幻獣(げんじゅう)

デッキの概要

 遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE 付属カードで登場した「幻獣」と名のついたモンスター群を中心としたデッキ
 《幻獣クロスウィング》《幻獣サンダーペガス》を素早く墓地に溜め、ビートダウンを行う。

《幻獣クロスウィング/Phantom Beast Cross-Wing》
効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1300/守1300
このカードが墓地に存在する限り、
フィールド上に存在する「幻獣」と名のついた
モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
《幻獣ロックリザード/Phantom Beast Rock-Lizard》
効果モンスター
星7/闇属性/獣戦士族/攻2200/守2000
「幻獣」と名のついたモンスターを生け贄に捧げる場合、
このカードは生け贄1体で召喚する事ができる。
このカードが戦闘で破壊したモンスター1体につき、
相手ライフに500ポイントダメージを与える。
相手がコントロールするカードの効果によって
このカードが破壊され墓地へ送られた時、
相手ライフに2000ポイントダメージを与える。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

幻獣
 幻獣獣戦士族獣族機械族である幻獣機が存在しているが、サポートカードの関係上、獣族を用いるには特殊な構築が必要である。
 獣族も含めたものは後述

幻獣以外のモンスター

魔法・罠カードについて

獣戦士族関連のカード

―その他のカード

デッキの派生

【ビースト】

 獣戦士族効果のバリエーションに乏しく、《一族の結束》も戦術の幅を狭めるだけなので統一する意義は少ないため、獣族モンスターを混ぜて戦術の幅を広げた型。
 サポートカードが共有できるので、デッキに無理が生じない。

《幻獣王ガゼル》多用型

 《幻獣ロックリザード》リリース要員として、《予想GUY》《巨大ネズミ》からリクルートでき、《思い出のブランコ》などで使いまわせる《幻獣王ガゼル》をメインに据えた型。
 《幻獣王ガゼル》自身も、《幻獣クロスウィング》墓地に3枚揃っていれば攻撃力2400になる。
 また、《レスキューラビット》から攻撃力2400のモンスターを2体展開でき、エクシーズ召喚に繋げられる。
 採用する場合は《ジェネティック・ワーウルフ》も3枚積みしたい。

 《幻獣王ガゼル》融合素材とし、破壊された時に《幻獣王ガゼル》蘇生できる《有翼幻獣キマイラ》も採用する事もできる。
 その場合、《沼地の魔神王》は3枚入れたい。
 《E・HERO プリズマー》も採用したいところだが、その場合《バフォメット》を投入する必要がある。
 手札事故の可能性も考えると2枚は投入しておきたい。
 《有翼幻獣キマイラ》効果を最大限に発揮するために、《野性解放》《融合回収》《再融合》などを使うと面白い。
 《竜魔導の守護者》を採用すれば、《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》融合召喚も容易に行える。
 《ブランチ》《パラサイト・フュージョナー》とのコンボも有用で、エクストラデッキ《有翼幻獣キマイラ》がある限り疑似的な自己再生になる。
 手札腐ったそれらを除去に変えられる《賢者ケイローン》も使いやすくなるだろう。

このデッキの弱点

 モンスター効果による除去が少なく力押しになりがちなため、攻撃宣言召喚特殊召喚時に発動するをまともに喰らいやすい。
 中でも、採用率の高い《奈落の落とし穴》《幻獣ロックリザード》効果を発揮できず、かなり苦手なカードである。

 また、墓地効果を発揮するカードが多いため、《次元の裂け目》《マクロコスモス》などの全体除外カードは致命的。
 全体除外でなくとも、《魂の解放》などで《幻獣クロスウィング》を大量除外されるだけで大きく攻撃力が落ちてしまう。

 これらの対策としての意味も込めて、魔法・罠カードには相手カード除去できるカードを多めに投入しよう。
 《王宮のお触れ》を採用してもいいが、《幻獣の角》《スキルドレイン》《追い剥ぎゴブリン》などが使えなくなりデッキの幅は狭まる。

代表的なカード

関連リンク

広告