召喚獣(しょうかんじゅう)

デッキの概要

 召喚獣を中心とした【正規融合】デッキ
 《召喚師アレイスター》《召喚魔術》のループにより、ディスアドバンテージなく融合召喚を行えるのが特長。
 関連モンスターのほとんどが融合モンスターのため、カテゴリ外のカードの採用が必須となり、構築の幅は非常に広い。

《召喚師アレイスター/Aleister the Invoker》
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800
(1):このカードを手札から墓地へ送り、
自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。
デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。
《召喚魔術/Invocation》
通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、
自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。
《暴走魔法陣/Magical Meltdown》
フィールド魔法
「暴走魔法陣」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、
その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 現状、メインデッキに入る召喚獣関連のモンスター《召喚師アレイスター》のみ。
 そのため、採用するモンスターの選択肢は非常に多い。
 基本的には融合素材として使われるため、フィールドよりも手札墓地除外ゾーンでの効果を考慮しての採用となる。

召喚獣関連のモンスター

《召喚魔術》と相性の良いモンスター

《暴走召喚師アレイスター》と相性の良いモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

召喚獣関連のモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

召喚獣関連のサポートカード

―相性の良い融合召喚関連の魔法・罠カード

―その他相性の良い魔法・罠カード

戦術

 《召喚師アレイスター》《召喚魔術》によるループを軸とし、状況に応じた召喚獣融合召喚する。
 《召喚魔術》によって相手墓地モンスター融合素材にすれば、一切手札を消費することなく召喚獣を出せるため、他の手札デッキの回転や相手の妨害へ使いやすい。
 各召喚獣で得意とする戦法が異なるため、構築段階で主力とする召喚獣をある程度絞っておくとサポートカードを決めやすくなる。

デッキの派生

 召喚獣はその性質上、メインデッキの枠を取りづらく、既存デッキと混成させやすい。
 基本的には《召喚師アレイスター》《召喚魔術》《暴走魔法陣》出張セットとして既存デッキに採用する形になる。

【AFWW召喚獣】

 アーティファクトおよびWWとの混合デッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【エレメント召喚獣】

 エレメントセイバーとの混合デッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【召喚獣オルターガイスト】

 オルターガイストとの混合デッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【サンダー・ドラゴン召喚獣】

 サンダー・ドラゴンとの混合デッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【召喚獣トリックスター】

 トリックスターとの混合デッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【閃刀姫召喚獣】

 閃刀姫との混合デッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【捕食召喚獣】

 捕食植物との混合デッキ
 詳しくは該当ページを参照。

このデッキの弱点

 《召喚師アレイスター》および《召喚魔術》と、キーカードが明確であるため、相手カウンターを狙われやすい。
 サーチ特殊召喚が軸となるため、それらを封じられると何もできなくなる危険性が高い。
 《召喚師アレイスター》サルベージには《召喚魔術》墓地に存在する必要があるため、《マクロコスモス》などの全体除外は苦手。
 召喚獣には能動的な除去《召喚獣エリュシオン》しか存在しないため、他のカードで補う必要がある。

代表的なカード

関連リンク

広告