【植物族】

デッキの概要

 展開補助・バーンコントロールトークン生成と多彩な効果を有する植物族モンスターを主軸としたデッキ
 基本は展開力を生かしたビートダウンとなるが、他にもさまざまなデッキタイプが存在する。
 他のデッキではあまりお目にかかれない《ブラック・ローズ・ドラゴン》の後半の効果も使いやすい。

 長らく「マイナー種族の代表格」と言われてきた植物族だったが、PHANTOM DARKNESSでの《ギガプラント》の登場と、CROSSROADS OF CHAOS以降の大幅強化を受け、様々な形で環境へ進出した。
 【カウンタービート】色の強いビートダウン型を初めとして、特に【シンクロ召喚】全盛の第7期には【デブリダンディ】【ジャンクドッペル】の中核を担う等、多様な活躍を見せた。

 現在は展開の主力となる《ダンディライオン》《ローンファイア・ブロッサム》がそれぞれ制限カード準制限カード、高性能チューナー《グローアップ・バルブ》禁止カードに指定されている影響で、純正・派生型共にそのポテンシャルは大きく落ち込んでいる。
 とはいえ多彩なサポートカードに恵まれた種族であることは変わらず、【ギガプラビート】等はエクシーズ召喚を取り入れた新たな運用法が見出されている。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 必須カード《ローンファイア・ブロッサム》くらいで、あとはデッキタイプ次第。
 植物族には下記のもの以外にも《カースド・フィグ》等トリッキーな効果を持ったものが多数存在する。
 デッキタイプによってはめざましい活躍をするものも多いので、それぞれの【植物族】の趣向に合ったものを適宜選んでいこう。
 なお、そういったモンスターの一部を「その他の植物族モンスター」の項で挙げておく。

  • チューナー
    豊富な蘇生カードによる使い回しができるので、最低でもどれか1種類は採用したい。
    どれも小粒ながら優秀なものが揃っているため、使いやすいものを優先して投入していこう。
    《薔薇の刻印》《超栄養太陽》等にも使えるので、多少多めに投入しても腐ることは少ないだろう。

魔法・罠カードについて

 非常に多くの植物族専用サポートカードが存在しているが、中でも《増草剤》《薔薇の刻印》が優秀。
 以下、植物族サポートカードの中で、特に使えるものを挙げていく。

デッキの種類

パーミッション

 《椿姫ティタニアル》《ポリノシス》、そして各種カウンター罠を大量に使用する。
 上記2枚のリリースコストとして有効な《ダンディライオン》を何度も使いまわし、相手の行動を封殺する。
 《ナチュル・ローズウィップ》守備表示で出しておけば、相手の攻め・防御をかなり鈍くさせることができるので、こちらも採用圏内。
 戦闘面は《椿姫ティタニアル》1体でまかなうことができるので、他には除去効果を持った下級モンスターを入れておきたい。
 また《カースド・フィグ》《魔封じの芳香》等を採用すれば、より強力に相手の行動を阻害することができるだろう。
 《強制転移》を投入すれば《カースド・フィグ》効果も使い易く、《ライトロード・マジシャン ライラ》等は《魔封じの芳香》との相性が光る。
 よりカウンター罠の比率を増やし、《豊穣のアルテミス》《冥王竜ヴァンダルギオン》を採用するのもあり。

バーン

 《種子弾丸》等を利用するバーンデッキ
 【植物バーン】・【プラントバーン】等と呼ばれ、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を中心としたものも存在する(後述)。

