炎族(ほのおぞく)

デッキの概要

 炎族モンスターを主力とするデッキ
 モンスター炎族に統一することで得られるメリットは以下のようになる。

  1. 《炎帝近衛兵》で2枚ドローできる。
  2. 《火口に潜む者》手札から特殊召喚できる。
  3. 《爆炎集合体 ガイヤ・ソウル》自己強化できる。
  4. 《フレムベル・アーチャー》強化効果(ただしフレムベル限定)のためのリリースコストにできる。
  5. 《プロミネンス・ドラゴン》攻撃から守ることができる。
  6. 墓地に肥やすことで《フレムベル・デビル》悪魔族)のバーンダメージの底上げができる。
  7. 《ファイヤー・ソウル》相手ダメージを与えることができる。
  8. 《ブレイズ・キャノン》《ブレイズ・キャノン−トライデント》相手ダメージを与え、相手モンスター破壊できる。
  9. 《ファイヤー・ウォール》直接攻撃無効にできる。
  10. 《ブリリアント・フュージョン》墓地肥やしがしやすくなる。
  11. 《ジェムナイト・マディラ》《起爆獣ヴァルカノン》《重爆撃禽 ボム・フェネクス》融合素材となる。
  12. 《エンシェント・ゴッド・フレムベル》シンクロ召喚できる。
  13. 《ヘルフレイムゴースト》エクシーズ召喚できる。

 派生デッキとしては「ヴォルカニック」を主体にした【ヴォルカニック・バーン】がある。

《火口に潜む者/The Thing in the Crater》
効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1000/守1200
このカードが破壊され、フィールド上から墓地に送られた時、
手札から炎族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
《炎帝近衛兵/Royal Firestorm Guards》
効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1700/守1200
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する炎族モンスター4体を選択して発動する。
選択したモンスターをデッキに戻し、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

デッキ構築に際して

 実用的なサポートカードも少なく、《炎王炎環》等の炎属性サポートとの併用されることも多い。
 それ故【炎属性】と混合されやすく、【炎族】を名乗る場合は《一族の結束》《群雄割拠》があった方が種族統一デッキとしてわかりやすい。

 ヴォルカニックモンスターブレイズ・キャノンカードを扱う場合は【ヴォルカニック・バーン】のページも併せて参照したい。

メインデッキモンスターについて

下級モンスター

上級モンスター

最上級モンスター

―その他のモンスター
 《一族の結束》を採用する場合、《The blazing MARS》等の除外手段を用意しておきたい。

エクストラデッキモンスターについて

 現状炎族に関連した効果を持つものはなく、シンクロ素材エクシーズ素材融合素材に指定されるものがある程度。
 種族統一サポートカードを使うのでなければ必須とはならないため、汎用性のあるものを採用したい。

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

融合モンスター

魔法・罠カードについて

 炎族サポートは使いづらいため、炎属性必須カードとなる汎用性の高いカードを優先的に採用して問題ない。

炎族サポート

炎属性サポート

―その他のカード

デッキの種類

【メタビート】

 《一族の結束》《群雄割拠》を使い、種族統一による打点強化と行動抑制の【メタビート】を目指す。
 《業火の結界像》《群雄割拠》を使って相手の動きを制限しながら、こちらは特殊召喚サポートを駆使して大型モンスターを並べビートダウンを行う。
 《炎神機−紫龍》を筆頭に貫通アタッカー《一族の結束》強化は相性が良い。

【ロックバーン】

 《地獄の暴走召喚》等で展開した《プロミネンス・ドラゴン》によるロックと毎ターンのバーン効果を狙うデッキタイプ。
 この場合も《業火の結界像》を並べる等で相手の動きを抑制し、自身は《一族の結束》強化させた【ビートバーン】の側面を持たせるのも良い。
 《悪夢の拷問部屋》《ヴォルカニック・クイーン》なども使って勝ち筋をより明確なものとし、速度を早めていきたいところ。
 《一族の結束》は使わず機械族を採用し、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》融合召喚を狙うのも良い。

 このように決め手に欠ける【炎族】としてはメタ側に回った方が勝ち目はある。

【通常モンスター】

 《ジェムナイト・ガネット》および《火炎木人18》《レスキューラビット》《おもちゃ箱》の2種に対応している点を活かした型。
 《ヘルフレイムゴースト》に繋ぎやすく、これによって墓地炎族が確保しやすい。
 これに《炎帝近衛兵》を絡める事によって、《レスキューラビット》《おもちゃ箱》リクルート先を確保する事ができる。

 しかしこの時点で破壊されても墓地には3枚の炎族しか送れず、場合によっては《ヘルフレイムゴースト》効果で強引にこちらの墓地除外しかねない。
 《炎帝近衛兵》の4枚という条件はそれなりに重く、最後に展開する必要があるためそれまでに腐らせやすい
 そこで《RUM−アストラル・フォース》《陽炎獣 バジリコック》に繋げ、4枚目の炎族を用意するのも手だろう。
 《ヘルフレイムゴースト》を容易に展開できるという点は他のデッキにないメリットであるため、ギミックを十分に活用できるようにしたい。

 難点としてはそれぞれが召喚権を使用するため、手札に複数を抱えると持て余しやすい点が挙げられる。
 これに関しては、《カゲトカゲ》を併用してカバーするという手がある。
 《ジェムナイト・ガネット》《火炎木人18》《おもちゃ箱》の3種は《カメンレオン》にも対応しており、《キングレムリン》を共有できるためである。

デッキの派生

【ヴォルカニック・バーン】

 「ヴォルカニック」主体の【ビートバーン】系統のデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【起爆獣ヴァルカノン】

 炎族機械族を併用した【正規融合】【ビートバーン】の両面を持つデッキ
 融合召喚による消費するを軽減するため、主に《ヴォルカニック・バレット》《炎帝近衛兵》が採用される。
 詳しくは当該ページを参照。

代表的なカード

関連リンク

広告