【マテリアル1キル】

デッキの概要

 《チェーン・マテリアル》を使用し、融合召喚した融合モンスターを利用する事によって勝利を得るデッキ
 バーンデッキ破壊特殊勝利と方法も様々。
 かつては《カタパルト・タートル》《ダーク・ダイブ・ボンバー》を利用したバーン勝利がメインだったが、いずれもエラッタにより消滅した。

《チェーン・マテリアル/Chain Material》 
通常罠
このカードの発動ターンに融合召喚を行う場合、
融合モンスターカードによって決められたモンスターを
自分の手札・デッキ・フィールド・墓地から選択してゲームから除外し、
これらを融合素材とする事ができる。
このカードを発動したターン攻撃する事はできず、
この効果で融合召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

モンスターカードについて

 射出するカードによってモンスターカードは変わるのでデッキの種類を参照。

魔法・罠カードについて

 鍵となる《チェーン・マテリアル》融合召喚に必要なカードは2〜3枚投入したいところ。
 墓地カード融合素材として使えるため、《手札断殺》《手札抹殺》などの手札交換カードも有効。
 後述の《E・HERO エリクシーラー》を利用する場合、《フュージョン・ゲート》手札加える《テラ・フォーミング》もいいだろう。

《キメラテック・オーバー・ドラゴン》使用型

《キメラテック・オーバー・ドラゴン/Chimeratech Overdragon》
融合・効果モンスター
星9/闇属性/機械族/攻   ?/守   ?
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの融合召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
このカードの元々の攻撃力と守備力は、
融合素材にしたモンスターの数×800ポイントの数値になる。
このカードは融合素材にしたモンスターの数だけ
相手モンスターを攻撃する事ができる。

 融合素材となる《サイバー・ドラゴン》は必須。
 他には、

 などを投入するとバーンで勝利できなかったとしてもビートダウンできる。

 使用できる融合手段は以下のとおり。

  1. 《チェーン・マテリアル》発動させ、融合手段のカード発動
  2. 攻撃力が8000を超えた《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚
  3. 《反目の従者》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》に装備。
  4. 《シエンの間者》などの転移カード発動
  5. 《反目の従者》ダメージを与える。

 《反目の従者》を装備する代わりに、転移後に《ミスフォーチュン》を使ってもよい。
 その場合、3の時点で攻撃力が16000を超えていなければならない。
 《パワー・ボンド》を使えば問題はないが、《融合》などを使用した場合は《リミッター解除》《巨大化》を使用しよう。

《E・HERO エリクシーラー》使用型

 融合素材さえあれば何度でも融合召喚が行える《フュージョン・ゲート》を利用し、《E・HERO エリクシーラー》融合召喚する事で融合素材に使ったモンスターデッキに戻り、無限ループが発生できる。

  1. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  2. 《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  3. 《E・HERO エリクシーラー》射出
  4. 《フュージョン・ゲート》水属性地属性モンスター墓地《E・HERO エリクシーラー》除外《E・HERO アブソルートZero》《E・HERO ガイア》)を融合召喚射出
  5. 最初に戻る。

 この場合無限に融合召喚が可能となるため、好きな融合モンスターを大量に呼び出したり、エクシーズ召喚も可能となる。

 《王家の神殿》《E・HERO エリクシーラー》融合素材である《E・HERO バブルマン》専用カードである《バブルイリュージョン》を使用すれば先攻1ターンキルも可能。
 手札交換《E・HERO プリズマー》などを使用して積極的に狙っていくのも良い。

 以下はこの無限ループを応用したデッキとなる。

《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》使用型

 《E・HERO エリクシーラー》2体で《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクシーズ召喚出来ることを利用し、バーン効果によって勝利する。
 手順は以下の通り。
 融合召喚はすべて《フュージョン・ゲート》によって行う。

  1. 《フュージョン・ゲート》《チェーン・マテリアル》発動した状態で《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  2. 《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻るので、再び《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  3. 《E・HERO エリクシーラー》2体で《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクシーズ召喚する。
  4. 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》効果発動し2000ダメージ
  5. 墓地《E・HERO エリクシーラー》と場の《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》《E・HERO ガイア》融合召喚
  6. 墓地《E・HERO エリクシーラー》と場の《E・HERO ガイア》《E・HERO The シャイニング》融合召喚
  7. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚効果除外されている《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》《E・HERO エリクシーラー》2体と《E・HERO ガイア》融合素材デッキに戻る。
  8. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  9. 《E・HERO エリクシーラー》2体で《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクシーズ召喚する。
  10. 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》効果発動し2000ダメージ
  11. 場の《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》《E・HERO The シャイニング》《E・HERO ガイア》融合召喚
  12. 墓地《E・HERO エリクシーラー》2体で《E・HERO The シャイニング》融合召喚
  13. 場の《E・HERO ガイア》《E・HERO The シャイニング》《E・HERO ガイア》融合召喚
  14. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  15. 以降、《E・HERO ガイア》《E・HERO The シャイニング》による違いはあるが7から13までを繰り返す。

