【モンスター転移】

デッキの概要

 コントロール転移によりデメリット持ちモンスター送りつけ自分にとってのメリットにする。
 リクルータースピリットを中心に、この戦術と相性の良いカードは多い。

《強制転移/Creature Swap》
通常魔法
お互いはそれぞれ自分フィールド上のモンスター1体を選び、
そのモンスターのコントロールを入れ替える。
そのモンスターはこのターン表示形式を変更できない。
《死のマジック・ボックス/Mystic Box》
通常魔法
(1):自分及び相手フィールドのモンスターを1体ずつ対象として発動できる。
その相手のモンスターを破壊する。
その後、その自分のモンスターのコントロールを相手に移す。
《シエンの間者/Shien's Spy》
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
このターンのエンドフェイズ時まで、選択したカードのコントロールを相手に移す。

デッキの種類

 デッキ構築により採用すべきカードは全く異なるため、コントロール転移カード以外に必須カードはない。
 後述のデッキの派生も参考に、構築段階から戦法、戦術を明確にしたい。

【リクルーター】

 戦闘破壊された時に効果発動するリクルーター送りつけデッキ
 リクルートによりコントロール転移ディスアドバンテージ回復し、更なるアドバンテージに変える。

【スピリット】

 召喚リバースしたターン自分手札に戻るスピリットモンスター送りつける。
 各種コントロール転移が一方的なモンスター除去に変貌する。
 元々スピリットコントロール転移と相性が良いので、無理は生じにくい。

【暗黒界】

 《メタモルポット》《リグラス・リーパー》送りつける。
 それにより相手カードの効果捨てられた時に発動する暗黒界モンスター効果を能動的に発動させる。
 コンボの手間はあるが、暗黒界の能力を最大限に引き出す可能性を持つ。
 《暗黒界の斥候 スカー》もこれを共有できたため、あまり無理なく組み込める戦術ではあったが、より手軽にコンボ可能な《暗黒界の導師 セルリ》の登場で衰退した。

【ガエル】

 送りつけた《魔知ガエル》《引きガエル》破壊することでハンド・アドバンテージを得る。
 その他にも《黄泉ガエル》《粋カエル》といった自己再生モンスターも存在しているので、送りつけるモンスターは豊富である。
 これらのモンスター攻撃力は100しかないため、直接攻撃相当の戦闘ダメージを期待でき、さらに《グリズリーマザー》によるリクルートも容易である。
 同じ水属性である《アメーバ》と組み合わせるのもいいだろう。

【TG】

 一部のTGには破壊されると同名カード以外のTGサーチできる効果を持っており、また専用の《強制転移》とも言える《TG1−EM1》が存在する。
 《TG1−EM1》罠カードであるので奇襲性が高く、自分相手モンスターを選べる利点がある。

バーン

 コントローラーダメージを与える《アメーバ》《G・コザッキー》送りつける。
 攻撃表示《アメーバ》や、裏側表示《G・コザッキー》攻撃する必要があるため、【ビートバーン】に近い。
 《邪神機−獄炎》《ミストデーモン》《反目の従者》も相性は抜群。
 《G・コザッキー》を主軸とするなら、《ギブ&テイク》が1枚で2500と非常に優秀なバーンカードに変わる。

デッキの派生

【侍ターボ】

 《大盤振舞侍》送りつけハンド・アドバンテージを稼ぐデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【転移アメーバ】

 【アメーバーン】とも呼ばれる。
 バーン軸を更に《アメーバ》専用構築にしたもの。
 そのサポートに《グリズリーマザー》《リミット・リバース》《サルベージ》を採用するので、【ローレベル】【水属性】としての側面も持たせられる。

 攻撃表示《アメーバ》コントロール転移効果ダメージを与え、それを攻撃すれば、初期ライフの半分近くを削り取れる。
 弱点は《月の書》《アメーバ》裏側表示にされたり、攻撃速攻魔法罠カードで防がれることである。
 このため、伏せ除去は念入りに行いたい。
 《魔導戦士 ブレイカー》や、余分な転移魔法カードを処理できる《賢者ケイローン》を採用すると、成功しやすいだろう。

【イドロック】

 強力な展開抑制能力を持つ《超魔神イド》送りつけ、さらにこれの攻撃を封じる事でフィールド経由の勝利手段の一切を奪うロックデッキの1種。
 《終末の騎士》墓地へ送り《ギブ&テイク》送りつけることで瞬時にロックが成立する。
 肝心の《ギブ&テイク》《トラップトリック》《悪魔嬢リリス》などのサーチ手段を使って用意したい。
 《強欲で謙虚な壺》《封印の黄金櫃》といったカードは勿論だがアドバンス召喚からの《強制転移》といった代替手段を用意するのも手。
 なお速度の遅さは《超魔神イド》の穴である、「既にフィールド上に存在するモンスター」を展開する猶予を与えてしまう。
 《強制脱出装置》などの除去手段も併用したいところ。

 展開後、自分《超魔神イド》を維持する必要があるため、通常のビートダウンによる勝利は不可となる。
 《魔界の足枷》《拷問車輪》によって《超魔神イド》攻撃を封じつつバーンを行うと効率的。
 ただし魔法・罠除去には注意が必要となるため、防御はこれや他のロックに依存せず、《マシュマロン》などの戦闘破壊耐性を持つものなども併用したい。
 《強制転移》と併用できるリクルーターを確保しておくのも有効。

