【ミーネ・ウイルス】

デッキの概要

 闇魔界の脅威で登場した《黒蠍−棘のミーネ》を採用した《死のデッキ破壊ウイルス》デッキ
 【闇属性】【戦士族】に近い【スタンダード】である。
 第3期当時の【カオス】メタデッキの一つであり、【ノーカオス】の前身でもある。
 《黒蠍−棘のミーネ》《死のデッキ破壊ウイルス》媒体を継続的に供給し、相手を常にウイルスの影響下に置くことで、いずれも攻撃力1500超であるカオスの封印を狙った。
 キーカード《死のデッキ破壊ウイルス》がこのデッキの成立から半年程度で制限カードとなってしまったため、その全盛期は非常に短い。

《黒蠍−棘のミーネ/Dark Scorpion - Meanae The Thorn》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1800
このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、
次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●「黒蠍」という名のついたカードを自分のデッキから1枚手札に加える。
●「黒蠍」という名のついたカードを自分の墓地から1枚手札に加える。
《死のデッキ破壊ウイルス/Crush Card Virus》
通常罠
自分フィールド上に存在する攻撃力1000以下の
闇属性モンスター1体をリリースして発動する。
相手のフィールド上に存在するモンスター、相手の手札、
相手のターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
攻撃力1500以上のモンスターを破壊する。
※当時のテキスト

デッキ構築に際して

 【スタンダード】の概念に基づき、キーカード以外は1:多交換を狙えるものが中心に採用された。
 このデッキ特有のものとしては、《黒蠍−棘のミーネ》サポートカードとして《キラー・トマト》《増援》が採用されていた程度である。

 《死のデッキ破壊ウイルス》制限カード化以降は、後述のように他のカードデッキの力を借りた構築へと変化していく。

戦術

 《黒蠍−棘のミーネ》サーチサルベージ効果で、《死のデッキ破壊ウイルス》コストを供給し続ける。
 《死のデッキ破壊ウイルス》のおかげで《黒蠍−棘のミーネ》モンスター効果の発動が容易にもなり、両者のシナジーは凄まじい。
 当時のカードプールではカオスモンスターサーチ手段はほぼ皆無であり、相手《死のデッキ破壊ウイルス》影響下に置き続ければ【カオス】は完封したも同然であった。

デッキの種類

 《死のデッキ破壊ウイルス》無制限カードであった頃は【スタンダード】の一種として存在していた。
 特異な構築・派生が考えられ始めたのは、これが制限カードとなり、頼りきった構築ができなくなったためである。

シンクロ召喚

 《死のデッキ破壊ウイルス》現役時代の晩期に登場したシンクロ召喚を取り入れたタイプ。
 《黒蠍−棘のミーネ》のおかげでレベルモンスターが供給され続けるので、あとはそれに組み合わせるチューナーを採用するだけで良い。

デッキの派生

【ウイルスカオス】

 元々のメタ対象であった【カオス】と複合したタイプ。
 相手の高攻撃力モンスターを封殺しながら墓地を肥やしカオスモンスター特殊召喚を狙う。

【ミーネゲドン】

 《ハイドロゲドン》を取り入れ、元々の特長であったアドバンテージの得やすさに更に特化したタイプ。
 詳しくは該当ページを参照。

【ダムドミーネ】

 《ダーク・アームド・ドラゴン》を中心とした【ダムドビート】の要素を取り入れたタイプ。
 《黒蠍−棘のミーネ》効果墓地闇属性モンスターの数を調整しつつ、《ダーク・アームド・ドラゴン》特殊召喚を狙う。

このデッキの歴史

 《混沌帝龍 −終焉の使者−》禁止カードになる前の【カオス】最盛期に、そのメタデッキとして登場した。
 【ウイルスカオス】と共に環境に与えた影響は大きく、ハイビート軸の【スタンダード】が姿を消す事になる。

 04/03/01から04/09/01には主流デッキの一つに数えられた。
 当時は《サイクロン》無制限カードであったため、《死のデッキ破壊ウイルス》フリーチェーンである事も大きな利点となった。
 当時のカードプールで使用できた特殊召喚メタには《王宮の弾圧》《奈落の落とし穴》が存在するが、これらは《サイクロン》に割られやすく不利であった。
 上記の2枚が注目されたのは、《サイクロン》《死のデッキ破壊ウイルス》制限カード入りした04/09/01からである。

 04/09/01《死のデッキ破壊ウイルス》制限カードに指定され、衰退する。
 その後も様々な派生デッキは考えられたものの、かつてほどの力を持つ事は難しかった。
 そして09/09/01についに《死のデッキ破壊ウイルス》禁止カードとなり、構築不能となった。

代表的なカード

関連リンク

広告