【ランク8】

概要

 ランク8は、エクシーズモンスターランクの1つであり、レベル8のモンスターエクシーズ素材としてエクシーズ召喚される。
 このページでは、ランクエクシーズモンスターを使用するデッキにおいて、有用なカードを幅広く紹介する。

 ランク8のエクシーズ召喚の素材となるレベル8のモンスターは、通常召喚に2体のリリースが必要な最上級モンスターである。
 このため、エクシーズ素材アドバンス召喚する事は基本的に考えず、特殊召喚で並べる形となる。

 エクシーズ召喚デッキ全般の共通事項は【エクシーズ召喚】を参照。

エクシーズ素材用のモンスターについて

 レベルモンスターは攻守が高いものが多く、他のレベルのように「特殊召喚しやすいがステータスが低い」というカードは少ない。
 自己特殊召喚能力を持っていても十分な戦闘力があるものが大半である。
 ランク8のエクシーズ召喚を行わなくても十分戦線維持ができる、エクシーズ召喚を行うことで合計攻撃力が下がる、といった場面も多い。
 他のランク以上に、エクシーズ召喚を行うか、レベルモンスターで戦うかを見極めて動く事が必要である。

手札から特殊召喚

墓地から特殊召喚

属性などの指定あり

主なランクエクシーズモンスター

 ランクエクシーズモンスターは、制圧除去において優れたものが多い。
 また、ランク8に「上に重ねてエクシーズ召喚」できるモンスターが多いのも特徴である。

−素材2体

−素材3体

ランク8の上に重ねてエクシーズ召喚できるエクシーズモンスター

ギャラクシーアイズの上に重ねてエクシーズ召喚できるエクシーズモンスター
ギャラクシーアイズエクシーズモンスターは、上に以下のモンスターを重ねてエクシーズ召喚できる。
エクストラデッキに余裕があるならば併せて採用したい。
ランク8のギャラクシーアイズには《No.62 銀河眼の光子竜皇》《No.90 銀河眼の光子卿》《銀河眼の光波竜》《No.107 銀河眼の時空竜》などが存在する。

魔法・罠カードについて

 【エクシーズ召喚】にもある通り、特別に必須カードと呼べるものは無い。
 基本的には各々のデッキにあったカードを採用する事になる。

デッキの種類

 特定のカテゴリに頼らずともランク8のエクシーズ召喚を狙える構築を示す。

【ドラゴン族】

 上記の通りドラゴン族レベル8には展開しやすいモンスターが複数存在する。
 中でも《螺旋竜バルジ》《限界竜シュヴァルツシルト》《星雲龍ネビュラ》などはこの構築で最も真価を発揮するモンスターと言える。
 また、光属性闇属性モンスターの比率が高まりやすいため、《混沌帝龍 −終焉の使者−》《終焉龍 カオス・エンペラー》《混源龍レヴィオニア》等も特殊召喚が狙いやすくなる。

 《螺旋竜バルジ》効果によりレベル8以外の光属性闇属性ドラゴン族も採用しやすいので手札事故の危険性も減らせる。
 汎用サーチサルベージとして利用できる《輝光竜セイファート》サーチ手札を補いつつ展開が可能な《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》特殊召喚時に闇属性ドラゴン族サーチできる《妖醒龍ラルバウール》等は扱いやすい。
 これらは守護竜リンク素材にも転用可能である。

 エクストラデッキをやや特化させる必要はあるが、圧倒的な攻撃力1ターンキルを狙える《CNo.107 超銀河眼の時空龍》を少ない手札消費で呼び出せる(《螺旋竜バルジ》参照)。
 汎用蘇生カードを多め且つ《RUM−七皇の剣》ピン挿ししておき、相手エンドフェイズ《銀河衛竜》蘇生させてみるのも手。

ランク8を使用する主なカテゴリデッキ

【フォトン】【ギャラクシー】

 ランクデッキの代表格。
 特殊召喚しやすいレベルモンスター《銀河眼の光子竜》を軸に、ランク8のエクシーズモンスターを多用するパワフルなデッキ
 《No.62 銀河眼の光子竜皇》《No.90 銀河眼の光子卿》効果が強化されるのも特長である。
 なおフォトンギャラクシーの2つのカテゴリはどちらも《銀河眼の光子竜》フォトンギャラクシーの両方に属する)を使用するエクシーズ召喚系カテゴリだが、共通のサポートカードが多く混成デッキを組むことが多い。

【ギミック・パペット】

 パワフルなCNo.が特徴で、全体除去と高火力なバーンとドローを兼ねる《CNo.40 ギミック・パペット−デビルズ・ストリングス》や、特殊勝利効果を持つ《CNo.88 ギミック・パペット−ディザスター・レオ》を擁する。
 なお主力カードギミック・パペット以外の特殊召喚を制限するものがあるため、使用するエクシーズモンスターはほぼギミック・パペット系列の物に限られる。

【青眼の白龍】

 レベル8の《青眼の白龍》と、レベル8のブルーアイズモンスターを主力とするデッキ
 レベルモンスターが並べやすく、ランク8を出せる機会は多い。
 ただしブルーアイズに関する効果を持つエクシーズモンスターが存在しないため、どちらかといえばシンクロ召喚を主体とするタイプの方がよく見られる。

弱点

 エクシーズ召喚デッキ共通の弱点は【エクシーズ召喚】の弱点の項を参照。

 最上級モンスターを使うため必然的に手札事故の危険がつきまとう。
 また、エクシーズモンスターの役割が除去制圧に偏っており、展開力を持つものに乏しい。

関連リンク

広告