 なお相手フィールド《超魔神イド》を能動的に除去する手段もいくつか存在し、その代表例として《ブラック・ホール》《激流葬》などが存在する。
 魔法・罠カードによるロックを重視するならば《ハーピィの羽根帚》対策もかねて《スターライト・ロード》を併用しても良い。
 ただしこの場合、自分フィールドにも2体以上のモンスターを維持する必要がある。
 決まれば次の全体除去《サイクロン》などもカウンターできるが、やや扱いにくい点は否めない。
 また、《月の書》もその汎用性から多くのデッキに採用されているため、注意すべきカード
 自分カードにも使える《禁じられた聖槍》《闇の幻影》、臨機応変に対応できる《禁止令》デメリットもある程度許容できる《魔宮の賄賂》などを、併用するカードとの相性を考慮して選択していきたい。
 なお、《ナチュル・バンブーシュート》と組み合わせることで魔法・罠カードモンスターをすべて封じる、極めて強固なロックが完成する。
 このロック《エフェクト・ヴェーラー》のような手札からモンスター効果を封じるカード以外に破る手段がないが、《ナチュル・バンブーシュート》効果発動させるにはデッキナチュル寄りにしなければならないため、構築難度は高くなる。

【転移アシッド・ゴーレム】

 【バハムート・シャーク】の派生であり略称として【転移アシゴ】とも呼ばれる。
 特殊召喚封じとバーンが同時に行える《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》送りつけを狙うデッキ
 上記【イドロック】と比較して召喚、特にアドバンス召喚を許す点でロック強度は落ちる一方で展開手段が多いのが利点。
 また、バーンダメージが大きいため、例え対抗手段があろうとその前にライフを削りきりやすい点、さらに除去されても勝ち筋を失いにくい点が特色。

 《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》エクシーズ召喚を経由するとダメージが発生するまでタイムラグが大きく安定しない。
 基本的に《バハムート・シャーク》エクシーズ召喚し、その効果によってエクシーズ素材のない状態で特殊召喚するのが前提となる。
 エクシーズ素材レベル水属性を指定しており、主な候補は【バハムート・シャーク】を参照すると良いだろう。
 送りつけシナジーの見込める《グリズリーマザー》もこのデッキであれば優先順位は高い。
 それ以外では《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》の維持に《禁じられた聖槍》を用いる場合《ハイドロゲドン》も併用できるか。

 《サルベージ》などの属性サポートを共有できる《霧の王》を採用してアドバンス召喚等を封じる事も考えられる。
 同時展開は難しいが、《バハムート・シャーク》を用いれば通常召喚できるモンスターでは太刀打ちできないほどの攻撃力を得られる。
 《サイクロン》等の魔法・罠除去に対する危険はつきまとうが、《御前試合》《生贄封じの仮面》ロックの補強に貢献する。

【ジャックポット7】

 特殊勝利カードである《ジャックポット7》による勝利を目指した1ターンキルコンボデッキ
 キーカードである《黒蠍盗掘団》相手送りつけて3回の自爆特攻を行うことにより、デッキから《ジャックポット7》3枚を墓地へ送り勝利できる。
 《黒蠍盗掘団》はサポートの多い闇属性戦士族攻撃力1000のステータスであるため、《増援》によるサーチ《キラー・トマト》によるリクルート《終末の騎士》墓地へ送ってからの蘇生などで場に出したい。
 墓地から蘇生する場合には《ギブ&テイク》で直接相手フィールド送りつけても良いだろう。

 自爆特攻役として適しているのは、複数の弱小トークン特殊召喚する《カバーカーニバル》《スケープ・ゴート》《ブラック・ガーデン》などが挙げられる。
 他には《黒蠍盗掘団》よりも低いステータスリクルーター《エレキトンボ》《軍隊竜》《ヘル・セキュリティ》《プチトマボー》《アンブラル・アンフォーム》《ゼンマイハニー》なども良い。
 変わったところでは、3体のモンスター攻撃力0にして蘇生する《未来への思い》でも1ターンキルを狙うことができる。

 《黒蠍盗掘団》を使わない方法としては、デッキ内のモンスターを極力減らしておき、送りつけ《カオスポッド》誘発効果で一気に墓地へ送る方法もある。
 リバースさせる手間はかかるが、攻撃が必須でなく、裏側表示モンスターを使うので妨害される危険性は下がる。
 ただ、《カオスポッド》サーチする手段が乏しいので、《浅すぎた墓穴》による特殊召喚や、同じリバース時の誘発効果を持つ《メタモルポット》によるドローなどで補いたい。

 大きな弱点としては《マクロコスモス》等によって《ジャックポット7》を1枚でも直接除外されると勝利はほぼ不可能になってしまう点がある。
 特に弱いのが《D.D.クロウ》で、《ジャックポット7》の自己除外チェーンブロックを作るために手札誘発で先んじて除外されてしまう。
 またコンボデッキであるが故にキーカードが揃わない間は無防備になってしまいがちなのも困りどころ。
 コンボ役と防御カードを兼ねられる《カバーカーニバル》《スケープ・ゴート》《ブラック・ガーデン》や各種リクルーターで時間を稼ぐほか、《バトルフェーダー》などの手札誘発も採用が考えらえる。

代表的なカード

関連リンク

広告