【地属性】

デッキの概要

 地属性モンスターを主体にしたデッキ
 地属性で統一したデッキを作ることで得られるメリットを考えると以下のようなものが挙げられる。

  1. 《ガイアパワー》《ミリス・レディエント》による全体強化
  2. 《ジェム・マーチャント》による通常モンスター限定の単体強化
  3. 《グレート・スピリット》《守護神エクゾード》《スクラップ・リサイクラー》《ブロック・ゴーレム》《モーム》効果を活用できる。
  4. 《トロイホース》によるアドバンス召喚の補助。
  5. 《岩の精霊 タイタン》《ギガンテス》《ギガストーン・オメガ》《憑依装着−アウス》《地霊神グランソイル》特殊召喚できる。
  6. 《荒ぶるアウス》《地霊術−「鉄」》《融合呪印生物−地》による特殊召喚
  7. 《巨大ネズミ》《荒野の女戦士》《M.X−セイバー インヴォーカー》 でのリクルート
  8. 《砂塵の騎士》による墓地送り
  9. 《木遁封印式》相手墓地カード除外
  10. 《干ばつの結界像》《レイジアース》効果対象外となる。
  11. 《エレメント・ザウルス》《エレメント・ソルジャー》《エレメント・デビル》モンスター効果無効効果を付与。
  12. 《E・HERO ガイア》融合素材となる。
  13. 《XX−セイバー ガトムズ》《ナチュル・パルキオン》《ナチュル・ビースト》《ナチュル・ランドオルス》シンクロ素材になる。
  14. 《銀嶺の巨神》エクシーズ素材となる。
  15. 《巌征竜−レドックス》効果発動コストとなる。

 地属性蘇生関連の効果が比較的目立つ程度で、総じて有用なサポートカードが少ない一方、モンスターは豊富でデメリットアタッカーサイクル・リバースモンスターが多い。
 その中でも専用の特殊召喚モンスターシンクロモンスターである《ギガンテス》《ナチュル・ビースト》辺りは優秀。
 また、サポートカードの多い種族岩石族である。

デッキ構築に際して

 このデッキで最も重要なのは地属性モンスターの選択である。
 ここではその一例を挙げてみる。

 このようにさまざまなカードがそろっている。
 このあたりから自分の好みで選ぶといいだろう。

デッキの種類

ハイビート

 元々の攻撃力が1500以上の地属性下級モンスターをメインにしたデッキ
 デメリットアタッカーを含めると上級の基準である攻撃力2400までが守備範囲となるのは脅威と言って良い。
 また、《賢者ケイローン》《D.D.アサイラント》《王虎ワンフー》《ドリルロイド》は貴重な除去効果を持っているので重宝できる。
 《ギガンテス》《岩の精霊 タイタン》《地霊術−「鉄」》の3種の特殊召喚カードはボード・アドバンテージを稼ぐのに一役買ってくれる。
 他にはやや扱いにくいが、3400の攻撃力を叩きだす《お注射天使リリー》召喚したターンは攻撃できないが強力な効果を持つ《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》なども存在しており、層は薄くない。

ハイビート型、デメリットアタッカー

 地属性に数多く存在するデメリットアタッカーを軸にしたタイプ。
 《ゴブリン突撃部隊》《不屈闘士レイレイ》《最終突撃命令》で強制的に攻撃表示にして毎ターン殴り続ける事が出来る。
 《最終突撃命令》には《究極恐獣》《おジャマトリオ》などとのコンボも存在するため、そちらを狙ったギミックを取り入れても面白いだろう。
 また、《神獣王バルバロス》《電動刃虫》等を採用した《スキルドレイン》型もある。
 こちらに関しては【スキルドレイン】を参照のこと。

ロービート

《巨大ネズミ/Giant Rat》
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1400/守1450
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキから攻撃力1500以下の地属性モンスター1体を
表側攻撃表示で特殊召喚できる。
《荒野の女戦士/Warrior Lady of the Wasteland》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1100/守1200
(1):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから攻撃力1500以下の戦士族・地属性モンスター1体を
攻撃表示で特殊召喚する。

 【リクルーター】の戦術を行う【地属性】。
 《巨大ネズミ》攻撃力1500以下の地属性モンスターを採用する。
 《貪欲な壺》《強制転移》《収縮》を使って手札フィールドで優位に立つ。
 自爆特攻から《お注射天使リリー》《異次元の戦士》《ハイパーハンマーヘッド》《激昂のムカムカ》特殊召喚する。 

