【レスキューラビット】

デッキの概要

 《レスキューラビット》による通常モンスターリクルートを用いて様々なコンボを狙うデッキ
 エクシーズ召喚を始めとし、《レスキューラビット》登場当時から様々な活用法が考案されている。

 かつてはトーナメントでも上位を獲得することも多く、環境に大きな影響を与えたデッキの一つでもある。
 それ故に一時期は《クリッター》の禁止や《レスキューラビット》自身の規制で弱体化したこともあった。
 現在は《レスキューラビット》制限解除されており、エクシーズモンスターの種類も増えたこともあり、デッキパワーで考えれば以前より増していると言えよう。

《レスキューラビット/Rescue Rabbit》
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の同名の通常モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

デッキ構築に際して

 【レスキューラビット】はデッキによって採用するカードが大きく変わる為、まずは戦術そのものを決めるべきであろう。

 エクシーズ召喚軸の場合、採用するエクシーズモンスターを決める事で、通常モンスターも自ずと決まって来るだろう。
 その際、残りのスペースにはエクシーズモンスターと相性の良いカードメタカード等を採用すると良い。

 他のコンボを狙う場合、基本的にはデッキの大半のモンスターと同じカード名種族属性を持つものを選ぶと良いだろう。

モンスターカードについて

―軸となるモンスター

エクシーズモンスター
 リクルートしてきた通常モンスターの利用方法として、メインデッキを圧迫せず手軽である。
 さらに《レスキューラビット》の性質上、エクシーズ素材縛りのあるエクシーズモンスターエクシーズ召喚が楽であるのも見逃せない。
 採用候補はエクシーズモンスターのページを参照されたい。

―その他のモンスター
 《レスキューラビット》通常モンスターのみでエクシーズ召喚コンボは完成するが、さすがにこれだけではモンスター数に不安がある。
 そこでエクシーズ召喚を補助できるモンスターを中心に採用し、《レスキューラビット》が引けない場合でも戦えるようにしたい。

魔法・罠カードについて

 【レスキューラビット】は基本となるカードモンスターのみで構成されているため、比較的自由に選択ができる。

デッキの種類

 もともとレベル4の通常モンスターを採用できるデッキならば、《レスキューラビット》を投入するだけで【レスキューラビット】となる。
 それらのデッキ《レスキューラビット》を採用していないタイプと区別するために【兎◯◯】・【◯◯兎】・【レスキュー◯◯】・【◯◯ラビット】等と呼ばれる事がある。

【恐竜族】

 強力なエクシーズモンスター《エヴォルカイザー・ラギア》を主軸にしたデッキ
 採用候補となる通常モンスターは主に《メガロスマッシャーX》《セイバーザウルス》《大くしゃみのカバザウルス》となる。
 《エヴォルカイザー・ラギア》エクシーズ召喚に成功さえしてしまえば、1度だけではあるが《神の宣告》をほぼノーコスト発動できるに等しくなる。
 つまり、単純に考えると、《エヴォルカイザー・ラギア》除去するためには、2枚以上のカードが必要となる。
 よって《レスキューラビット》からエクシーズ召喚を行う事で、1枚分のアドバンテージを約束される事になり非常に強力である。
 また、上記に上げた通常モンスターの内2種類は水属性でもあるため《バハムート・シャーク》エクシーズ召喚も可能である。
 エクストラデッキに余裕があれば《バハムート・シャーク》《餅カエル》のコンビを出張採用することも考えられる。

 また、墓地アドバンテージを殆ど意識せずに戦え、かつ魔法・罠除去に対する安定したカウンターが可能である事から、《マクロコスモス》等の除外カードを採用して【メタビート】のような戦い方も可能である。

―相性のいいモンスター

【機械族】

 《ギアギガント X》をメインに据えるタイプ。
 通常モンスターには《メカ・ハンター》《ブロッカー》《カッター・ロボ》を採用し、《ブラック・ボンバー》《ドラゴラド》などでシンクロ召喚エクシーズ召喚の両方を狙う。
 【カラクリ】の要素を取り入れたり、《ダイガスタ・エメラル》蘇生効果などを使って1ターンキルを狙うことも可能。
 手札に来てしまった通常モンスター《マシンナーズ・フォートレス》《ブリキンギョ》で処理できる。

【獣戦士族】

 《魁炎星王−ソウコ》をメインに据えるタイプ。
 これによりサーチ可能な炎舞により、獣戦士族通常モンスター側も恩恵を受けられる。
 特に《炎舞−「天枢」》は無消費で召喚権を追加できるため強力。
 後続の通常モンスターや、《闇の量産工場》サルベージしたもので繰り返しのエクシーズ召喚が狙える。
 《魁炎星王−ソウコ》リクルート《炎舞−「天キ」》によるアドバンテージ還元を狙うならば、【炎星】寄りの構築も考えられる。

【通常モンスター】

 【通常モンスター】《レスキューラビット》を採用した構築。
 【凡骨ビート】等をはじめ、元々レベル4の通常モンスターを多数採用してる為、様々なエクシーズモンスターを安定して出すことが出来る。
 特に、他の型と違いデッキ通常モンスターを切らさず戦えるのは、この構築の大きな利点と言える。
 レベル3が中心の【ローレベル】でも活躍は十分見込め、獣族中心にして《レスキューキャット》とダブルレスキュー体制というのも面白いだろう。

