【マスターモンク】

デッキの概要

 2回攻撃可能な《マスターモンク》、その専用サポートカードを用いるデッキ
 特殊召喚するために《モンク・ファイター》を利用し、同じく専用サポートに対応する《格闘ねずみ チュー助》も利用可能。
 専用サポートの強みを利用したい。

《マスターモンク/Master Monk》
効果モンスター
星5/地属性/岩石族/攻1900/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する「モンク・ファイター」1体を
生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードは1ターンに2回攻撃をする事ができる。
《モンク・ファイター/Monk Fighter》
効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻1300/守1000
このカードが戦闘を行う事によって受ける
コントローラーの戦闘ダメージは0になる。
《孤高の格闘家/Lone Wolf》
永続罠
自分フィールド上に「格闘ねずみ チュー助」「モンク・ファイター」
「マスターモンク」の内1体のみが存在している場合に発動する事ができる。
このモンスター1体は戦闘によっては破壊されず、相手モンスターの効果も受けない。

デッキ構築に関して

 《マスターモンク》とその特殊召喚に必要な《モンク・ファイター》を中心に構築する。
 そのため、【地属性】【岩石族】も参考にしながら、デッキ構築を進めたい。

モンスターカードについて

−メインとなるモンスター

−それ以外のモンスター
 岩石族もしくは地属性サポート効果を持ち、上記を支援できるものを採用する。

エクストラデッキについて

 メインデッキレベル3を出しやすくする構築であり、ランク3を中心に採用する。
 岩石族地属性の組みわせになることが多く、それらで縛りをクリアできる物を採用できる。
 下記のもの以外では汎用性の高い《幻影騎士団ブレイクソード》《彼岸の旅人 ダンテ》を採用すると良い。

魔法・罠カードについて

−専用サポート

岩石族サポート

−その他のカード

戦術

 上記のサポートを駆使できれば《マスターモンク》特殊召喚にはそれ程苦労することは無いだろう。
 リリース対象となる《モンク・ファイター》リクルート蘇生することで迅速にフィールドに呼び出したい。
 特殊召喚後は強化カードで一撃必殺を狙い、それ以外は全てサポートに回す位でおきたい。

このデッキの弱点

 主力の《マスターモンク》特殊召喚が前提となるため特殊召喚封じに弱い。
 同様に墓地肥やし蘇生も多用するため《マクロコスモス》等の無差別除外も厳しい。

 また、主力の《マスターモンク》戦闘一辺倒の効果であるため、安定した攻撃を通すことが前提となる。
 しかし肝心の《孤高の格闘家》が引けない、または発動してもカバーできない魔法・罠カード除去を受けるとあっという間に不利になる。

代表的なカード

関連リンク

広告