 メインデッキに入れるコンボパーツが最小限で済むのでメインデッキは非常に安定する。
 無限ループによるバーンのため、《成金ゴブリン》も採用できる。
 一方で《E・HERO エリクシーラー》3枚、《E・HERO ガイア》《E・HERO The シャイニング》が2枚ずつ、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》が1枚の8枚になるので残りのエクストラデッキの枠は非常に厳しくなる。
 メインデッキを必要最低限のHEROに留め汎用エクシーズを採用するか、HEROを増やし他のHEROを採用するかはメインデッキと相談しよう。

《ワーム・ゼロ》使用型

 《ワーム・ゼロ》の「●6種類以上:」の効果を何度も利用する事で無限ドローを行い、エクゾディアパーツを揃えるデッキタイプ。
 手順は以下の通り。

  1. 《フュージョン・ゲート》で5種類のワーム除外《ワーム・ゼロ》融合召喚
  2. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  3. 《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  4. 《フュージョン・ゲート》で5種類のワーム《ワーム・ゼロ》除外《ワーム・ゼロ》融合召喚。効果で1ドロー
  5. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  6. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》2体を除外《E・HERO The シャイニング》融合召喚
  7. 《フュージョン・ゲート》で5種類のワーム《ワーム・ゼロ》除外《ワーム・ゼロ》融合召喚。効果で1ドロー
  8. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  9. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》《E・HERO The シャイニング》除外《E・HERO The シャイニング》融合召喚
  10. 7に戻る。

 バーンメタを回避できる利点は存在するが、融合素材封印されしパーツによって14枚もデッキスペースを取る事になる点が欠点。
 エクゾディアパーツを揃える方法以外にも、無限ループによるドローにより手札射出カードを呼び込み射出ループに移行する戦法や無限ループによるドロー手札に必要なキーカードを揃えてセイヴァーシリーズや《オシリスの天空竜》を始めとした召喚条件重いモンスターを連続で特殊召喚して1ターンキルを狙う戦法も考えられる。

《重機王ドボク・ザーク》使用型

 《重機王ドボク・ザーク》効果を何度も使用する事で相手デッキをすべて削り落とすデッキ
 手順は以下の通り。

  1. 《フュージョン・ゲート》レベル融合モンスター融合召喚
  2. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  3. 《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  4. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》と何かを除外属性融合E・HERO融合召喚。(例:地属性除外《E・HERO ガイア》融合召喚
  5. 1〜3を再び行う。
  6. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》フィールド上の属性融合E・HERO除外属性融合E・HERO融合召喚
  7. 1〜3,6を何度か行い、レベル融合モンスターを3体揃える。
  8. レベル融合モンスターエクシーズ素材とし、《重機王ドボク・ザーク》エクシーズ召喚
  9. 《重機王ドボク・ザーク》効果により、相手デッキを3枚削る。
  10. 《フュージョン・ゲート》《重機王ドボク・ザーク》フィールド上の属性融合E・HERO除外属性融合E・HERO融合召喚
  11. 《フュージョン・ゲート》属性融合E・HEROを利用し何度か融合召喚を行い、墓地のレベル融合モンスターをすべて除外する。
  12. 2に戻る。

 レベル融合モンスターは、《E・HERO エリクシーラー》融合素材を共有する《E・HERO スチーム・ヒーラー》《E・HERO セイラーマン》が扱いやすい。
 《フュージョン・ゲート》《チェーン・マテリアル》の2枚で行え、バーンメタも通用しない1ターンキルだが、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》バーンによる勝利に対しエクストラデッキの圧迫が響く。
 行う場合、最低でも《E・HERO エリクシーラー》×2、レベル融合モンスター×3、《重機王ドボク・ザーク》《E・HERO ガイア》を含む属性融合E・HERO×3をエクストラデッキに用意する必要がある。

《No.7 ラッキー・ストライプ》使用型

《No.7 ラッキー・ストライプ/Number 7: Lucky Straight》
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/光属性/天使族/攻 700/守 700
レベル7モンスター×3
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
サイコロを2回振る。
このカードの攻撃力は、次の相手のエンドフェイズ時まで、
大きい方の出た目×700ポイントになる。
さらに、出た目の合計が7だった場合、以下の効果から1つを選択して適用する。
●このカード以外のフィールド上のカードを全て墓地へ送る。
●手札または自分・相手の墓地からモンスター1体を特殊召喚する。
●デッキからカードを3枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。

