植物族(しょくぶつぞく)

デッキの概要

 展開補助・バーンコントロールトークン生成と多彩な効果を有する植物族モンスターを主軸としたデッキ
 基本的に展開しやすいため、ビートダウンとなるが、他にもさまざまなデッキタイプが存在する。
 他のデッキではあまりお目にかかれない《ブラック・ローズ・ドラゴン》の後半の効果も使いやすい。

  • 【シンクロ召喚】全盛の第7期、リンク召喚流行の第10期など、時代時代の主流となる召喚法と相性が良い場合、環境で活躍する機会が多い種族デッキでもある。
    同時に、それらが出張として流行すると規制され、結果として純構築も巻き込まれて弱体化する事も見られる。
《ローンファイア・ブロッサム/Lonefire Blossom》
効果モンスター(制限カード)
星3/炎属性/植物族/攻 500/守1400
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の
植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターカードについて

 必須カード《ローンファイア・ブロッサム》くらいで、あとはデッキタイプ次第。
 植物族には下記のもの以外にも《カースド・フィグ》等トリッキーな効果を持ったものが多数存在する。
 デッキタイプによっては活躍をするものも多いので、それぞれの【植物族】の趣向に合ったものを適宜選んでいきたい。
 なお、そういったモンスターの一部を「その他の植物族下級モンスター」の項で挙げておく。

植物族下級モンスター

上級モンスター最上級モンスター

植物族以外で相性のいいモンスター

エクストラデッキモンスターについて

植物族

植物族以外

魔法・罠カードについて

 非常に多くの植物族専用サポートカードが存在しているが、中でも《増草剤》《薔薇の刻印》が優秀。
 以下、植物族サポートカードの中で、特に使えるものを挙げていく。

デッキの種類

パーミッション

 《椿姫ティタニアル》《ポリノシス》、そして各種カウンター罠を大量に使用する。
 《サボウ・クローザー》特殊召喚できないデメリットを持ち効果にも条件があるものの、特殊召喚を一切封じて強力に相手の行動を制限できる。
 《ナチュル・ローズウィップ》魔法・罠カードを制限し、相手の攻め・防御をかなり鈍くさせることができる。
 戦闘面は《椿姫ティタニアル》1体でまかなうことができるので、他には除去効果を持った下級モンスターを入れておきたい。
 また《カースド・フィグ》《魔封じの芳香》等を採用すれば、より強力に相手の行動を阻害することができるだろう。
 《強制転移》を投入すれば《カースド・フィグ》効果も使い易く、《ライトロード・マジシャン ライラ》等は《魔封じの芳香》との相性が光る。
 よりカウンター罠の比率を増やし、《豊穣のアルテミス》《冥王竜ヴァンダルギオン》を採用するのもいい。

バーン

 《種子弾丸》等を利用するバーンデッキ
 【植物バーン】・【プラントバーン】等と呼ばれ、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を中心としたものも存在した。

 《種子弾丸》と相性が良い《ブラック・ガーデン》も投入することで、相手の行動を鈍らせつつハイペースで効果ダメージを与えていく。
 またビートダウンと共存することも不可能ではなく、戦闘効果ダメージの両方で相手ライフを削る戦術を取ることもできる。
 微弱だが同じくバーン効果を持った《イービル・ソーン》を利用し、エクシーズ召喚墓地肥やしに利用可能。
 また、場持ちの良い《ナチュル・ビーンズ》を採用するのも悪くはないだろう。
 《薔薇の刻印》によるコントロール奪取攻撃後に射出する事もできる。

《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》

 ※2018/04/01《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》禁止カードに指定されたため、この軸でのデッキ構築は現在不可能である。

 上記バーン軸より、さらに《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》の運用に特化したデッキで、【アマリリスバーン】等と呼称される。
 墓地植物族を絶やさず《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》自己再生自壊を繰り返す事で、戦線維持とバーンを両立する変則的な【ビートバーン】である。

 《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》自己再生をメインにフィールドに出すことになる。
 基本的にフル投入が望ましく、手札に来た場合は《フェニキシアン・シード》《トレード・イン》《手札断殺》《ツインツイスター》等で処理したい。
 《ボタニティ・ガール》《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》《フェニキシアン・シード》の両方をサーチできる。
 《薔薇の聖騎士》植物族でこそないが、手札から墓地へ送るだけで《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》サーチできる。

デッキ構築について

《レクンガ》

 《レクンガ》効果トークンを大量展開し、リンク召喚に繋げるデッキ
 水属性植物族《桜姫タレイア》《ロードポイズン》《ボタニティ・ガール》程度と数が少なく、どちらかというと【水属性】植物族を出張させる形になる。
 一応《ボタニティ・ガール》《レクンガ》サーチできるため、植物族要素は活用できる。
 他には森羅にいくつか水属性のものが存在し、墓地を肥やす効果も持っているため相性がいい。
 レクンガトークン攻撃力《妖精王オベロン》《ウォーターワールド》で底上げすれば、そのままビートダウンも可能。

