素早(すばや)い】

デッキの概要

 《素早いアンコウ》効果によってモンスターを展開し、大型モンスター召喚を狙うデッキ

 素早いと名のついたモンスターはいずれもリクルート効果を持っており、フィールド上にモンスターを維持しやすい。
 また、《素早いビーバー》《素早いアンコウ》の存在から、一般的な【リクルーター】とは異なり能動的に動くことができるのも特徴。

《素早いビーバー》
効果モンスター
星2/水属性/獣族/攻 400/守 100
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分のデッキ・墓地からレベル3以下の「素早い」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
《素早いアンコウ/Nimble Angler》
効果モンスター
星2/水属性/魚族/攻 600/守 100
このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合、
デッキから「素早いアンコウ」以外のレベル3以下の
「素早い」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚できる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

素早いモンスター

《素早いアンコウ》モンスター効果の発動を補助するモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

シンクロモンスター

エクシーズモンスター
 基本的にはランク2が主流となる。

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

《素早いアンコウ》モンスター効果の発動を補助する魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 上記に挙げたカードを用いて《素早いアンコウ》墓地へ送りリクルートしたモンスターを用いて更なる展開に繋げるのが基本戦術となる。

 リクルートできる素早いは全てレベル2のため、そのままランク2のエクシーズ召喚ができ、《忘却の都 レミューリア》などがあれば高ランクエクシーズ召喚も狙える。
 召喚権が残っているのであれば、チューナー通常召喚してシンクロ召喚に繋げたり、上級最上級モンスターアドバンス召喚もできる。
 《鬼ガエル》などを利用すると3体のモンスターを揃えられるので、三幻神などの3体のリリースを必要とするモンスター召喚を狙うのも良いだろう。

デッキの派生

【魚族】

 《素早いアンコウ》《素早いマンボウ》《素早いマンタ》魚族であることを利用したデッキ
 使用するモンスター魚族で揃えることによって、サポートカードを共有できるようにする。

 【魚族】の切り札である《超古深海王シーラカンス》《素早いアンコウ》と同じくリクルート効果を持つため、《貪欲な壺》などのリクルート先を確保できるカードは双方共に相性が良い。
 《素早いアンコウ》墓地へ送るためのカードも、《超古深海王シーラカンス》墓地へ送り蘇生に繋げるための布石として利用できる。  魚族の中では《水精鱗−アビスタージ》《フィッシュボーグ−アーチャー》が、《素早いアンコウ》トリガーとなり、効果の面でも相性が良い。

 素早いレベル2のため、《聖光の宣告者》エクシーズ召喚できる点も大きい。
 《素早いアンコウ》リクルート効果召喚権を必要としないため、墓地《超古深海王シーラカンス》サルベージし、アドバンス召喚が狙える。
 手札デッキに戻す点も、素早いやその他魚族を再度リクルートする手段になる。

 自身のリクルート効果発動しにくい《素早いマンタ》ではなく、《素早いモモンガ》を採用するという手もある。

【獣族】

 《素早いビーバー》《素早いモモンガ》《素早いムササビ》獣族サポートカードを採用したデッキ

 獣族素早い《子狸たんたん》《子狸ぽんぽこ》リクルート《森の聖獣 ヴァレリフォーン》蘇生できる。
 これらは全てレベル2のため、特に相性が良い。
 また、《No.64 古狸三太夫》エクシーズ召喚できるようになり、ランクエクシーズモンスターの選択肢を広げることができる。

 欠点としては、獣族には《素早いアンコウ》トリガーとなるモンスターが乏しく、デッキとの相性も考慮すると《森の聖獣 ヴァレリフォーン》くらいしか存在しないことが挙げられる。
 《サンダー・ブレイク》等の汎用魔法・罠カードを使用する必要があるだろう。

【ガエル】

 【ガエル】との混合型。
 素早いガエルは共にレベル2のモンスターが多いためエクシーズ召喚を狙いやすく、展開力が高いため《忘却の都 レミューリア》レベル変更効果も有効活用できる。

 基本的には、《素早いアンコウ》手札コスト《鬼ガエル》特殊召喚することを行動の起点とする。
 この時点でフィールドレベル2のモンスターが3体揃っており、ランク2のエクシーズ召喚が可能となる。
 ここで《忘却の都 レミューリア》効果発動すると、ランク5のエクシーズモンスターエクシーズ召喚できる。

 さらに同じレベル2の《粋カエル》をからめれば、《忘却の都 レミューリア》効果発動タイミングによりランク4やランク6のエクシーズ召喚ができる。
 《粋カエル》蘇生コストさえ調達できれば、《ダイガスタ・フェニクス》を3体並べて1ターンキルを狙うことも可能。

【シンクロン】

 【シンクロン】との混合型。
 《素早いアンコウ》《ジャンク・シンクロン》《クイック・シンクロン》を絡め、連続のシンクロ召喚を狙う。

 《素早いアンコウ》手札コストとして《クイック・シンクロン》特殊召喚し、さらに《ジャンク・シンクロン》召喚して《素早いアンコウ》蘇生できれば理想的。
 自己強化効果で高攻撃力を得られる《ジャンク・ウォリアー》除去しつつ更なる展開に繋げられる《氷結界の龍 グングニール》自己再生の度に《素早いアンコウ》リクルート効果を狙える《氷結のフィッツジェラルド》など、様々なシンクロモンスターシンクロ召喚できる。

 また、シンクロンサポートカードである《調律》も、デッキトップ墓地へ送る効果を持つため、不確定ではあるが《素早いアンコウ》トリガーになり得る。

このデッキの弱点

 リクルート主体のデッキであるため、《大天使クリスティア》などの特殊召喚封じには弱い。
 また、全ての素早い効果発動するためには墓地へ送られる必要があるため、《次元の裂け目》《マクロコスモス》などの除外カードも天敵。

 リクルートできる素早いと名のついたモンスターはいずれも低攻撃力のため、《王虎ワンフー》も厄介。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告