占術姫(せんじゅつき)

デッキの概要

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した占術姫を中心としたコントロール重視のデッキ
 リバースモンスターを中心とするデッキであり、リバースした時の効果を利用してアドバンテージを確保する。
 儀式モンスターである《聖占術姫タロットレイ》も併用するので儀式召喚サポートカードも併用することとなる。

《占術姫コインノーマ/Prediction Princess Coinorma》
リバース・効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻 800/守1400
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以上のリバースモンスター1体を
裏側守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで
自分は「占術姫」モンスター以外のモンスターの効果を発動できない。
《聖占術姫タロットレイ/Prediction Princess Tarotrei》
儀式・効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻2700/守1200
「聖占術の儀式」により降臨。
「聖占術姫タロットレイ」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示にする。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(3):自分エンドフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 リバースモンスターおよび儀式召喚に対するサポートカードを中心に採用することになる。
 基本戦術はリバースモンスター頼みだが、その効果を十全に活用するには《聖占術姫タロットレイ》儀式召喚が必要になり、両者のバランスが重要になる。

モンスターカードについて

占術姫

  • それ以外の占術姫
    以下の採用の有無や採用枚数はデッキによって違いがでやすい。

―それ以外のモンスター
 儀式召喚サポート、もしくはリバースした時の効果アドバンテージを確保するものを優先的に採用することになる。

魔法・罠カードについて

占術姫サポートカード

リバースモンスターと相性の良いカード

―それ以外に相性の良いカード

戦術

 アドバンテージ源となる《聖占術姫タロットレイ》を早めに特殊召喚するのが重要となる。
 儀式召喚の際の多少のディスアドバンテージ《聖占術姫タロットレイ》蘇生効果で取り戻しやすいため序盤から積極的に出していきたい。
 《禁忌の壺》《聖占術姫タロットレイ》の組み合わせで相手のドローフェイズハンデスを行えるため、序盤から相手の動きを妨害できる。
 自分のエンドフェイズ蘇生した直後に《禁忌の壺》リバースし、《聖占術姫タロットレイ》を相手ターンで温存するプレイングも可能。

デッキの派生

【占術シャドール】

 このデッキと相性の良いシャドール成分を多くした【シャドール】との混合デッキ
 占術姫《占術姫コインノーマ》《聖占術姫タロットレイ》のみ採用されることが多い。
 詳細はこちらを参照の事。

このデッキの弱点

 《聖占術姫タロットレイ》儀式召喚に消費が嵩みやすいものの直接的な耐性を持ち合わせていない。
 そのため、効果発動する前に除去されると大きなディスアドバンテージを負わされることになり非常に苦しくなる。
 特に《幽鬼うさぎ》は天敵といえる。

 またフィールド発動するリバースモンスター効果を軸とするデッキのため、初動が遅く、相手の展開についていけない場合も多い。
 モンスター効果に対するメタにも弱く、特にモンスター効果を永続的に封じる《スキルドレイン》は天敵であり、除去できない限り立ち回り不可能になりかねない。
 他にもリバースモンスター全般のメタである《抹殺の使徒》アドバンテージ源となるリバースモンスターを早期に除外されるとその後の動きが大きく阻害される。
 サーチサルベージを基本とする【儀式召喚】なのでそれらを妨害するカードも苦手とする。

 全体的に動きとしてはコントロール寄りの長期戦を得意とするデッキのため、短期決戦を得意とするデッキ相手にはやや分が悪い。
 特に初手にリバースモンスターばかりが集中した場合、相手ターンセットモンスター除去されると完全に無防備になるため1ターンキルを食らいかねない。

代表的なカード

関連リンク

広告