《ガイアパワー》

《ガイアパワー/Gaia Power》
フィールド魔法
フィールド上に表側表示で存在する地属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップし、
守備力は400ポイントダウンする。

 《ガイアパワー》ビートダウンモンスターをサポートするタイプ。
 多くの【地属性】に簡単に組み込むことができる。
 《ガイアパワー》《テラ・フォーミング》腐る場合に備えて《賢者ケイローン》を採用することもある。

《地霊神グランソイル》

《地霊神グランソイル》
効果モンスター
星8/地属性/獣戦士族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の地属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分または相手の墓地のモンスター1体を選択して
自分フィールド上に特殊召喚できる。
このカードがフィールド上から離れた場合、
次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。

 重い召喚条件と引き換えに高い爆発力を持つ《地霊神グランソイル》を戦術の核として組み込んだ型。
 墓地に5体ものモンスターを溜めるため、能動的かつ安定した墓地肥やしの手段と、調整が必要になる。

 《地霊神グランソイル》ドローにも繋がる《増殖するG》は、任意で墓地へ送る事ができ、腐る可能性も低いため必須といっても良い。
 同様にデッキを掘り進める事のできる《カードカー・D》や、これで空いたフィールドを守りつつ墓地調整が可能な《速攻のかかし》《ガガガガードナー》との組み合わせも有効。

 戦線を支えるモンスターとして《ナチュル・クリフ》及びこれからリクルートできる《ナチュル・バタフライ》墓地調整も兼ねる《ギガンテス》《魂を喰らう者 バズー》等が採用できる。
 不確定要素があるものの《カードガンナー》も悪くない。
 シンクロ召喚エクシーズ召喚を使い分ける事でも墓地調整が行いやすくなり、蘇生すべきモンスターも確保できる。
 そのため《緊急テレポート》が利用できるサイキック族も利用しやすい。

 岩石族の比率を高め、《岩投げエリア》《地球巨人 ガイア・プレート》岩石族コアキメイル《ブロック・ゴーレム》を利用するのも手である。

 《マシンナーズ・ギアフレーム》《マシンナーズ・フォートレス》《スクラップ・リサイクラー》を利用した機械族軸の構築でも、上述した同種族モンスターを組み込めるため有効だろう。
 《マシンナーズ・カノン》は後述する《トレード・イン》《地霊神グランソイル》と共有できる。

 《地霊神グランソイル》ドロー及び腐る場合の処理、蘇生対象の確保を兼ねる《トレード・イン》レベル地属性モンスターの組み合わせも非常に有効。
 先に挙げたもの以外では妥協召喚可能な《神獣王バルバロス》《歯車街》を組み込む際の《古代の機械巨竜》等が存在する。
 蘇生後にエクシーズ召喚を行う事で、《地霊神グランソイル》デメリットを回避できるという点からも、相性が良い。

コントロール

 守備的・受動的な地属性モンスターを軸にしたタイプ。
 《人喰い虫》《聖なる守り手》《伝説の柔術家》《異次元の戦士》《D.D.アサイラント》等が主力。
 破壊バウンス除外という様々なタイプの除去効果モンスターが存在するのが利点。

コントロール型、サイクル・リバース主軸

 攻撃力1500以下の地属性下級モンスターの中でもサイクル・リバース効果を持つものをメインにすえたタイプ。
 地属性サイクル・リバースモンスターの半分以上を抱えており、選択肢は多い。
 このデッキでは、守備力も重要になるため、《ガイアパワー》は採用し辛い。
 フィールド魔法を入れるなら《聖域の歌声》等を採用しよう。
 《番兵ゴーレム》《デス・ラクーダ》等の効果手札フィールドアドバンテージを稼ぎつつちくちくダメージを与えるのが基本戦術。
 上記2種以外にも《モアイ迎撃砲》《ガーディアン・スタチュー》《メデューサ・ワーム》等も存在する。
 攻撃力よりも守備力が高いモンスターを数多く投入すれば《グレート・スピリット》が切り札にもなり得る。
 として優秀な《機動砦のギア・ゴーレム》《伝説の柔術家》アタッカーにも変貌してくれる。
 また、《巨大ネズミ》でのモンスター選択も豊富となる。

フィールド魔法

 能動的な破壊により大型モンスターを展開できる《歯車街》と、リクルート対象を利用できる《ギガンテス》シナジーを中心に、複数のフィールド魔法を活用する型。
 《テラ・フォーミング》によるサーチ及び《マインフィールド》によるサルベージが可能であり、これらからさらに派生したシナジーコンボが利用できる。

