甲虫装機(インゼクター)

デッキの概要

 ORDER OF CHAOSで登場した「甲虫装機」を軸としたビートダウンデッキ
 《甲虫装機 ホーネット》《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》装備カードとし、《甲虫装機 ホーネット》除去効果を使うことで破壊サーチリクルートを同時に行いアドバンテージを得る。
 墓地甲虫装機装備カード化する効果によって、《甲虫装機 ホーネット》を使いまわしアドバンテージを稼ぎつつ行う展開や《甲虫装機 グルフ》レベル変動効果を用いた柔軟なエクシーズ召喚を主戦術として戦う。

《甲虫装機 ホーネット/Inzektor Hornet》
効果モンスター
星3/闇属性/昆虫族/攻 500/守 200
1ターンに1度、自分の手札・墓地から「甲虫装機」と名のついた
モンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
装備モンスターのレベルは3つ上がり、
攻撃力・守備力はこのカードのそれぞれの数値分アップする。
また、装備カード扱いとして装備されているこのカードを墓地へ送る事で、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
《甲虫装機 ダンセル/Inzektor Dragonfly》 
効果モンスター
星3/闇属性/昆虫族/攻1000/守1800
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「甲虫装機」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードが自分フィールドに存在し、
このカードに装備されたカードが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「甲虫装機 ダンセル」以外の「甲虫装機」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
装備モンスターのレベルは3つ上がる。
《甲虫装機 センチピード/Inzektor Centipede》
効果モンスター
星3/闇属性/昆虫族/攻1600/守1200
1ターンに1度、自分の手札・墓地から「甲虫装機」と名のついた
モンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
このカードに装備された装備カードが自分の墓地へ送られた場合、
デッキから「甲虫装機」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
装備モンスターのレベルは3つ上がる。
《甲虫装機 グルフ/Inzektor Ladybug》
効果モンスター
星2/闇属性/昆虫族/攻 500/守 100
1ターンに1度、自分の手札・墓地から「甲虫装機」と名のついた
モンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
装備モンスターのレベルは2つ上がり、
攻撃力・守備力はこのカードのそれぞれの数値分アップする。
また、装備カード扱いとして装備されているこのカードを墓地へ送る事で、
自分フィールド上のモンスター1体を選択し、レベルを2つまで上げる。

デッキの構築

モンスターカードについて

下級甲虫装機
 いずれのモンスター1ターンに1度自分手札または墓地から甲虫装機を装備することができ、更に装備カードになっている場合装備モンスターレベルを上げる効果を持つ。
 「装備カードの状態で効果を発揮する甲虫装機」と、「装備カード墓地へ送られた場合に効果を発揮する甲虫装機」に分かれている点も特徴と言える。
 そのため、基本的に前者の甲虫装機墓地へ送り、後者の甲虫装機フィールド上に召喚して墓地甲虫装機を装備していくことになる。

上級甲虫装機
 上級甲虫装機は、自身に他の甲虫装機を装備するのではなく、手札から自分フィールド上の甲虫装機装備カードになり、効果適用する。
 その性質上甲虫装機自分フィールド上に存在していれば手札腐ることはないが、ステータス強化効果は重複せず、蘇生効果は1ターンに1度しか使用できないため、採用枚数はある程度抑えるのが望ましい。

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

エクシーズモンスター
 主軸となる下級甲虫装機レベル3が多いが、《甲虫装機 グルフ》効果により自在にレベルを変動させられる。
 そのため、エクシーズモンスターランク3〜6を中心に採用したい。
 展開パターンによってはランク7・8のエクシーズモンスターエクシーズ召喚できるため、採用も考えられる。

魔法・罠カードについて

甲虫装機サポートカード
 悪くない効果を持つ甲虫装機サポートカードだが、甲虫装機モンスターだけでも十分展開でき、無理に採用するとデッキのバランスを崩す可能性もある。

―その他相性のいい魔法・罠カード
 甲虫装機闇属性昆虫族で統一されており、必然的に闇属性昆虫族サポート、そして何よりも《甲虫装機 ダンセル》を補助するカードを中心に採用することになる。

  • その他

戦術

 《甲虫装機 ダンセル》を起点に1ターン中に複数の甲虫装機を連鎖させ、大量展開とカード・アドバンテージの確保を狙う。
 《甲虫装機 ホーネット》による除去と、《甲虫装機 グルフ》による柔軟なエクシーズ召喚によってフィールドを制圧するのが最終的な目標になる。

