート》全体除去を狙うのも良い。

デッキの派生

【フレムベルジュラック】

 《フレムベル・ヘルドッグ》《真炎の爆発》に対応する《ジュラック・アウロ》を下級ジュラックと共に展開していくデッキタイプ。
 《ジュラック・グアイバ》蘇生することで更にジュラックリクルートを狙える等、展開力の底上げが可能となる。
 《エヴォルカイザー・ラギア》エクシーズ召喚も採用しやすくなり、不足していた制圧力も賄える。

 あくまで《ジュラック・アウロ》蘇生にしか対応できないため、より墓地を肥やすことに重点が置かれるだろう。
 しかしジュラック自体は《化石調査》サーチできるので、逆に《フレムベル・ヘルドッグ》が来るまでの戦線維持も任せやすい。

【フレムベルバスター】

 レベル8のシンクロ召喚が容易な【フレムベル】に【バスター・モード】の要素を取り入れたデッキ
 主に《スターダスト・ドラゴン/バスター》を切り札とし、フィールドを制圧していく。
 パーツは《バスター・モード》《バスター・ビースト》/バスターを投入するだけで良いため、他の型の混合も可能。

このデッキの弱点

 《フレムベル・ヘルドッグ》《真炎の爆発》を封じる全体除外特殊召喚封じに弱い。
 除去エクストラデッキモンスターに頼り切っているので、モンスター効果封じにも弱い。
 《フレムベル・ヘルドッグ》相手モンスター戦闘破壊することが起点になるので、攻撃力の高いモンスター戦闘破壊耐性を持つモンスター《くず鉄のかかし》等の攻撃を封じる効果にも弱い。
 守備力が低い都合上、《EMウィップ・バイパー》等の汎用性の高い攻守変更カードを出されると、展開できずに完封される恐れもある。

このデッキの歴史

09/03/01

 《真炎の爆発》《フレムベル・ヘルドッグ》が登場したことで、デッキが大幅に強化された。

11/03/01

 エクシーズモンスターが登場し、《フレムベル・ヘルドッグ》リクルート効果の重要性が増した。

12/03/01

 【チョウレンビート】が考案された。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告