【ユニオン】

デッキの概要

 ユニオンモンスターとその装備対象を主軸としたデッキ
 あるいは、ユニオン魔法&罠カードゾーンから特殊召喚されるギミックを戦術として取り込んだデッキ

 当初は特定のモンスターにしか装備できないユニオンモンスターが多かったため、デッキ構築の幅も狭まりやすく、非常に扱いづらかった。
 現在は特定の種族カテゴリを指定するものが増え採用しやすくなった反面、特定のデッキの一要素として扱われる事が多くなった。

デッキ構築に際して

デッキの種類

《闇魔界の戦士 ダークソード》

 《闇魔界の竜騎士 ダークソード》とそのユニオンおよび融合モンスターを駆使したデッキ
 【闇属性】【ドラゴン族】の要素を組み込みやすく、安定性は高い。
 《闇魔界の戦士 ダークソード》《予想GUY》などのサポートカードを併用でき、フィールドに出すのは容易。
 《漆黒の闘龍》《融合準備》でのサーチが効く。
 《騎竜》上級モンスターだが、《終末の騎士》墓地へ送れば、《ゲットライド!》が使える。
 《闇魔界の竜騎士 ダークソード》《融合解除》《フォーメーション・ユニオン》《コンビネーション・アタック》を用いれば、2200+900+2200+1800+900=8000ダメージ1ターンキルにもなる。

【機械族】

 機械族に装備でき、モンスター効果も扱いやすい《オイルメン》《強化支援メカ・ヘビーウェポン》《強化支援メカ・ヘビーアーマー》が採用できる。
 【マシンナーズ】【ヴァイロン】も、ユニオンのギミックを持つ【機械族】である。
 【サイバー・ドラゴン】では《アーマード・サイバーン》《トライゴン》も採用できるが、融合召喚から1ターンキルを狙う性質上ユニオンとの相性はいまいち。

【ABC】

 《A−アサルト・コア》《B−バスター・ドレイク》《C−クラッシュ・ワイバーン》の3体を中心とし、《ABC−ドラゴン・バスター》を切り札とする。
 他のユニオンデッキとは一線を画した強さを持つ環境デッキの1つである。
 詳細は該当ページを参照。

【VWXYZ】

 ユニオン融合召喚のギミックを持ち、【機械族】としての構築も可能。
 詳しくは、該当ページを参照。

【六武衆】

 高い耐性ドロー効果を併せ持つ《六武衆の御霊代》が採用できる。
 ただし、真六武衆が登場してからは枠が減った事や、シンクロ召喚エクシーズ召喚が軸となった事から、ユニオンが採用しづらくなった。

デッキの派生

【ユニオン帝】

 ユニオン《前線基地》特殊召喚し、リリースとする【帝コントロール】
 元々【帝コントロール】の主流からは外れた構築だったうえに、現在ではこれ以外にも特殊召喚ギミックが数多く存在する。
 アドバンス召喚関連のサポートカードの充実によりリリース確保も容易になっており、あえて「《前線基地》ユニオン」のセットを使用する意義は無くなっている。

代表的なカード

関連リンク

広告