 《種子弾丸》と相性が良い《ブラック・ガーデン》も投入することで、相手の行動を鈍らせつつハイペースで効果ダメージを与えていく。
 またビートダウンと共存することも不可能ではなく、戦闘効果ダメージの両方で相手ライフを削る戦術を取ることもできる。
 微弱だが同じくバーン効果を持った《イービル・ソーン》を利用し、エクシーズ召喚墓地肥やしに利用可能。
 また、場持ちの良い《ナチュル・ビーンズ》を採用するのも悪くはないだろう。
 《キラー・トマト》からリクルートできる《キャノン・ソルジャー》を利用すれば、【キャノンバーン】の要素を取り込める。
 《ダンディライオン》1体で1500ポイント分のダメージとなり蘇生も容易。
 《薔薇の刻印》によるコントロール奪取攻撃後に射出する事もできる。

《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》

 上記バーン軸より、さらに《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》の運用に特化したデッキで、【アマリリスバーン】等と呼称される。
 墓地植物族を絶やさず《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》自己再生自壊を繰り返す事で、戦線維持とバーンを両立する変則的な【ビートバーン】である。

 フルに投入した《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》は、《トレード・イン》《フェニキシアン・シード》を利用したり、他の植物族等と同時に《手札断殺》《サンダー・ブレイク》等で処理する。
 《ローンファイア・ブロッサム》はもちろん、《キラー・トマト》から繋がる《プチトマボー》や、《ボタニティ・ガール》を利用する事で墓地コストに当てながらも後続を呼び込みさらなるコストとする。
 炎属性《コアキメイル・グラヴィローズ》《シード・オブ・フレイム》を交えれば、《ヴォルカニック・カウンター》《火霊術−「紅」》等の炎属性専用バーンカードも併用しやすい。
 不足しがちな除去能力を補う《ライトロード・マジシャン ライラ》《ライトロード・ハンター ライコウ》と、これをサーチする《光の援軍》も、ランダムとはいえ墓地を肥やす動きに貢献できる。

 除外には弱いが、《D・D・R》《異次元からの埋葬》を利用する事である程度補える。
 罠カードによるものは上述のライトロード《サンダー・ブレイク》等でできる限り処理したい。
 あるいは《針虫の巣窟》によって大量の墓地コストを確保するのも手。
 帰還カードを多く確保し、《レスキューラビット》を使いまわして植物族通常モンスターを確保するという構築も存在する。
 これに限らずレベルモンスターを並べれば、《ラヴァルバル・チェイン》が利用できるので積極的に狙いたい。

※注意:《ローンファイア・ブロッサム》《D・D・R》《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》特殊召喚することはできないので覚えておきたい。

【水属性】

 《レクンガ》効果《妖精王オベロン》《ロードポイズン》等を除外し、《異次元からの帰還》で大量展開を狙う。
 水属性植物族《ボタニティ・ガール》《レクンガ》サーチできるため、キーカードを集めるのは比較的容易。
 植物族以外の水属性モンスターには、《強制転移》と相性の良いリクルーター等がお勧め。
 《グリズリーマザー》《ハイドロゲドン》、他には除外コストを稼ぐ事ができる《スクリーチ》も相性が良い。
 レクンガトークン攻撃力《妖精王オベロン》《ウォーターワールド》で底上げでき、状況次第では1ターンキルも狙える。

《ナチュル・パイナポー》

 自己再生した《ナチュル・パイナポー》リリースして《ナチュル・バンブーシュート》召喚するのが主な目的となるデッキ
 《ナチュル・パイナポー》墓地へ送るのに《コアキメイル・グラヴィローズ》《ナチュル・マロン》が役に立つ。
 最上級モンスターを採用する場合、アドバンス召喚補助ができ防御にも使える《エネミーコントローラー》が使える。
 奪ったモンスター《ナチュル・パイナポー》ドローに換える《フレグランス・ストーム》永続魔法ながら自壊するためフィールド上に残りにくい《超栄養太陽》も採用できる。
 植物族獣族以外が墓地に存在すると自己再生が阻害される関係上、大半のシンクロモンスターエクシーズモンスターは気軽には使えない。
 使うならば獣族レベルチューナーを素材にした《スプレンディッド・ローズ》《魔轟神獣ケルベラル》を素材にした《魔轟神獣ユニコール》がそれなりに使いやすい。
 《ナチュル・マロン》効果デッキに戻せば問題ない、と考えるなら《ナチュル・パルキオン》《ナチュル・ランドオルス》も採用圏内である。