フィールド魔法

地属性モンスター

―その他のカード

地属性岩石族

岩石族地属性を象徴する種族であり、特殊召喚モンスター《岩の精霊 タイタン》《ギガンテス》《ギガストーン・オメガ》は全てこれに属する。
《ナチュル・クリフ》の存在もあり、地属性を条件とするナチュルシンクロモンスターを利用しやすく、これらを《岩投げエリア》で持する事が可能。
また地属性に統一する事で《ブロック・ゴーレム》効果を最大限に利用できる。

地属性機械族

機械族には地属性モンスターが多く、テーマデッキでは【古代の機械】【ガジェット】【カラクリ】【ビークロイド】【マシンナーズ】【ギアギア】がこれに属する。
専用サポート《スクラップ・リサイクラー》属性統一が利点となる《機甲部隊の最前線》があり、これによってデッキを素早く回転させることができる。
ガジェット《スクラップ・リサイクラー》《エクスプレスロイド》などは特殊召喚時にも効果発動するため、《巨大ネズミ》《地霊術−「鉄」》も重宝する。

デッキの派生

【アマゾネス】

地属性戦士族で統一されているアマゾネスを用いたビートダウンデッキ
リクルーターである《荒野の女戦士》は、《一族の結束》を妨げないためにこのデッキでは《巨大ネズミ》よりも扱いやすい。
詳しくは該当ページ参照。

【古代の機械】

地属性機械族で統一されているアンティーク・ギアを用いたビートダウンデッキ
《歯車街》《古代の機械城》によって大型モンスター召喚しやすいのが特徴。
詳しくは該当ページ参照。

【X−セイバー】

X−セイバーを用いたデッキ
多数の優秀なサポートカードを持ち、大量展開とシンクロ召喚が持ち味。
また、ハンデス無限ループ等、様々なことができるのも特徴。
詳しくは該当ページ参照。

【ガジェット】

機械族で統一されているガジェットを中心としたビートダウンデッキ
サーチ効果によって後続のモンスターを用意できるため、戦線を途切れさせることなく攻め続けることができる。
詳しくは該当ページ参照。

【カラクリ】

地属性機械族で統一されているカラクリを用いたビートダウンデッキ
表示形式変更効果や強制攻撃効果を持つモンスターが多く、独特な動き方をする。
詳しくは該当ページ参照。

【ギアギア】

地属性機械族で統一されているギアギアを用いたビートダウンデッキ
機械族カテゴリ間のシナジーが強く、それらを駆使してエクシーズ召喚を主体に戦う。
詳しくは該当ページ参照。

【蟲惑魔】

地属性植物族及び昆虫族である蟲惑魔を用いたコントロールビートダウンデッキ
除去効果を持つ落とし穴サーチ及び再利用できるためモンスター除去に長けており、相手の行動の妨害も行える。
詳しくは該当ページを参照。

【ジェムナイト】

ジェムナイトを中心とした融合召喚主体のビートダウンデッキ
通常モンスターが多く、それに関するサポートカードも多く受けられるのが特徴。
詳しくは該当ページ参照。

【スクラップ】

スクラップを中心としたビートダウンデッキ
破壊された時に効果発動するカードが多く、自発的に破壊を行うカードを多用する。
詳しくは該当ページ参照。

【C(チェーン)】

(チェーン)を中心としたビートダウンデッキ
コントロールに長けるレベルシンクロモンスターを複数の経路から利用でき、エクシーズ召喚を利用した連鎖的な展開も行える。
詳しくは該当ページ参照。

【ドドド】

ドドドと名の付いたモンスターを中心としたビートダウンデッキ
カテゴリ間のシナジーが強く、エクシーズ召喚《ドドドガッサー》効果相手を制圧していく。
詳しくは該当ページ参照。

【ナチュル】

ナチュルを中心としたコントロールデッキ
特にナチュルシンクロモンスター《ナチュル・バンブーシュート》は、相手デッキ次第では行動を完全に封じることができる。
詳しくは該当ページ参照。

【マシンナーズ】

地属性機械族で統一されているマシンナーズを用いたビートダウンデッキ
アドバンテージを得やすいカードが多く、息切れしにくいのが特徴。
また、ガジェットを筆頭とした他の機械族モンスターとの相性も良い。
詳しくは該当ページ参照。

【マドルチェ】

マドルチェを中心としたビートダウンデッキ
墓地にあまりモンスターを置かずに戦線を維持しながらハンドアドバンテージの獲得やエクシーズモンスターの展開を狙う。
詳しくは該当ページ参照。

代表的なカード

関連リンク

広告