 本来不確定な《No.7 ラッキー・ストライプ》効果を無限試行することによって確実に使えるようにするデッキ。

 手順は以下の通り。

  1. 《フュージョン・ゲート》レベル融合モンスター融合召喚
  2. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  3. 《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  4. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》と何かを除外属性融合E・HERO融合召喚。(例:地属性除外《E・HERO ガイア》融合召喚
  5. 1〜3を再び行う。
  6. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》フィールド上の属性融合E・HERO除外属性融合E・HERO融合召喚
  7. 1〜3,6を何度か行い、レベル融合モンスターを3体揃える。
  8. レベル融合モンスターエクシーズ素材とし、《No.7 ラッキー・ストライプ》エクシーズ召喚
  9. 《No.7 ラッキー・ストライプ》の効果を使う。
  10. 《フュージョン・ゲート》《No.7 ラッキー・ストライプ》フィールド上の属性融合E・HERO除外属性融合E・HERO融合召喚
  11. 《フュージョン・ゲート》属性融合E・HEROを利用し何度か融合召喚を行い、墓地レベル融合モンスターをすべて除外する。
  12. 2に戻る。

 レベル融合モンスターは、《E・HERO エリクシーラー》融合素材にできる《E・HERO ネオス・ナイト》が最適。
 メインデッキ《E・HERO ネオス》を入れるだけでよいため、融合素材が入ることによるデッキの安定性の低下を抑えられる。

 《No.7 ラッキー・ストライプ》効果を成功するまで何度も発動できるため、事実上無限ドロー、無限墓地肥やし、無限特殊召喚が可能である。
 これはデッキに入っているほぼ全てのカードを自由に使用することができるということと同義で、使用したカード除外するギミックを組み込めば無限に行うこともできる。
 罠カードに関しては《ジャンク・コレクター》を利用する等、工夫を要する。
 このコンボならば、エクゾディアはもちろんのこと、《光の創造神 ホルアクティ》特殊召喚など通常では非常に難しい方法で特殊勝利する事もできる。
 ただし、メインデッキに余計なカードを増やしすぎるとデッキの安定性が低下するため注意。

《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《セイクリッド・トレミスM7》使用型

 《E・HERO ガイア》2体で《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《セイクリッド・トレミスM7》エクシーズ召喚し、墓地送りサルベージによってエクゾディアパーツを揃えたり、《星見獣ガリス》バーン効果を繰り返し使用する。

 手順は以下の通り。

  1. 《フュージョン・ゲート》《チェーン・マテリアル》発動した状態で《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  2. フィールド《E・HERO エリクシーラー》地属性モンスター《E・HERO ガイア》融合召喚
  3. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  4. フィールド《E・HERO エリクシーラー》地属性モンスター《E・HERO ガイア》融合召喚
  5. 《E・HERO ガイア》2体で《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《セイクリッド・トレミスM7》エクシーズ召喚
  6. 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《セイクリッド・トレミスM7》で任意のモンスター墓地へ送るサルベージする。
  7. 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《セイクリッド・トレミスM7》墓地《E・HERO ガイア》《E・HERO The シャイニング》融合召喚
  8. フィールド《E・HERO The シャイニング》墓地《E・HERO ガイア》《E・HERO ガイア》融合召喚
  9. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  10. フィールド《E・HERO ガイア》《E・HERO エリクシーラー》《E・HERO ガイア》融合召喚
  11. 3に戻る。

《星見獣ガリス》バーンに成功しても失敗しても、6でバウンスもしくはサルベージでき、《E・HERO エリクシーラー》によって延々とモンスターデッキに戻せるのでデッキ切れの心配もない。

全体のデッキの弱点

 デッキの勝ち筋を《チェーン・マテリアル》に依存することが多くなるため、《チェーン・マテリアル》無効にされては戦術が崩壊してしまう。
 《神の宣告》《魔宮の賄賂》などのカウンター罠があると心強い。
 また、《王宮のお触れ》などがあるとカウンター罠が使えない上、《チェーン・マテリアル》無効にされてしまう。
 ちなみに《王宮のお触れ》は「フィールド上で発動した通常罠効果効果解決時墓地に送られていようと無効化される」ので、【やりくりターボ】の真似をして《非常食》《チェーン・マテリアル》効果解決時までに墓地へ送ったとしても効果無効化されてしまう。

 決定的な弱点として、《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《虚無空間》などで特殊召喚を封じられると身動きが取れなくなる。
 こちらもうまくカウンター罠や各種除去カードで対応したい。

 《王宮のお触れ》に対しチェーン発動破壊できる《砂塵の大竜巻》も面白いカード
 相手ターンエンドフェイズ《砂塵の大竜巻》発動させ、手札《チェーン・マテリアル》を伏せられれば次の自分ターンには安心して発動できる。

 《フュージョン・ゲート》を利用する場合、ペンデュラム召喚メタに投入が増えている《サイクロン》などにも気を付けよう。

代表的なカード

関連リンク

広告