デッキの派生

【プラントコントロール】

 《アイヴィ・シャックル》《ブラック・ガーデン》《強制転移》等で相手モンスターコントロールして戦うデッキ
 《世界樹》《フレグランス・ストーム》等、【植物族】の中でもこのデッキならではのカードが多く投入できるのが最大の特徴。
 《群雄割拠》等を採用すれば、さらなる安定性が望める。

 このデッキの派生形として、《ローズ・テンタクルス》《憎悪の棘》を使った1ターンキルデッキにすることもできる。
 安定度は落ちるが、コンボ性が非常に高いため、見事決まった時の爽快感は凄まじいものになるだろう。

【スキドレ植物】

 植物族には《スキルドレイン》の影響下でも効果を使えるカードが多いことに着目した【スキルドレイン】の派生デッキの1つ。
 自身をリリースすれば、《スキルドレイン》の影響下でも効果を使える《ローンファイア・ブロッサム》デッキの核。
 その効果《椿姫ティタニアル》特殊召喚し、《群雄割拠》等と併用して高い攻撃力フィールドを制圧する。
 《椿姫ティタニアル》も自身をリリースする場合は効果が使えるので、《スキルドレイン》除去から守りやすい。
 当然【スキルドレイン】を組む大きな動機ともなる《神獣王バルバロス》も可能な限り投入しておこう。
 攻撃力3000で簡単に出せる《神獣王バルバロス》は、【植物族】の弱点を克服するには最高のモンスター
 さらに《椿姫ティタニアル》と同じレベル8なので、ドローソースとして《トレード・イン》も採用しやすくなる。
 こちらのデッキを回転させるというよりも、相手の行動を大きく制限しつつこちらは普段通りの【植物族】として戦えるのが魅力のデッキ
 《スキルドレイン》への依存度は他の【スキルドレイン】に比べると高くないため、いざとなれば通常の【植物族】としても戦える。
 ただし《ギガプラント》等は普段より少なくし、《思い出のブランコ》より《増草剤》を優先して投入した方がいいだろう。

【ギガプラビート】

 【デュアル植物】とも呼ばれる。
 豊富な蘇生カードで何度も《ギガプラント》を使い回すビートダウンデッキ
 植物族通常モンスター専用の豊富な蘇生効果をもったサポートカード《ギガプラント》を何度も特殊召喚する。
 普通の【植物族】に比べると【デュアル】軸の性格が強く、通常モンスターの専用蘇生や、他のデュアルモンスターも絡ませることができる。
 《思い出のブランコ》《スーペルヴィス》あたりはほぼ必須カードとなる。

【装備植物】

 装備魔法《薔薇の刻印》《D・D・R》《スーペルヴィス》を用いたデッキタイプ。
 《薔薇の刻印》《スポーア》《スプレンディッド・ローズ》《ブラック・ローズ・ドラゴン》等のコスト除外したカード《D・D・R》特殊召喚するのが基本的な流れ。
 もちろん《封印の黄金櫃》の相性もいい。
 《ギガプラント》《スーペルヴィス》を絡めることで【ギガプラビート】のように動かすこともできる。
 装備魔法《アームズ・ホール》《パワー・ツール・ドラゴン》等でサーチする。
 状況次第では、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚も狙える。

【神風植物】

 《霞の谷の神風》《魔天使ローズ・ソーサラー》を用いるデッキタイプ。
 風属性植物族には《コピー・プラント》がいるため、《No.11 ビッグ・アイ》エクシーズ召喚を狙えるのが強み。
 エクシーズ素材となった《魔天使ローズ・ソーサラー》は自身の効果では除外されず墓地へ送られるので、《増草剤》で使い回せる。
 《魔天使ローズ・ソーサラー》と相性のいいカードには、相方ともいえる《コピー・プラント》通常召喚を温存できる《ヴェルズ・マンドラゴ》風属性植物族アタッカーである《ローズ・バード》が存在する。
 手札に来てしまった《コピー・プラント》《ハーピィ・ダンサー》を間に挟むことで効率よくエクシーズ召喚に使うことができる。

