化合獣(かごうじゅう)

デッキの概要

 デュアルを中心としたカテゴリ化合獣を使用したビートダウン
 化合獣は全てがデュアルサポートする効果を持ち、それらを駆使しながら切り札《超化合獣メタン・ハイド》に繋ぐ。

《化合獣オキシン・オックス/Chemicritter Oxy Ox》
デュアル・効果モンスター
星2/風属性/獣族/攻   0/守2100
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●自分メインフェイズに発動できる。
手札からデュアルモンスター1体を特殊召喚し、
自分フィールドの全てのデュアルモンスターのレベルはターン終了時まで、
この効果で特殊召喚したモンスターの元々のレベルと同じになる。
「化合獣オキシン・オックス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
《超化合獣メタン・ハイド/Vola-Chemicritter Methydraco》
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/炎属性/獣戦士族/攻3000/守3000
レベル8デュアルモンスター×2
(1):このカードがX召喚に成功した時、
自分の墓地のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は自分フィールドのデュアルモンスターを攻撃対象にできず、
効果の対象にもできない。
(3):デュアルモンスターが召喚に成功した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送らなければならない。
《化合電界/Catalyst Field》
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上のデュアルモンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにデュアルモンスター1体を召喚できる。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
自分フィールドのもう1度召喚された状態のデュアルモンスター1体を
相手エンドフェイズまで除外し、対象のカードを破壊する。

デッキ構築に際して

 化合獣サポートカード《完全燃焼》1枚のみであり、化合獣は全員がデュアルをサポートする効果を持つ。
 したがって、化合獣以外のデュアルとも連携が取りやすい。
 また、化合獣属性種族に全く統一性がないため、サポートカードデュアル通常モンスター関連のカードが中心となる。

メインデッキモンスターについて

化合獣モンスター

―その他のデュアルモンスター
 上記の通り化合獣カテゴリよりデュアルとしてのつながりが強いカード群であり、広範なデュアルを【化合獣】に組み込むことができる。
 下記の他にも、《ギガプラント》を採用して植物族色を強めたり、デュアルを擁するカテゴリであるジェムナイトレッドアイズとの混成としたりすることも可能。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

化合獣

エクシーズモンスター
 化合獣レベルは2と8のため、ランク2と8のエクシーズモンスターの優先度が高い。

融合モンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

化合獣サポートカード

デュアルサポートカード

通常モンスターサポートカード

―その他で相性の良い魔法・罠カード

戦術

 デュアルを並べて《超化合獣メタン・ハイド》を出し、蘇生耐性付与で戦線を形成する。
 同じ動きで多彩なランクエクシーズモンスターを出せるため、状況に応じて使い分けていく。
 基本的にエクストラデッキモンスターアタッカーとなるが、《進化合獣ダイオーキシン》などならばそのまま戦闘もこなせる。

このデッキの弱点

 展開における手札消費が大きいため、エクシーズ召喚無効にされると多大なディスアドバンテージを負ってしまう。
 墓地活用も多く、《マクロコスモス》などの全体除外も苦手とする。
 《化合電界》への依存率が大きいため除去が集中しやすく、除去されてしまうと戦術が崩壊しかねない。
 特殊召喚封印には《化合電界》である程度対応できるが、相手にとってはマストカウンターであるために対処されやすい。

代表的なカード

関連リンク

広告