【ランク6】

概要

 ランク6は、エクシーズモンスターランクの1つであり、レベル6のモンスターエクシーズ素材としてエクシーズ召喚される。
 このページでは、ランクエクシーズモンスターを使用するデッキにおいて、有用なカードを幅広く紹介する。

 ランク6の素材となるレベル6のモンスターは、通常召喚リリースが必要な上級モンスターである。
 さらにレベル6には扱いやすい自己特殊召喚能力を持つものがレベル5より乏しく、有力なエクシーズ素材確保手段となる《簡易融合》が使えないなど、同じ上級モンスター主体の【ランク5】より更に素材を揃えにくい。
 そのかわりに、シンクロエクシーズリンクモンスターの中でもこのランクにしかない効果を持つエクシーズモンスターを擁し、代わりの効かない役割のあるランクである。

メインデッキモンスターについて

レベル6を2体並べる方法
 レベルモンスターを効率的に2体並べる方法としては、以下のものが挙げられる。

手札から特殊召喚
色々あるものの、《聖刻龍−トフェニドラゴン》が群を抜いて扱いやすいため、無理に様々なカードを搭載する必要性は薄い。

墓地から特殊召喚

デッキから特殊召喚

デッキを選ぶもの

主なランクエクシーズモンスター

 上級モンスターが必要なためランク4以下に比べて3体以上のエクシーズ素材を要求するエクシーズモンスターを出す難易度が高い。
 特定のエクシーズモンスターに特化した構築を除けば基本的には2体で出せるエクシーズモンスターに絞った方が良い。
 以下、特に指定のない場合素材指定は「レベルモンスター×2」である。

エクシーズ素材縛りあり

ランク6のエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できるカード

ランク6と相性の良いエクストラデッキカード

魔法・罠カードについて

 【エクシーズ召喚】の項にもある通り、エクシーズ召喚デッキとして特に採用すべきカードはない。
 使用するカテゴリ等に見合ったサポートカードを採用するのがよいだろう。

レベルモンスターサポートカード

デッキの種類

 ここではランク6を主力とするデッキのうち、メインデッキに特定のカテゴリを用いないものを紹介する。

【ラーの翼神竜】

 「ランク6にしかできない」効果を持つカード2種をフル活用するデッキ
 特殊な種族属性ゆえにサポートカードの少ない《ラーの翼神竜》シリーズを《永遠の淑女 ベアトリーチェ》墓地に落とし、《甲虫装機 エクサビートル》《ラーの翼神竜》フィールドに出すことで《ラーの翼神竜−不死鳥》自己再生に繋げる。
 詳細は【ラーの翼神竜】を参照。

ランク6を使用する主なカテゴリデッキ

【聖刻】

 光属性ドラゴン族カテゴリであり、《聖刻龍−トフェニドラゴン》出張元となるデッキ
 リリースされた場合にドラゴン族通常モンスターリクルートする効果を生かしてレベル6を展開、《聖刻龍王−アトゥムス》を呼び出し、さらなる展開を狙う。
 聖刻1体をリリースして特殊召喚できるレベル6の《聖刻龍−シユウドラゴン》の存在から、召喚権を消費せずにレベル6×2体を並べる事も容易。

【ヴァンパイア】

 上級モンスター中心のアンデット族カテゴリ
 レベル5とレベル6が多いが、属するモンスターの質がレベル6・ランク6の方が良いため、ランク6を中心とした構築となる事が多い。
 【エクシーズ召喚】デッキとしては珍しくコントロール奪取を得意としており、エース《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》コントロール奪取したモンスターレベルを問わずエクシーズ素材にできる。

【陽炎獣】

 炎属性レベル6で統一されたカテゴリ
 任意の数のエクシーズ素材エクシーズ召喚できるエース《陽炎獣 バジリコック》に大量のエクシーズ素材を付与して強化するという独特なデッキ

【6軸リチュア】

 レベル6の儀式モンスターを軸とする【リチュア】の一種。
 レベル6のリチュア儀式モンスター相手ターンに使える効果を持たず維持するメリットが薄いため、儀式召喚して効果を使用した後はランク6のエクシーズ素材にするのが基本となる。
 ソリティア性の高いデッキのため、《セイクリッド・トレミスM7》サルベージ効果が有効。
 よりランク6の展開に特化した【聖刻リチュア】というタイプもある。

弱点

 エクシーズ召喚デッキに共通する弱点については【エクシーズ召喚】の弱点の項を参照の事。

 ランクデッキ上級モンスター中心なので、どうしても手札事故の危険性がつきまとう。
 また展開力についても下級モンスターを軸とする場合より劣る事は否めない。
 エクシーズモンスターの質について言えば、自己強化などで攻撃力3000超になれる汎用カードがなく、相手ターンにはやや打たれ弱いと言える。

関連リンク

広告