【ヴェンデット】

デッキの概要

 ヴェンデットを中心とした【アンデット族】では珍しい【儀式召喚】系列のデッキ
 儀式モンスターに様々な効果を付与して強化していくのが特徴。

《リヴェンデット・スレイヤー/Revendread Slayer》
儀式・効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2400/守   0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、
自分の墓地からアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力は300アップする。
(2):儀式召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加え、
デッキから「ヴェンデット」モンスター1体を墓地へ送る。
《リヴェンデット・ボーン/Revendread Origin》
儀式魔法
「ヴェンデット」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、
またはリリースの代わりに自分の墓地のアンデット族モンスターを除外し、
自分の手札・墓地から「ヴェンデット」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):自分フィールドの「リヴェンデット・スレイヤー」が戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

ヴェンデット
 いずれも闇属性アンデット族で統一されている。

―相性の良いアンデット族
 基本的なアンデット族については【アンデット族】を参照の事。

―それ以外で相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

ヴェンデット

―相性の良いカード

戦術

 下級ヴェンデット自己再生等でフィールドモンスターを用意した上で儀式召喚を行い効果の付与を狙っていく。
 1体の儀式モンスターに複数の効果を付与させて質の高いモンスターを作るか、複数の儀式召喚を行い質よりも数で攻めるかは構築と動き次第か。
 墓地からモンスター除外する効果が多いので後先考えずに動くと墓地リソースが尽きて後半の動きが鈍る事にもなりかねない。
 除外されたカードフィールド墓地に戻すカードを採用したり、デッキからどんどんカード墓地へ送り常にリソースを保てるようにはしておきたい。

このデッキの弱点

 基本的な弱点は【アンデット族】【儀式召喚】に通じ、墓地利用やサーチ特殊召喚の妨害等に弱い。
 また、能動的な除外で動くデッキなので《王宮の鉄壁》などの除外封じも厄介なカードとなる。
 闇属性メタも難敵であり、特に《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》フィールドだけでなく墓地の動きまで妨害されるので身動きが殆ど取れなくなる。
 1体の儀式モンスターに複数の効果を付与させて少数精鋭で攻める戦術を取る場合は壊獣などにも気を付けたい。

代表的なカード

関連リンク

広告