【ヴォルカニック・バーン】

デッキの概要

 ヴォルカニックモンスターと、ブレイズ・キャノンを中心としたバーンデッキ
 バーンモンスター除去を駆使するため、コントロール色が若干強い。
 採用するカードによって、【ビートバーン】【ロックバーン】のどちらにもできるのが魅力。

 デッキ名はアニメGXの登場人物であり、このデッキを使用するオースチン・オブライエン自身の発言に由来する。

《ヴォルカニック・バレット/Volcanic Shell》
効果モンスター
星1/炎属性/炎族/攻 100/守   0
このカードが墓地に存在する場合、
自分のメインフェイズ時に1度、500ライフポイントを払う事で、
デッキから「ヴォルカニック・バレット」1体を手札に加える。
《ヴォルカニック・バックショット/Volcanic Scattershot》
効果モンスター
星2/炎属性/炎族/攻 500/守   0
このカードが墓地へ送られた時、相手ライフに500ポイントダメージを与える。
このカードが「ブレイズ・キャノン」と名のついたカードの効果によって墓地へ送られた場合、
手札・デッキから「ヴォルカニック・バックショット」2体を墓地へ送る事で、
相手フィールド上のモンスターを全て破壊する。
《ヴォルカニック・ロケット/Volcanic Rocket》
効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1900/守1400
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分のデッキ・墓地から「ブレイズ・キャノン」と名のついたカード1枚を
選んで手札に加える事ができる。
《ブレイズ・キャノン/Blaze Accelerator》
永続魔法
自分のメインフェイズ時に相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
手札から攻撃力500以下の炎族モンスター1体を墓地へ送り、
選択した相手モンスターを破壊する。
この効果を発動するターン、自分のモンスターは攻撃できない。
《ブレイズ・キャノン・マガジン/Blaze Accelerator Reload》
永続罠
「ブレイズ・キャノン・マガジン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、魔法&罠ゾーンに存在する限り
「ブレイズ・キャノン−トライデント」として扱う。
(2):自分および相手メインフェイズにこの効果を発動できる。
手札の「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送り、
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):自分および相手メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送る。

デッキ構築に際して

 以降の文において、《ブレイズ・キャノン》効果発動するために必要となる、攻撃力500以下の炎族を、「ブレイズ・キャノンの弾」と表記する。

 《ブレイズ・キャノン》《ブレイズ・キャノン−トライデント》攻撃不可のデメリットをもつため、そのデメリットを前提とした構築が必要となる。
 《ブレイズ・キャノン・マガジン》をメインにする場合は上記のデメリットがないが、こちらは除去効果がなく運用が異なる面もある。

メインデッキモンスターについて

 ヴォルカニックであるかどうか、ブレイズ・キャノンの弾となるかどうかによって役割が大きく変わるため、その点を意識して選択する必要がある。

ヴォルカニックモンスター

ヴォルカニック以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 展開力はないものの、除去能力の高さからエクシーズ召喚はそれほど難しくない。
 《召喚僧サモンプリースト》を始めとした展開を補うモンスターを積極的に採用すれば、狙いやすくなる。

魔法・罠カードについて

ブレイズ・キャノン関連
 このデッキにおいて、ヴォルカニックと並ぶもう一つのキーカード
 特に《ブレイズ・キャノン・マガジン》積むことが推奨される必須カードである。

─その他の魔法・罠カード

戦術

 《ブレイズ・キャノン・マガジン》を中心に、以下の3パターンによるアドバンテージの確保を行う。
 ビートダウンの場合は、得たアドバンテージを用いて《ヴォルカニック・デビル》エクシーズモンスター特殊召喚を狙う。
 バーンの場合、手札交換デッキ圧縮によりサーチのできないバーンカードロックカードを引き込む。

  1. 《ブレイズ・キャノン・マガジン》の(2)の効果ヴォルカニックドローに変換する。
  2. 《ブレイズ・キャノン・マガジン》の(2)または(3)の効果《ヴォルカニック・バックショット》墓地へ送り全体除去を行う。
  3. 墓地《ヴォルカニック・バレット》《ヴォルカニック・バックショット》《炎帝近衛兵》等でデッキに戻し、再利用する。

 1は《ヴォルカニック・バレット》墓地へ送る筆頭候補であり、自身の効果と合わせてハンド・アドバンテージを稼げる。
 次点は《ヴォルカニック・カウンター》で、直接的なアドバンテージとはならないが攻撃の抑制は大きい。

 2のコンボはできる限りメインフェイズ終了直前に発動することが望ましい。
 しかし、強力な効果を持つモンスター召喚特殊召喚される(された)場合など、たとえ相手モンスターを1体しか展開していなくとも積極的に発動したほうが良い場合もある。

 3については、回収に失敗すると継戦能力が失われるので、可能な状況では即座に回収するようにしたい。

デッキの種類

【ビートバーン】

 ロックカードは用いず、《魔法の筒》等のこちらの攻撃を抑制しない防御カードを主とする。
 戦闘を行うかブレイズ・キャノン等の効果を使用するかの見極めが重要となる。

 相手攻撃を行えるようになるため、《ヴォルカニック・カウンター》効果を生かすことができる。
 《ヴォルカニック・カウンター》強制効果であるので、《くず鉄のかかし》等で発動タイミングを調節したい。
 また、炎属性炎族で統一することが容易なため、《バーニングブラッド》《一族の結束》を入れるのも良いだろう。