 直接《レスキューラビット》と相性の良い通常モンスターサポートは特に無く、一部のそれらとは効果モンスターの割合も少なくなる事で逆に安定性を損なう。
 反面、デッキから素早い墓地送りが可能であるため、《ドラゴラド》等の蘇生カードは扱いやすい。

【シンクロ召喚】

 《レスキューラビット》シンクロ素材を調達する構築。

 同名モンスターを2体特殊召喚する都合上、その2体だけではシンクロ召喚できず、レベル調整も難しい。
 特殊召喚の容易なチューナーを多く採用したり、《ナチュラル・チューン》を採用する等をして、上手く調整をしていきたい。

 通常モンスターチューナーを展開するのも1つの手である。
 レベル1の《ウォーター・スピリット》《ガード・オブ・フレムベル》レベル3の《チューン・ウォリアー》リクルートの候補となる。

【ヴェルズ】

 通常モンスター《ヴェルズ・ヘリオロープ》を利用したデッキ
 ヴェルズ通常モンスターは一組のみだが、《侵略の侵喰感染》デッキ戻す事ができるためそう困らない。
 《エヴォルカイザー・ラギア》ヴェルズを混合し、フィールド制圧能力を高めたタイプも存在する。
 また、こちらも除外カードを併用しやすいのも特徴である。
 詳しくは【ヴェルズ】を参照の事。

【剣闘獣】

サポートカードが豊富で、デッキに戻る事により通常モンスターに割くスロットを最小限にできる《剣闘獣アンダル》を利用した構築。
詳しくは【兎剣闘獣】を参照。

【ジェムナイト】

 《ジェムナイト・ガネット》をはじめとした3種のジェムナイト通常モンスターを活用する構築。
 融合素材《ジェムナイト・フュージョン》墓地コストの確保、そしてなにより《ラヴァルバル・チェイン》を利用した《ジェムナイト・フュージョン》の間接的かつ素早いサーチが強力。
 融合召喚に利用できる事から手札に来た通常モンスターを持て余しにくく、応用性が高い。

HERO

 《レスキューラビット》単体で融合素材エクシーズ素材の調達が行えるため相性が良い。
 リクルート先には《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》《E・HERO スパークマン》《E・HERO クレイマン》の4種類が該当する。

 特に【アライブHERO】とは相性抜群。
 《レスキューラビット》《ヒーローアライブ》の2枚でHEROを3体並べられる。
 互いにデッキ内のHEROを必要とするため、ある程度手札事故を考慮しなければならないが、素早くエクシーズ素材を揃えられるため破壊力は高い。

《おもちゃ箱》併用型

 《レスキューラビット》と同じくデッキから2体の通常モンスターリクルートする《おもちゃ箱》を併用した型。
 《おもちゃ箱》《レスキューラビット》よりも呼び出せる種類が限られているため採用する通常モンスターには制限がかかるが、破壊され墓地へ送られた時に効果発動出来るので多くのカードコンボを組めるのが利点。
 《激流葬》《ブラック・ホール》などの全体除去とは非常に相性が良く、相手モンスターを一掃した上で2体のモンスターリクルートできるため、エクシーズ召喚で大きなダメージが見込める。
 《強制転移》などによる送りつけとの相性も良く、採用する通常モンスターの関係上《カメンレオン》《デブリ・ドラゴン》《ドラゴラド》などのモンスターも無理なく採用できる。
 若干事故率は上がるもののレベル5以上のモンスターリクルート出来るので、高ランクエクシーズモンスターの採用も考慮に入る。

 ただしデッキ内の通常モンスターが少ないと《レスキューラビット》《おもちゃ箱》の2体でリクルートするにはモンスター数が足りなくなることもある。
 それを避ける為に《貪欲な壺》の様にデッキ戻すカードや、デッキ枚数そのものを多くするような工夫が欲しい。

特殊な召喚条件を持つモンスターを使うデッキ

 リリース等を要求する召喚ルール効果を持つモンスターをメインに据えたデッキ
 複数のモンスターを必要とする、ある一定のモンスターを必要とするモンスター等を、《レスキューラビット》効果で補助するのである。
 前者の場合、《D−HERO Bloo−D》《幻魔皇ラビエル》《The アトモスフィア》等、後者の場合、《仮面魔獣デス・ガーディウス》《大天使ゼラート》《銀河眼の光子竜》等が当てはまる。

このデッキの弱点

手札事故

 一種のコンボデッキであるため《レスキューラビット》ドローできなければ、動き出す事が難しい。
 また同じ種類の通常モンスターを2枚以上引いてしまうと、その通常モンスター全てと《レスキューラビット》がほとんど腐っている状態になってしまう。

除去

 《レスキューラビット》デッキに合ったサーチ手段がないため、除去されると勝ち筋が激減してしまう。
 《連鎖除外》《神の警告》が苦手であり、それらの対策は必須と言える。

その他

 1度《レスキューラビット》を使用した後に形勢を逆転されてしまうと、そこから逆転する手段が乏しい。
 高ステータス通常モンスターを活かすなどして、《レスキューラビット》以外のカードでも安定して戦える構築にしたい。

代表的なカード

関連リンク

広告