【デブリダンディ】

 《デブリ・ドラゴン》《ダンディライオン》を軸とした【シンクロ召喚】の一種。
 《デブリ・ドラゴン》や各種蘇生カードによって《ダンディライオン》を使い回し、そこに自己再生チューナーである《グローアップ・バルブ》《スポーア》を絡めることで、様々なレベルシンクロモンスターシンクロ召喚が可能となる。
 また、《デブリ・ドラゴン》以外は召喚権を必要としないことや、《ダンディライオン》の使い回しによって生成される綿毛トークンから、アドバンス召喚を組み込みやすいのも特徴。
 《ローンファイア・ブロッサム》とともに植物族上級モンスターを投入することで、余った綿毛トークンの処理や《スポーア》レベル変更効果に幅を持たせることができる。

【トマボー】

 同名カードを含み大量のリクルートを行える《プチトマボー》を中心としたコントロールデッキ
 属性が共通する《キラー・トマト》や、《イービル・ソーン》を加える事で【闇属性】の要素を組み込みつつ、フィールドコストカード等を利用可能。
 《超栄養太陽》を経由し《ローンファイア・ブロッサム》リクルートすれば、《椿姫ティタニアル》での制圧はもちろん、シンクロ召喚エクシーズ召喚の柔軟性も増す。
 闇属性ではないが、類似したリクルートおよび展開能力を持つチューナーとして《ナチュル・チェリー》を利用したり、非チューナーアタッカーとして《ローズ・バード》《ボタニカル・ライオ》を利用するのも良い。
 チューナーを確保しやすく、代わりにレベルの高めな非チューナーが不足しやすいため、リクルーターを能動的に利用できる《強制転移》や、《薔薇の刻印》によるコントロール奪取が有効。
 動き方の1つとして連続自爆特攻による《トマボー》展開からの《狂植物の氾濫》というものがあり、隙あらば1ターンキルを狙う激しい戦術を取ることも可能である。

【森羅】

 デッキトップを操作して戦う、森羅と名のつくカード群を主力とするデッキ
 詳細は当該ページを参照のこと。

このデッキの弱点

このデッキの歴史

最初期

 植物族に強力なモンスターはなく、植物族に関連する効果《森の住人 ウダン》しか存在しなかった。
 物語で植物族を使用するデュエリストもおらず、マイナーな種族であった。

07/11/23

 PHANTOM DARKNESSより《ギガプラント》が登場した。
 ただし、この時点の蘇生対象となる優秀な植物族は、《ボタニカル・ライオ》《ダンディライオン》くらいしかいなかった。

08/07/19

 CROSSROADS OF CHAOSより《椿姫ティタニアル》等の植物族モンスター《ポリノシス》等の植物族サポートカードの登場で、植物族が大幅に強化された。
 このパックの登場で、ようやく植物族であるメリットが増えてきた。

08/09/13

 EXTRA PACK発売により《ローンファイア・ブロッサム》が登場。
 それまでファンデッキに近かった植物族デッキレベルを大きく引き上げた。

09/09/01

 《ローンファイア・ブロッサム》準制限カードに指定された。

10/03/01

 《ダンディライオン》準制限カード制限緩和された。

11/09/01

 《ローンファイア・ブロッサム》制限カード制限強化された。

12/03/01

 《グローアップ・バルブ》《スポーア》禁止カードに指定された。

12/09/01

 《スポーア》制限カードに緩和された。

13/03/01

 《スポーア》制限解除された。

14/02/01

 《ローンファイア・ブロッサム》準制限カード制限緩和された。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告