 手札事故にも繋がりやすいブレイズ・キャノンや弾用モンスターを抜いた構築も考えられる。
 それでも《ヴォルカニック・エッジ》等のバーン要素は残るので、ロックデッキとも十分に戦える。
 空いたスロットに入れるカード【炎属性】【炎族】を参照の事。

【ロックバーン】

 ロックカード攻撃を封じることを主とする。
 こちらも攻撃ができなくなるため、ブレイズ・キャノン《ヴォルカニック・エッジ》等の攻撃不可のデメリットを持つカードの効果を気兼ねなく使用できるのが利点。
 一部のアタッカー攻撃できない故に腐ってしまうようにも思えるが、《火霊術−「紅」》《ブレイズ・キャノン−トライデント》もあるので活用は可能。

 火力が足りないと感じる場合、通常の【ロックバーン】に投入されるような、性能の良いバーンカードを追加するのも手である。
 その場合、上級モンスターアタッカーを減らすと良いだろう。

【メタビート】

 特殊召喚の頻度が少なく、手札交換デッキ圧縮をしやすいという特徴を活かしたタイプ。
 ブレイズ・キャノン《ブレイズ・キャノン・マガジン》のみ、ヴォルカニック《ヴォルカニック・ロケット》《ヴォルカニック・バックショット》《ヴォルカニック・バレット》程度に留め、空いた枠にメタカードを積極的に投入する。

 これだけだと相手ライフを削る手段がないため、《ファイヤー・ハンド》《アイス・ハンド》《H・C 強襲のハルベルト》などのアドバンテージを稼ぎやすく、扱いやすいモンスターを採用したい。
 これらはレベル4であるため、《ヴォルカニック・ロケット》も含めてランクエクシーズ召喚を狙えるようになる。

《ヴォルカニック・カウンター》

 《ヴォルカニック・カウンター》効果相手攻撃を抑制し、遅延するタイプ。
 《炎王獣 キリン》《紅炎の騎士》破壊された時に《ヴォルカニック・カウンター》墓地へ送ることができるため、即座に発動条件を整えることができる。
 これらをリクルートする《UFOタートル》もあわせれば、防御の構えは維持しやすい。

 とは言え、《ヴォルカニック・カウンター》だけではライフ・アドバンテージに繋がらず、相手が無策で攻撃するとも考えにくい。
 バーンカードを使うなど、相手攻撃を躊躇っている間にライフ・アドバンテージを得る手段を用意しておきたい。
 特に、厄介なモンスター除去しつつ永続的なダメージを期待できる《ヴォルカニック・クイーン》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》は便利である。

デッキの派生

【爆風ロケット】

 【爆風ライザー】《ヴォルカニック・ロケット》《ヴォルカニック・バレット》ブレイズ・キャノンを採用したデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【ヴォルカニック列車】

 【列車】《ヴォルカニック・バレット》《ヴォルカニック・バックショット》《ヴォルカニック・ロケット》《ブレイズ・キャノン・マガジン》を採用したデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【ヴォルカニッククラウンブレード】

【クラウンブレード】と組み合わせたデッキ
《召魔装着》魔装戦士を採用した【魔装ヴォルカニッククラウンブレード】というタイプもある。
どちらも【クラウンブレード】のギミックを使って【ヴォルカニック・バーン】の展開力を補い、《召魔装着》等の手札コストは【ヴォルカニック・バーン】のギミックで補う事ができる。
《ダイガスタ・エメラル》エクシーズ召喚を容易にする事で、《ヴォルカニック・バレット》等を何度もデッキに戻し、ドロー加速が可能。
デッキにいて欲しいカードが多い事からデッキ枚数が増えやすい傾向にあり、60枚デッキでの入賞例も少なくない。
《ラヴァルバル・チェイン》禁止カードになった事により、他より安定性の低下を強く受けたと言える。

このデッキの弱点

 墓地効果発動するカードが多いため、墓地除外が最大の天敵。
 《マクロコスモス》《M・HERO ダーク・ロウ》などの永続効果はもちろんだが、ピンポイントで《ヴォルカニック・バックショット》を1枚除外されるだけでも、全体除去が行えなくなってしまう。

 また、破壊による除去がメインとなるため破壊耐性持ちや破壊無効にするカードも厄介。
 これらの数は少なくないので、バウンス除外など、破壊を介さない除去手段も入れておこう。
 ペンデュラムモンスターも、破壊された場合エクストラデッキへ行き、返しのターンペンデュラム召喚で再び展開されるため、対処しにくい部類に入る。
 特に毎ターンペンデュラム召喚を行う【クリフォート】などは、こちらの除去が追い付かず、押し切られやすい。

 何よりこのデッキブレイズ・キャノンへの依存度が高く、ブレイズ・キャノンがないと使い物にならないカードも多いため、事故に陥りやすいことにも注意したい。
 ブレイズ・キャノン手札に来た場合でも、速度が遅いこのデッキでは相手に逆転の機会を与えがちとなる。
 シンクロモンスターエクシーズモンスター対策として《業火の結界像》を採用する等、【メタビート】寄りの構築にしてみるのもよいだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告