上級モンスター

 《薔薇恋人》《アマリリース》《ナチュル・パイナポー》で植物姫等の植物族上級モンスター召喚サポートするデッキ
 《天啓の薔薇の鐘》《増草剤》等の魔法カードも使いやすい。
 手札は消費するが《ヴェルズ・マンドラゴ》《EMラディッシュ・ホース》《にん人》召喚権を使わずにリリース要員を用意できる。
 《プチトマボー》《バオバブーン》ならリリース2体分を用意でき、《姫葵マリーナ》効果のための自爆特攻にも使える。

 《コピー・プラント》を使えば高レベルシンクロモンスターや高ランクエクシーズモンスターを呼び出せる。
 最上級モンスターを多く採用する場合は《大凛魔天使ローザリアン》も使いやすく、《トレード・イン》等を入れて特化してもいいだろう。

 《ナチュル・パイナポー》魔法・罠カードが存在すると自己再生できず、墓地種族植物族獣族に限定するためデッキの構築を大きく制限する。
 自力で墓地から離れるカードなら共存が可能で、特に《ゾンビキャリア》等の使用後に除外されるものならその後も邪魔にならない。
 《ナチュル・パイナポー》《ナチュル・バンブーシュート》アドバンス召喚も行える。
 《ナチュル・パイナポー》墓地へ送る方法には、他の墓地肥やしカードに加えて《ナチュル・マロン》が存在する。
 自己再生が阻害される関係上、大半のエクストラデッキモンスターは気軽には使えない。
 獣族では《ナチュル・ビースト》《神樹の守護獣−牙王》《恐牙狼 ダイヤウルフ》《ミセス・レディエント》等が使いやすい。
 植物族では《スプレンディッド・ローズ》《森羅の姫芽宮》《メリアスの木霊》《No.50 ブラック・コーン号》《フレシアの蟲惑魔》《森羅の守神 アルセイ》《アロマセラフィ−ジャスミン》等が強力。
 《ナチュル・パルキオン》《ナチュル・ランドオルス》《ナチュル・マロン》効果デッキに戻せる。
 《PSYフレームロード・Ω》除去されにくいだけでなく、自力で墓地から他のカードと共にデッキに戻ることができ、更に除外されている《薔薇恋人》《アマリリース》を再利用することもできる。

装備魔法

 装備魔法《薔薇の刻印》《D・D・R》《スーペルヴィス》を用いたデッキタイプ。
 【装備植物】とも呼ばれる。

 《薔薇の刻印》《スポーア》《スプレンディッド・ローズ》《ブラック・ローズ・ドラゴン》等のコスト除外したカード《D・D・R》特殊召喚するのが基本的な流れ。
 もちろん《封印の黄金櫃》の相性もいい。
 《ギガプラント》《スーペルヴィス》を絡めることで【ギガプラビート】のように動かすこともできる。
 装備魔法《アームズ・ホール》《パワー・ツール・ドラゴン》等でサーチする。
 状況次第では、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚も狙える。

デッキの派生

【プラントコントロール】

 《アイヴィ・シャックル》《ブラック・ガーデン》《強制転移》等で相手フィールド植物族モンスターを利用して戦うデッキ
 《世界樹》《フレグランス・ストーム》等、【植物族】の中でもこのデッキならではのカードが多く投入できるのが最大の特徴。

 このデッキの派生形として、《ローズ・テンタクルス》《憎悪の棘》を使った1ターンキルデッキにすることもできる。

【スキドレ植物】

 植物族には《スキルドレイン》の影響下でも効果を使えるカードが多いことに着目した【スキルドレイン】の派生デッキの1つ。
 自身をリリースすれば、《スキルドレイン》の影響下でも効果を使える《ローンファイア・ブロッサム》デッキの核となる。
 その効果《椿姫ティタニアル》特殊召喚し、《群雄割拠》等と併用して高い攻撃力フィールドを制圧する。
 《椿姫ティタニアル》も自身をリリースする場合は効果が使えるので、《スキルドレイン》除去から守りやすい。
 通常の【スキルドレイン】カードから《神獣王バルバロス》等も採用できる。
 《神獣王バルバロス》《椿姫ティタニアル》と同じレベル8なので、ドローソースとして《トレード・イン》も採用しやすくなる。
 こちらのデッキを回転させるというよりも、相手の行動を大きく制限しつつこちらは普段通りの【植物族】として戦えるのが魅力のデッキ
 《スキルドレイン》への依存度は他の【スキルドレイン】に比べると高くないため、いざとなれば通常の【植物族】としても戦える。
 ただし《ギガプラント》等は普段より少なくし、《思い出のブランコ》より《増草剤》を優先して投入した方がいいだろう。

【ギガプラビート】

 【デュアル植物】とも呼ばれる。
 《ギガプラント》を活用するビートダウンデッキ
 植物族通常モンスター専用の豊富な蘇生効果をもったサポートカード《ギガプラント》を何度も特殊召喚する。
 普通の【植物族】に比べると【デュアル】軸の性格が強く、通常モンスターデュアルサポートカードも絡ませることができる。
 《化合電界》《デュアル・アブレーション》《天啓の薔薇の鐘》《思い出のブランコ》《スーペルヴィス》あたりはほぼ必須カードとなる。

