三原式(みはらしき)

デッキの概要

 1ターンで《サイバーポッド》を何度もリバースし、デッキ破壊による1ターンキルを狙うデッキ
 補助的に《メタモルポット》《手札抹殺》を用いることも多い。
 当時【現世と冥界の逆転】が猛威を振るう中で、《手札抹殺》《最終戦争》を採用した構築は珍しかった。
 全盛期は【デッキ破壊1キル】といえばこれを指し、【サイエンカタパ】に次ぐ1ターンキルデッキとして環境に君臨していた。
 これが後の【デッキ破壊1キル】【MCV】等の誕生の礎にもなっている。

デッキ構築に際して

 まずは《サイバーポッド》《メタモルポット》を使いまわす方法を考える。
 何らかの方法で墓地へ送り、そこから蘇生サルベージするのが主な流れとなるだろう。

 墓地からセットできる《浅すぎた墓穴》は特に相性が良い。
 (特に裁定変更前は相手墓地モンスターが存在しなくても発動でき、先攻1ターン目から使えた。)
 《浅すぎた墓穴》裁定変更後は、《リバースソウル》が代用されたり、発動する前に《手札抹殺》を使うようになった。
 多少回りくどくはなるが、蘇生カード《月の書》を組み合わせる手もある。
 墓地へ送る手段としては《手札抹殺》の他に、《おろかな埋葬》《苦渋の選択》が使われた。
 特に《苦渋の選択》《死者転生》×3+《サイバーポッド》+《メタモルポット》を選べば、確実にドロー手段を確保できる。
 単純に手札加える手段として、コンボデッキの定番である《リロード》ドロー通常魔法を採用しても良いだろう。

 セットした後は《硫酸のたまった落とし穴》《太陽の書》等で能動的にリバース効果発動する。
 そうして相手デッキを削りきった後に、《手札抹殺》でトドメを刺す。

 自分デッキまでデッキ切れを起こさないよう、手札枚数を調整するために《最終戦争》が使われていた。
 後には《手札抹殺》《浅すぎた墓穴》を使いまわす目的も兼ね、より効率の良い《魔法石の採掘》《連続魔法》が採用されている。
 《サイバーポッド》手札は異常な枚数になるので、手札消費は全く気にならない。

 この他、ルール変更により1ターンで止めを刺し切れず相手ターンへ回る可能性が高まってからは、《光の護封剣》等で相手の妨害をするようになっている。

戦術

 まずは《サイバーポッド》を使い回し、相手手札枚数がデッキ枚数を上回るようにする。
 そして《魔法石の採掘》《魔法再生》を繰り返して自分手札をなくし、《手札抹殺》で勝負を決める。

 高速でデッキ破壊を行うため、相手ドローしたカードはあまり気にしなくとも良いが、何らかのカウンター手段を抱えている可能性もある。
 万一を考え手札を2枚残し《魔法石の採掘》を伏せれば、2回《手札抹殺》が打てるので、妨害される可能性も減るだろう。

デッキの歴史

 【MCV】の台頭に伴い、「1ターンは3分間以内に済ませる」とルール改正され、廃れるのではないかと危惧された。
 しかし《光の護封剣》《和睦の使者》《キラー・トマト》等で防御手段を加え、それに適応した。
 元々は長期戦を狙う形であったため、原点回帰したとも言えるだろう。

 末期の1ターンキル率は低く、【スロー三原式】と呼ばれるほどであった。
 しかしそれでも4〜6ターン目には勝負が決まり、油断するプレイヤーを食い物にするシーンが見られた。

代表的なカード

関連リンク

外部リンク

広告