影星軌道兵器(えいせいきどうへいき)ハイドランダー】

デッキの概要

 特殊召喚モンスター《影星軌道兵器ハイドランダー》を主軸としたビートダウン
 特殊召喚および効果適用には、墓地モンスターカード名が全て異なる必要がある。
 そのため、基本的にモンスターは皆ピン挿しという、ハイランダーに近い構築となるのが特徴。

《影星軌道兵器ハイドランダー/Orbital Hydralander》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地にモンスターが5体以上存在し、
それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 《影星軌道兵器ハイドランダー》効果の関係上、墓地を利用するモンスターが主となる。

《影星軌道兵器ハイドランダー》と相性の良いモンスター

《影星軌道兵器ハイドランダー》手札加えるサポートになるモンスター

墓地肥やしに長けるモンスター
 《影星軌道兵器ハイドランダー》特殊召喚には、墓地に最低5種類のモンスターが必要であるため、早急に出すには墓地肥やしが必要。
 5種類確保できれば役目を果たすため、大量の墓地肥やしは必須ではない。

墓地へ送ることで効果を利用できるモンスター

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

リンクモンスター

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

 《影星軌道兵器ハイドランダー》魔法・罠カードを参照しないため、積むことによるデメリットが無い。

《影星軌道兵器ハイドランダー》サーチできる魔法・罠カード

モンスター特殊召喚できる魔法・罠カード

墓地を肥やす魔法・罠カード

墓地を利用する魔法・罠カード

―その他相性の良い魔法・罠カード

戦術

 墓地を肥やして《影星軌道兵器ハイドランダー》特殊召喚し、除去効果と高攻撃力を活かしてビートダウンする。
 墓地が肥えやすく、多様なカードを採用し易いため、多彩な戦法を取ることが可能。
 魔法・罠カードに対しては制限が無いので、ドローカウンターなどの補完を任せられる。

このデッキの弱点

 《影星軌道兵器ハイドランダー》耐性が無い上に蘇生できないため、除去に弱い。
 サルベージ手段も限られているため、汎用カードなどによる防御手段を用意しておくことが望ましい。

 墓地利用および特殊召喚が大前提のデッキであるため、《マクロコスモス》《虚無空間》《王家の眠る谷−ネクロバレー》などの前では機能停止もあり得る。
 コンセプト上、同名モンスター積みにくいため、欲しいカードを引き込めず、思うように動けない場合もある。

代表的なカード

関連リンク

広告