【鎖ビート】

デッキの概要

 《鎖付き爆弾》《鎖付きブーメラン》を採用したビートダウンデッキ
 現在では装備カードとなる罠カードを使うデッキの雛型であり、【装備ビート】とは対をなすデッキと言える。

 上記2枚は、罠カードなので速攻には不向きであるが、ダメージステップ発動できるため奇襲性が高く、発動した時に除去を受けにくいのが利点である。
 また、装備カードとしてフィールド上に残る限り、装備モンスター強化し続けられる所が《突進》等の使い捨て強化カードより優れている。

 ただし、《鎖付き爆弾》《鎖付きブーメラン》攻撃力上昇値は500ポイントと高くはないため、活躍できるのは環境次第である。
 【罠ビート】【カウンタービート】と同じように、伏せカードを多用するデッキであるため、《大嵐》等への対策も不可欠になる。

《鎖付きブーメラン/Kunai with Chain》
通常罠
(1):以下の効果から1つ、または両方を選択してこのカードを発動できる。
●相手モンスターの攻撃宣言時に、
その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃モンスターを守備表示にする。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを攻撃力500アップの装備カード扱いとして、
その自分のモンスターに装備する。
《鎖付き爆弾/Blast with Chain》
通常罠
発動後このカードは攻撃力500ポイントアップの装備カードとなり、
自分フィールド上のモンスター1体に装備する。
装備カードとなったこのカードがカードの効果によって破壊された時、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

デッキ構築に関して

モンスターカードについて

 《鎖付き爆弾》《鎖付きブーメラン》攻撃力上昇値は余り高くないため、攻撃力を重視した採用をした方がよい。
 最低でも攻撃力が1900あれば《鎖付き爆弾》または《鎖付きブーメラン》装備後に攻撃力2400となり、上級モンスターの標準的な攻撃力に達する。
 《ヴェルズ・オピオン》効果による除去弱体化が効きにくいモンスターを倒せる攻撃力を持つことも、一つの採用基準となる。
 また、アドバンス召喚の時点でディスアドバンテージを負う上級モンスターともコンセプトが合わない。
 半上級モンスター等のリリースを必要としないものを採用することになるだろう。
 環境の影響を受けやすく、以下のように例を挙げることはできるが、モンスターの固定化は難しい。

―相性の良いモンスターの例。

魔法・罠カードについて

装備カードとなる罠カード
ダメージステップ発動すれば魔法・罠除去に、装備モンスターモンスター除去除去されることはない。
しかし、同じくダメージステップ発動できる相手《収縮》《禁じられた聖槍》によって返り討ちにされてしまう可能性はある。
コンバットトリックの枚数は良く吟味したい。

 【カウンタービート】同様、モンスターを守る必要があるため、《神の宣告》《我が身を盾に》コンバットトリックとしても利用できる《禁じられた聖槍》《禁じられた聖衣》を利用していく。
 ドローは非常に痛いが《魔宮の賄賂》ならば伏せ除去にも強い。
 あるいは《鎖付き爆弾》がこちらに強い点を利用し、《スキル・サクセサー》《ブレイクスルー・スキル》といった破壊されても被害の少ない魔法・罠カードをメインにしてしまうのも手である。

 フィールドに出ているカードが多くなる関係上《ブラック・ホール》《ブラック・ローズ・ドラゴン》をカウンターできる《スターライト・ロード》は相性が良い。
 《ダブル・サイクロン》伏せ除去を行いつつ《鎖付き爆弾》効果発動させることができるため相性がいい。
 モンスターに影響を与える速攻魔法罠カードをあらかじめ潰せるため、ライフコストを要求するカウンターを温存できるのも大きい。

デッキの種類

【ビースト】

 装備カード化する罠カード《幻獣の角》を用いてダメージステップ時に強化、さらに戦闘破壊時のドローによりアドバンテージを稼いでいく。
 《TG ワーウルフ》《TG ラッシュ・ライノ》《輪廻天狗》除去に強く、戦線を維持しやすい。
 《フレムベル・ヘルドッグ》《激昂のミノタウルス》《イグザリオン・ユニバース》といったものは強化の恩恵が強く、シナジーが見込める。
 《霞の谷のファルコン》を用いれば、装備カードを使いまわすことも可能。
 獣戦士族に絞るならば炎舞を利用する事もできる。
 【ビースト】も参照のこと。

《聖刻龍−ドラゴンヌート》

 《聖刻龍−ドラゴンヌート》誘発即時効果を装備系罠によってダメージステップ発動させる事で、弱体化した状態でリクルートされるモンスターへの攻撃を回避し、シンクロ召喚エクシーズ召喚を狙う。
 《聖刻龍−ドラゴンヌート》《召集の聖刻印》によってサーチが可能であり、戦闘破壊を条件とする《聖刻龍−ドラゴンゲイヴ》と共存できる。
 リクルート対象《アレキサンドライドラゴン》は、ドローしてしまっても安定したアタッカーになり、墓地にあっても構わないため、フルに積んで《レスキューラビット》と併用する事もできる。
 《ガード・オブ・フレムベル》は、消費を考えるとやや効率が悪いものの、鎖やランクエクシーズモンスターで対応できないモンスターのいくらかを《A・O・J カタストル》で処理できるようになる。
 ドラゴン族ゆえに《忍者マスター HANZO》《成金忍者》を採用し、《忍法 超変化の術》による除去を狙いつつ罠カードを後者の手札コストに充てる事も可能である。
 シナジーはやや弱いが、この型でも《霞の谷のファルコン》装備カード対象をとる(指定する)効果を持った永続カードを再利用したり、聖刻効果弱体化したドラゴン族手札戻す事ができる。
 消費は増えるが、《ライトニング・チューン》から《閃こう竜 スターダスト》《メンタルスフィア・デーモン》などの耐性を持ったシンクロモンスターに繋ぎ、これらと組み合わせるのも手である。

このデッキの弱点

 当然ながら天敵は罠カード無効化する《王宮のお触れ》
 《人造人間−サイコ・ショッカー》召喚無効化できれば良いのだが、出来なかった場合は《収縮》等で早めに破壊したい。
 除去カードにスペースを割き難いため、戦闘破壊し難い高攻撃力モンスターにも弱い。
 《我が身を盾に》腐る上、カウンター罠等のライフ消費が痛手となるバーンデッキとも相性が悪く、サイドデッキから《デス・ウォンバット》等を投入する等何らかの対策が必要となる。
 装備したモンスター除去されると厳しい他、有能な効果モンスター強化するというコンセプトゆえ《スキルドレイン》もやや苦手。

このデッキの歴史

 デッキの概要にある通り、《E・HERO エアーマン》無制限カードだった頃に活躍をしている。
 《E・HERO エアーマン》の影響により、攻撃力1800以下のモンスターが駆逐され、攻撃的な下級モンスター半上級モンスターが多く採用されていた。

 また、当時の主流デッキである【ダークゴーズ】暗黒界攻撃力2300を意識して構築されている。
 《E・HERO エアーマン》も装備すれば相打ちにできるラインなので、《鎖付き爆弾》《鎖付きブーメラン》が選ばれたと言うことなのだろう。
 【罠ビート】の亜種であり、手札が少ない時に活躍できるモンスターが採用されたのも特徴の一つ。
 現在では類似したモンスターで代用していくことになる。

 以下のカードが、当時の代表的なモンスターである。

代表的なカード

関連リンク

広告