森羅(しんら)

デッキの概要

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した森羅と名の付いたモンスターで戦うデッキ
 デッキの上のカードをめくる効果により墓地を肥やしデッキからめくられて墓地へ送られた場合に発動する効果アドバンテージを稼ぐ。

《森羅の賢樹 シャーマン/Sylvan Sagequoia》
効果モンスター
星7/風属性/植物族/攻2600/守2100
「森羅」と名のついたモンスターが墓地へ送られた時、
このカードを手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくる。
めくったカードが植物族モンスターだった場合、
そのモンスターを墓地へ送る。
違った場合、そのカードをデッキの一番下に戻す。
また、デッキのこのカードがカードの効果によってめくられて墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「森羅」と名のついた魔法・罠カード1枚を選択して手札に加える事ができる。
《森羅の施し/Sylvan Charity》
通常魔法
デッキからカードを3枚ドローする。
その後、「森羅」と名のついたカード1枚を含む手札のカード2枚を相手に見せ、
好きな順番でデッキの上に戻す。
手札に「森羅」と名のついたカードが無い場合、
手札を全て相手に見せ、好きな順番でデッキの上に戻す。
「森羅の施し」は1ターンに1枚しか発動できない。
《森羅の霊峰/Mount Sylvania》
フィールド魔法
自分のメインフェイズ時に手札または自分フィールド上に表側表示で存在する、
植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「森羅」と名のついたカード1枚を選んでデッキの一番上に置く。
「森羅の霊峰」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、相手のエンドフェイズ時に1度だけ、
自分のデッキの一番上のカードをめくる事ができる。
めくったカードが植物族モンスターだった場合、そのカードを墓地へ送る。
違った場合、そのカードをデッキの一番上または一番下に戻す。
《森羅の恵み/Sylvan Blessing》
通常罠
手札を1枚選んで持ち主のデッキの一番上またはデッキの一番下に戻し、
自分の手札・墓地から「森羅」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、
このカード以外のカードの効果を受けず、
エンドフェイズ時に持ち主のデッキの一番上または一番下に戻す。

デッキ構築に際して

 森羅効果墓地へ送ることができるのは植物族のみのため、植物族モンスターの比率を多めにする必要がある。
 森羅以外のモンスター植物族で固め、墓地を利用できる構築にしたい。

モンスターカードについて

森羅

―その他相性のいいモンスター

魔法・罠カードについて

森羅サポートカード

植物族サポートカード

―その他相性の良い魔法・罠カード

戦術

 デッキからカードをめくるモンスターフィールドに出す必要があり、初動は森羅召喚か、《ローンファイア・ブロッサム》等で《森羅の仙樹 レギア》等を優先して出していく必要がある。
 植物族を多く採用し、森羅効果に加えて墓地肥やしを行い、豊富なサポートカードを利用して戦線を維持することになる。
 デッキトップの操作は必要以上に行うと無駄になるため、カードをめくる効果を必ず挟み、アドバンテージにするようにしたい。

デッキの派生

【植物族フルモンスター】

 森羅効果が必ず墓地肥やしになり、《森羅の仙樹 レギア》ドロー効果も必ず使用できるようになる。
 《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》としたバーンや、《ナチュル・パイナポー》リリース確保も可能になる。

《天変地異》採用型

 お互いデッキトップを常に確認できる《天変地異》を利用し、森羅モンスター効果をより発動しやすくしたデッキ
 裁定により《天変地異》適用下でも森羅の効果は発動できるためめくる枚数の少ない《森羅の花卉士 ナルサス》等も安心して利用できるようになる。
 また、森羅自体と相性のよい《デーモンの宣告》と併用することで大量の手札を確保できる【天変地異コントロール】にもなる。

このデッキの弱点

 墓地へ送る必要があるため、《マクロコスモス》《次元の裂け目》等の除外カードには弱い。
 特殊召喚を多用するため、《虚無空間》《大天使クリスティア》等も辛いが、こちらは《森羅の水先 リーフ》で対処ができる。
 また、デッキトップが分かっていない場合、めくられて墓地へ送られた場合の効果が使えるかどうかは運任せになり、確実性がない。
 狙った効果を使うにはデッキトップの操作が不可欠となる。
 またそれゆえ、《森羅の霊峰》効果チェーンして《サイクロン》等を発動されるとディスアドバンテージとなり、厳しい戦いを強いられる。
 他、気にするほどではないが、デッキ植物族以外をめくってしまうと相手情報アドバンテージを与えてしまう恐れがある。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告