 そのためいかに素早く《甲虫装機 ホーネット》《甲虫装機 グルフ》墓地へ落とし、《甲虫装機 ダンセル》フィールド上に出すかが勝敗を大きく左右する。

 《甲虫装機 グルフ》《甲虫装機 ホーネット》ともにフルに積めるので確保はそう難しくない。
 《甲虫装機 グルフ》《孵化》《トランスターン》コストにしてしまえば、そのまま《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》が利用できる。
 《終末の騎士》《召喚僧サモンプリースト》を併用する事で両者を素早く墓地へ送る事はできるが、その分レベル3の甲虫装機が確保しにくくなるので一長一短と言える。

基本的な動き

 《甲虫装機 ホーネット》墓地へ落とし《甲虫装機 ダンセル》フィールドに出せれば、後は同名カード《甲虫装機 センチピード》リクルートする事でさらなるアドバンテージを稼いでいける。
 《甲虫装機 ホーネット》《甲虫装機 ダンセル》に装備させた《甲虫装機 ギガマンティス》破壊する手もあり、この場合同時に3体の甲虫装機特殊召喚できる。

 また、《甲虫装機 グルフ》ならば、相手フィールドカードに依存することなく展開が可能。
 さらに《孵化》《トランスターン》コストにして《甲虫装機 ダンセル》リクルート可能なので、先行1ターン目からの展開に向いている。

 その展開力からエクシーズ召喚も容易だが、【甲虫装機】は通常のエクシーズ召喚主体のデッキと異なり、フィールドの維持が明確な利点となるため、《甲虫装機 ギガマンティス》《甲虫装機の魔剣 ゼクトキャリバー》を装備させてフィールドに残しておく事も考えられる。

 エクシーズ召喚の選択肢は豊富であるため、上手く使いこなすにはある程度の慣れと状況に応じた高いプレイング能力が要求される。

1ターンキルの例

 基本的に、召喚権を使わずに《甲虫装機 ダンセル》または《甲虫装機 センチピード》効果発動することに成功した場合、そのターンに8000以上のダメージ相手に与えることができる。
 《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》は維持が容易なステータスではないので、蘇生カード《二重召喚》《TG ストライカー》《孵化》などを使用して条件を整えることになるだろう。

デッキの派生

【次元甲虫装機】

 《次元の裂け目》を採用し除外要素を持たせた【甲虫装機】。
 《甲虫装機 ホーネット》は先に墓地へ落としておけば装備カード状態から効果発動しても除外されないため共存が可能。
 相手墓地利用や弱点である《エフェクト・ヴェーラー》《D.D.クロウ》などの手札誘発モンスターを無力化できる。
 元々相性の良い《虚空海竜リヴァイエール》効果が使いやすくなるのも利点。
 必然的に墓地依存度を下げる必要があるため、デッキの調整は慎重に行う必要がある。

【甲虫代行者】

 《孵化》《創造の代行者 ヴィーナス》《神聖なる球体》を使用し、《甲虫装機 ダンセル》などをリクルートし、展開していく【甲虫装機】。
 手札《創造の代行者 ヴィーナス》《孵化》《甲虫装機 ホーネット》(または《甲虫装機 グルフ》)があれば、1ターンキルも可能。
 《孵化》のおかげで《神聖なる球体》墓地に行きやすく、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》特殊召喚しやすい。
 《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》特殊召喚するコストに使った《甲虫装機 ダンセル》などを《虚空海竜リヴァイエール》帰還させることで、さらなる大量展開ができる。
 代行者を投入しているため、《マスター・ヒュペリオン》を採用することも視野に入れてもいいと思われる。
 だからといって、他の代行者をこのデッキに入れることはあまりおすすめできない。
 他の代行者《天空の聖域》フィールド上に存在する時に効果を発揮するモンスターが多く、【甲虫装機】とのシナジーが見込めないものも多い。
 そのため、このデッキ代行者は少量投入がベストと考えた方がよい。

【メタルフォーゼ甲虫装機】

 甲虫装機装備カード墓地へ送られることで発動する効果メタルフォーゼ破壊サーチ効果シナジーに着目した【甲虫装機】。
 通常の【甲虫装機】よりもアドバンテージの獲得能力に優れ、《甲虫装機 センチピード》効果発動から即座に《甲虫装機 ダンセル》を展開できるコンボを有する点が特徴。
 以下にその例を示す。

条件:フィールドカード1枚を装備した《甲虫装機 センチピード》手札メタルフォーゼモンスター
結果:フィールド《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》墓地《甲虫装機 ホーネット》ペンデュラムゾーンメタルフォーゼモンスター2枚