【神風植物】

 《霞の谷の神風》《魔天使ローズ・ソーサラー》を用いるデッキタイプ。
 風属性植物族には《コピー・プラント》がいるため、《No.11 ビッグ・アイ》エクシーズ召喚を狙えるのが強み。
 エクシーズ素材となった《魔天使ローズ・ソーサラー》は自身の効果では除外されず墓地へ送られるので、《増草剤》で使い回せる。
 《魔天使ローズ・ソーサラー》と相性のいいカードには、相方ともいえる《コピー・プラント》通常召喚を温存できる《ヴェルズ・マンドラゴ》風属性植物族アタッカーである《ローズ・バード》が存在する。
 手札に来てしまった《コピー・プラント》《ハーピィ・ダンサー》を間に挟むことで効率よくエクシーズ召喚に使うことができる。

【デブリダンディ】

 《デブリ・ドラゴン》《ダンディライオン》を軸とした【シンクロ召喚】の一種。
 《デブリ・ドラゴン》や各種蘇生カードによって《ダンディライオン》を使い回し、そこに自己再生チューナーである《グローアップ・バルブ》《スポーア》を絡めることで、様々なレベルシンクロモンスターシンクロ召喚が可能となる。
 また、《デブリ・ドラゴン》以外は召喚権を必要としないことや、《ダンディライオン》の使い回しによって生成される綿毛トークンから、アドバンス召喚を組み込みやすいのも特徴。
 《ローンファイア・ブロッサム》とともに植物族上級モンスターを投入することで、余った綿毛トークンの処理や《スポーア》レベル変更効果に幅を持たせることができる。

【トマボー】

 同名カードを含み大量のリクルートを行える《プチトマボー》を中心としたコントロールデッキ
 属性が共通する《キラー・トマト》や、《イービル・ソーン》を加える事で【闇属性】の要素を組み込みつつ、フィールドコストカード等を利用可能。
 《超栄養太陽》を経由し《ローンファイア・ブロッサム》リクルートすれば、《椿姫ティタニアル》での制圧はもちろん、シンクロ召喚エクシーズ召喚の柔軟性も増す。
 闇属性ではないが、類似したリクルートおよび展開能力を持つチューナーとして《ナチュル・チェリー》を利用したり、非チューナーアタッカーとして《ローズ・バード》《ボタニカル・ライオ》を利用するのも良い。
 チューナーを確保しやすく、代わりにレベルの高めな非チューナーが不足しやすいため、リクルーターを能動的に利用できる《強制転移》や、《薔薇の刻印》によるコントロール奪取が有効。
 動き方の1つとして連続自爆特攻による《トマボー》展開からの《狂植物の氾濫》というものがあり、隙あらば1ターンキルを狙う激しい戦術を取ることも可能である。

【アロマ】

 ライフ回復を中心とした効果を持つアロマと名のつくカード群を主力とするデッキ
 詳細は当該ページを参照のこと。

【森羅】

 デッキトップを操作して戦う、森羅と名のつくカード群を主力とするデッキ
 詳細は当該ページを参照のこと。

【捕食植物】

 捕食植物モンスター及びそのサポートカードであるプレデターと名のつくカード群を主力とするデッキ
 レベル操作効果を持つ捕食カウンターを利用し、妨害や除去フィニッシャー融合召喚に繋げて戦う。
 詳細は当該ページを参照のこと。

【植物リンク】

 ※2018/04/01《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》禁止カードに指定されたため、下記の1ターンキルコンボは現在使えない。

 リンク召喚ギミックを組み込んだタイプ。
 《アロマセラフィ−ジャスミン》《彼岸の黒天使 ケルビーニ》《水晶機巧−ハリファイバー》というサーチリクルートが可能なリンクモンスターをフル活用できる。
 リンク素材としては《ダンディライオン》《捕食植物ダーリング・コブラ》《グローアップ・バルブ》などが用いられる。
 これらをデッキのメインとして動かすだけでなく、出張パーツとして他のデッキに組み込まれる場合もある。

 変わったところでは、フィールド《トポロジック・ボマー・ドラゴン》墓地《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》と任意の植物族10体を用意して1ターンキルを狙うコンボもある。
 1ターンキルに特化せずとも、デュエル途中で状況が整ったら狙いに行くトドメ用のコンボとして用意しておくのも良いだろう。

【ローズ・ドラゴン】

 ローズ・ドラゴンと名のつく、植物族をサポートする効果を持ったドラゴン族カテゴリとの種族混成デッキ
 詳細は当該ページを参照のこと。

このデッキの弱点

このデッキの歴史

第1〜4期(1999年〜2006年)

 植物族に強力なモンスターはなく、植物族に関連する効果《森の住人 ウダン》しか存在しなかった。

第5期(2006年〜2008年)

 PHANTOM DARKNESSより《ギガプラント》が登場した。
 ただし、この時点の蘇生対象となる優秀な植物族は、《ボタニカル・ライオ》《ダンディライオン》くらいしかいなかった。

第6期(2008年〜2010年)

第7期(2010年〜2012年)

第8期(2010年〜2014年)

第9期(2014年〜2017年)

第10期(2017年〜)

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告