光天使(ホーリー・ライトニング)

デッキの概要

 光天使と名のついた光属性天使族モンスター群を中心としたデッキ
 主に手札からの特殊召喚により、3体素材のランクエクシーズ召喚と、消費した手札を補うドローを得意とするデッキである。

《光天使セプター/Star Seraph Scepter》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守 400
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「光天使セプター」以外の「光天使」モンスター1体を手札に加える。
(2):フィールドのこのカードを含むモンスター3体以上を素材として
X召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した時、このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローできる。
《光天使スローネ/Star Seraph Sovereignty》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 800/守2000
このカードをX召喚の素材とする場合、
モンスター3体以上を素材としたX召喚にしか使用できない。
(1):自分が「光天使」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
そのドローしたカードが「光天使」モンスターだった場合、
そのモンスターを特殊召喚できる。
《光天使ウィングス/Star Seraph Scout》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1200/守1800
このカードが召喚に成功した時、
手札から「光天使」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。

デッキ構築に際して

 光天使モンスターは全てレベル4なので、必然的にランク4のエクシーズ召喚を狙っていく形になる。
 また、全てのモンスター天使族光属性なので、サポートカードは多い。

メインデッキモンスターについて

光天使モンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 《光天使セプター》《光天使スローネ》《光天使スケール》効果の関係上、エクシーズ素材3体を要するエクシーズモンスターを中心として採用する事になる。
 中でも《光天使スローネ》の場合、2体のみのエクシーズ素材を要求するエクシーズモンスターエクシーズ召喚には利用できない。
 一方で展開を阻害された場合などのために、エクシーズ素材2体のランク4の枠を必要最低限確保しておく必要があるのも事実。
 特に天使族を活かせる《フェアリー・チア・ガール》や、汎用性の高い《鳥銃士カステル》などは採用しておきたい。

エクシーズ素材を3体必要とするエクシーズモンスター
 ランク4ならば逆に利点を消してしまう《覚醒の勇士 ガガギゴ》や運用が困難なものを除き、そのほとんどを有効活用できる。
 他にも環境によっては《ブリキの大公》デッキタイプによっては《武神姫−アマテラス》が採用できる。

魔法・罠カードについて

―展開補助
 モンスター効果だけでも十分展開できるが、さらに展開補助の役割を持つものを採用するのも良い。

―その他の相性の良いカード

戦術

 まずは《光天使セプター》で必要な光天使サーチしていくことになる。
 序盤の内から《同胞の絆》《召喚僧サモンプリースト》フィールドに呼び込めるかが重要となるだろう。
 その後は《オネスト》《リビングデッドの呼び声》エクシーズ素材を確保し、3体のエクシーズ素材を要求するエクシーズ召喚に繋げられる状況を整える。

 エクシーズ召喚の筆頭は《星輝士 デルタテロス》であり、確実に《光天使セプター》エクシーズ素材時の効果を通すことでアドバンテージに繋げていく。
 召喚前に除去されてしまう《神の通告》等のカウンター罠は回避できないため、《ツインツイスター》等での梅雨払いは惜しまず行うこと。
 相手伏せカードを切らすほど消耗したならば、よりステータスの高いエクシーズモンスターエクシーズ召喚し、ライフポイントを削りきる。

デッキの種類

種族統一型

 《一族の結束》を採用し、主にメインデッキの打点不足を解消することを目的としたタイプ。
 《オネスト》も採用できるため、こと戦闘に関しての爆発力に特化した型と言える。
 同様に《群雄割拠》も無理なく採用でき、相手次第では動きを拘束しつつフィールドを制圧しやすくなる。

 その一方でエクストラデッキ天使族で統一する必要があり、多様なランク4を採用できるメリットが無くなってしまう。
 ランク4・天使族は決して種類は少なくないものの、このデッキの強みとも言える《光天使セプター》を交えた素材3体のエクシーズ召喚先は極端に狭まることになる。
 そのため、《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》《ヴァイロン・ディシグマ》は複数枚の採用は必至となるだろう。
 通常の構築では扱いにくい《CX 機装魔人エンジェネラル》も、バーン効果こそ使えないが、戦闘重視のこの構築ならば採用の余地が出てくる。
 いずれも対象を取るモンスター効果なので、それらに耐性を持つモンスターには自身の打点及び、他のカードの効果による除去で対応したい。

 《光天使ウィングス》《光天使スケール》を起点に複数展開する都合上、《一族の結束》強化も相まって、エクシーズ召喚しなくとも総合火力は高めやすい。
 逆に言えば《一族の結束》除去された時点で、光天使単体での貧弱さ及びエクストラデッキの層の薄さが顕著に現れてしまう、ということでもある。
 このため通常の構築より柔軟性で劣ることもあり、手早くキーカードを集め、短期での決着を着ける必要も出てくるだろう。

このデッキの弱点

 特殊召喚を多用するため特殊召喚封じに弱く、《光天使セプター》が基点となるのでサーチを妨害されることも避けたい。
 《ライオウ》《エルシャドール・ミドラーシュ》には《オネスト》等で対応できるものの、ワンテンポ遅れた展開を強いられてしまうのは序盤でも厳しい。

 また、いかに展開力に優れるとは言え、光天使自体の展開手段は手札からのみである。
 エクシーズ召喚前からいたずらに《激流葬》等に巻きこまれると息切れを起こしやすく、立て直しやエクシーズ召喚自体が困難になる。
 それを補うため蘇生カードも多用するため、墓地メタに有利な訳でもなく、《マクロコスモス》等も除去できずにいるとジリ貧になってしまう。

このデッキの歴史

第8期(2012年〜2014年)

 JUDGMENT OF THE LIGHTにて《光天使ウィングス》《光天使ソード》《光天使ブックス》《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》が登場。
 しかし、テーマとしてはカード数が少なすぎる上、手札消費が激しく、他のランク4が出せる類似デッキと比べても優位点がないため、ファンデッキとして扱われていた。

第9期(2014年〜2017年)

代表的なカード

関連リンク

広告