  1. メタルフォーゼモンスター(A)をペンデュラムゾーン発動
  2. メタルフォーゼモンスター(A)の効果《甲虫装機 センチピード》装備カード破壊《メタルフォーゼ・コンビネーション》セット
  3. 《甲虫装機 センチピード》効果《甲虫装機 ホーネット》サーチ
  4. 《甲虫装機 センチピード》効果《甲虫装機 ホーネット》を装備。
  5. 《甲虫装機 ホーネット》効果《メタルフォーゼ・コンビネーション》破壊
  6. 《甲虫装機 センチピード》効果《甲虫装機 ダンセル》サーチ
    《メタルフォーゼ・コンビネーション》効果メタルフォーゼモンスター(A)と異なるペンデュラムスケールを持つメタルフォーゼモンスター(B)をサーチ
  7. メタルフォーゼモンスター(B)をペンデュラムゾーン発動
  8. 《甲虫装機 ダンセル》ペンデュラム召喚

 この後、ペンデュラム召喚した《甲虫装機 ダンセル》効果メタルフォーゼモンスター(B)の効果を使って1ターンキルフィールドの制圧に繋げる。
 ペンデュラムモンスター及びペンデュラム召喚の要素を取り入れているため、それらのメタカード刺さるようになっていることに注意が必要。
 また、メタルフォーゼのギミック単体では大きな利点は得られないため、各種メタルフォーゼの投入枚数については熟考したい。
 

このデッキの弱点

 《甲虫装機 ダンセル》への依存度が高く、《甲虫装機 ダンセル》効果発動に手間取っているとそのまま押し切られてしまう場合もある。

 【甲虫装機】の展開や除去など全てのギミックは基本的に、フィールド甲虫装機を出し効果発動することから始まる。
 そのため、1ターンに1度しか行えない通常召喚《強制脱出装置》《激流葬》などの妨害を当てられたり、甲虫装機効果発動に対して《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》といった手札誘発モンスターを使われると、何もできずにターンを終えることになりやすい。
 《禁じられた聖槍》などで魔法・罠カードの妨害をいなしたり、各種蘇生カードを使って展開の初動を召喚権に依存しすぎないようにしたい。

 また、サイドデッキからの投入レベルでは、《甲虫装機 ホーネット》《甲虫装機 グルフ》を封じる《マクロコスモス》《禁止令》
 《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》を封じる《スキルドレイン》《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》は大きな脅威となるため、《サイクロン》などできっちり破壊したい。
 デッキキーカード《甲虫装機 ホーネット》《甲虫装機 ダンセル》除外する《連鎖除外》《因果切断》などの対策を兼ねて《王宮のお触れ》《トラップ・スタン》を採用するのも手。

 甲虫装機闇属性で統一されており、特殊召喚サーチ効果を多用する。
 そのため、《聖なるあかり》を初めとする闇属性メタや、《王虎ワンフー》などの低ステータスメタなどを弱点とする。
 《聖なるあかり》は、《共鳴虫》などの相性の良い闇属性モンスター以外のモンスターを入れて対処すると良い。
 《王虎ワンフー》は特有の除去効果も封じられてしまう為、《甲虫装機 センチピード》《ライヤー・ワイヤー》などで対処したい。

 また、下級甲虫装機単体では戦闘破壊できず効果も封じられ、《甲虫装機 ギガマンティス》手札から装備して戦闘を補助することもできない《コアキメイル・デビル》は天敵。
 昨今の環境ではあまり見掛けないカードではあるだろうが、現れたら何としても除去したい。
 守備表示《甲虫装機 ダンセル》《コアキメイル・デビル》戦闘破壊されないのでランク3のエクシーズ召喚で突破するのも手。

 《安全地帯》《ポールポジション》は少々厄介なカード
 セットされているこれらのカード《甲虫装機 ホーネット》の対象にしてしまうだけで《甲虫装機 ホーネット》を装備していたモンスターを持っていかれてしまうだけでなく、《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》リクルート効果サーチ効果も使えない為、後が続かない。
 攻撃力が上がる装備魔法扱いの為、《ポールポジション》は、《甲虫装機 ホーネット》の装備を妨害することもできる。
 《サイクロン》を始め、《ツインツイスター》《ギャラクシー・サイクロン》など、軽めの対策カード積みたい

このデッキの歴史

第7期(2010年〜2012年)

 登場した2011年11月以降は展開力と除去能力を高次元で両立し、高い対応力を持つがためにメタへの対処も容易であることから、環境ではトップデッキの一角を担った。

第8期(2012年〜2014年)

 第8期序盤においても引き続きトップデッキの一角であった。
 2012年度世界大会では一般の部入賞者(1位〜4位)は全てこのデッキを使用しており、ジュニアの部でも準優勝者がこのデッキを使用していた。

第9期(2014年〜)

 第9期に入って以降は徐々にキーカードが緩和されている。
 依然として昆虫族全体の伸び悩みも深く、制限緩和から窺い知れるように相対的な実力は落としているが、それでもなお中堅クラス以上の底力を持つデッキである。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告