斬機(ザンキ)

デッキの概要

 デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場した斬機を中心とした【サイバース族】ビートダウンデッキ
 ステータス変化を中心とした戦法で勝利の方程式を確立する。

《斬機ナブラ/Mathmech Nabla》
チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから「斬機」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
《炎斬機ファイナルシグマ/Geomathmech Final Sigma》
シンクロ・効果モンスター
星12/炎属性/サイバース族/攻3000/守   0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはEXモンスターゾーンに存在する限り、
「斬機」カード以外のカードの効果を受けない。
(2):EXモンスターゾーンのこのカードが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
(3):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「斬機」カード1枚を手札に加える。
《塊斬機ダランベルシアン/Primathmech Alembertian》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/サイバース族/攻2000/守   0
レベル4モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがX召喚に成功した場合、このカードのX素材を以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●2つ:デッキから「斬機」カード1枚を手札に加える。
●3つ:デッキからレベル4モンスター1体を手札に加える。
●4つ:デッキから魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
自分の手札・墓地からレベル4の「斬機」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 レベル4で統一されているデッキなので【ランク4】に近い構築となる。
 チューナーも有しているため【シンクロ召喚】としての動きも取り入れられる。

メインデッキモンスターについて

斬機

―その他のモンスター
 展開用の主なモンスター【ランク4】を参照にしてほしい。
 ここでは《斬機ナブラ》《斬機ディヴィジョン》に関するレベル4・サイバース族を挙げる。

―その他のレベル種族

エクストラデッキモンスターについて

 一部の斬機モンスターサイバース族以外の特殊召喚を封じてしまう。
 だが動き次第では回避することも容易であり、該当モンスターをどれほど重視するかでエクストラデッキ内のサイバース族の割合を変えるといい。

斬機

―それ以外のモンスター

魔法・罠カードについて

斬機魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 基本的には《炎斬機ファイナルシグマ》による1ターンキルを狙うことになる。
 《炎斬機ファイナルシグマ》自体は割と出しやすく、過程で《斬機ナブラ》《斬機マルチプライヤー》墓地へ送る手段も多い。

 ただ、それだけでは相手ターン《炎斬機ファイナルシグマ》を突破された場合のリカバリーが困難となる。
 また、このデッキ先攻の動きが墓地に3体の斬機を置き、相手ターン《塊斬機ラプラシアン》で妨害する程度の動きしかできない。

 そのため他のモンスターでどのように動くのかも考えたい。
 このデッキ斬機モンスターエクストラデッキの枠を割くため、他の枠をシンクロモンスターエクシーズモンスターリンクモンスターのどこに比重を置くかで相手ターンに渡す盤面も変わってくる。
 例えば、シンクロモンスターならば《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》を、リンクモンスターならばエクストラリンクによる制圧が狙える。
 エクストラデッキを調整しながら自分なりの解を見つけ出すのもまた一興だろう。

デッキの派生

【斬機コードトーカー】

 ステータス変化の斬機戦闘特化の効果を持つ【コード・トーカー】を合わせたデッキ
 サイバース族同士なのでサポートカードを共有でき、エクストラリンクによる先攻制圧も狙える。
 レベルが分散されるのでエクシーズモンスターに割ける枠が厳しいのは注意。

このデッキの弱点

 墓地へ送られた場合の効果蘇生を展開のメインとしているため、墓地封じは苦手。
 メインデッキモンスター戦闘をこなすには不安があり、特殊召喚封じやエクストラデッキ破壊も厳しくなる。

 《炎斬機ファイナルシグマ》にかなりの依存をしているので、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》壊獣による突破されると一気に不利になる。

代表的なカード

関連リンク

広告