【竹光チック】

デッキの概要

 竹光を使用したドローロックデッキ
 《魂を吸う竹光》自壊発動条件《妖刀竹光》で克服し、永続的なドローロックを目的とする。

 ロック性能は劣るものの、【八汰ロック】ドローロックを再現できる数少ないデッキである。

 デッキ名の「チック」は《黒蠍−逃げ足のチック》に由来する。
 デッキが考案された当時はカードプールに乏しく、《黒蠍−逃げ足のチック》バウンス役の必須カードとなっていたからである。
 現在では、発動条件の問題や彼以外のバウンスカードの増加等の事情により彼を採用するのは少々厳しい。

《妖刀竹光/Cursed Bamboo Sword》
装備魔法
「妖刀竹光」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターの攻撃力は0アップする。
(2):このカード以外の自分フィールドの「竹光」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻し、装備モンスターはこのターン相手に直接攻撃できる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「妖刀竹光」以外の「竹光」カード1枚を手札に加える。
《魂を吸う竹光/Soul Devouring Bamboo Sword》
永続魔法
「竹光」と名のついた装備魔法カードを装備したモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、
次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。
2回目の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを破壊する。

デッキ構築に際して

 キーカード《魂を吸う竹光》とその補助である《妖刀竹光》手札に揃えるため、サーチサルベージを極力採用する。
 またドローロック中の相手の反撃をより効率よく潰すため、他のロックデッキハンデスデッキも参考にしていただきたい。

モンスターカードについて

 基本的に《妖刀竹光》《魂を吸う竹光》が揃えば装備させるモンスターは誰でも構わない。
 そのためキーカードサーチサルベージができるモンスターを優先的に採用したい。
 ただ《アームズ・ホール》デメリット相手の妨害を考えると、自身を特殊召喚できる効果、ある程度の攻撃力耐性ハンデス効果を持ったモンスターがいると便利だろう。

魔法・罠カードについて

戦術

 まずはモンスター《妖刀竹光》《魂を吸う竹光》を一枚ずつ手札に揃える。
 そしてそれらを、以下の手順で使用する。

  1. モンスター召喚《妖刀竹光》《魂を吸う竹光》発動バウンス直接攻撃を可能にさせてから改めて《魂を吸う竹光》発動
  2. 装備モンスター直接攻撃して戦闘ダメージを与え、ドローフェイズスキップする。
  3. 次の自分ターン《魂を吸う竹光》バウンス自壊の帳消しと直接攻撃の付与を行ってから再度発動する。
  4. 2.に戻る

 また《妖刀竹光》の代用として《折れ竹光》バウンス効果を持ったモンスターでもドローロックができる。
 ただし、《魂を吸う竹光》は選択したモンスター戦闘ダメージを与えて ドローフェイズスキップするまでにフィールドを離れると効果適用できない。
 そのため、バトルフェイズバウンスを行うようなカードを使用する場合、《魂を吸う竹光》が2枚必要になる。

 例:《黒蠍−逃げ足のチック》《折れ竹光》《魂を吸う竹光》2枚を使う場合の使用手順。

  1. 《黒蠍−逃げ足のチック》《折れ竹光》を装備し、《魂を吸う竹光》を2枚発動する。
  2. 《黒蠍−逃げ足のチック》相手ダメージを与え《魂を吸う竹光》の片方をバウンス、残ったもう一方でドローフェイズスキップする。
  3. 次の自分ターンバウンスした《魂を吸う竹光》発動する。
  4. 2.に戻る

 これを繰り返し、ビートダウンで勝利を狙う。

このデッキの弱点

 キーカードが明確でかつ耐性の低いものが揃っている。
 ビートダウン魔法・罠除去で押し切られてしまう事も多い。

 またロックが決まるまでのタイムラグがあるので展開力に優れたデッキにも弱い。

代表的なカード

関連リンク

広告