鳥獣族(ちょうじゅうぞく)

デッキの概要

 鳥獣族モンスターを主軸としたデッキ
 鳥獣族風属性が多く、バウンスを得意とするモンスターが多い。
 バウンス効果の他にも、《神鳥シムルグ》バーン効果《D.D.クロウ》墓地妨害効果といった、多彩な効果を持つモンスターが存在する。
 鳥獣族以外にも、カテゴリではドラグニティ等や単体では《激昂のミノタウルス》等の鳥獣族以外のモンスター鳥獣族サポートカードとなっているモンスターも存在し、これを起用することも考えられる。
 鳥獣族サポートカードとなる魔法・罠カードは種類が少ないものの、《ゴッドバードアタック》等の優秀なカードが存在する。

 鳥獣族デッキとしては、【BF】【ハーピィ】【霞の谷】【RR】等のカテゴリデッキが存在する。
 それらカテゴリデッキは各デッキのページを参照とし、本稿ではそれ以外のデッキについて、記述する。

《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》
通常罠
(1):自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

デッキ構築について

モンスターカードについて

ドロー

アタッカー

上級モンスター

エクストラデッキ

ライフ関係

―その他

 見ての通り実戦で活躍が見込まれるモンスターがかなり限られてくる。
 まず、下級モンスターからは《BF−疾風のゲイル》《ハーピィ・クィーン》をメインに採用したい。
 前者は鳥獣族モンスター戦闘に貢献する上、チューナーであるためシンクロ召喚も狙うことが可能。
 後者は《ハーピィの狩場》サーチが可能であり、下級鳥獣族モンスターの中では攻撃力が最も高いので、純粋なアタッカーとして使用できる。
 サーチの際に墓地が肥えるので、《ダーク・シムルグ》特殊召喚に貢献するのも地味な利点だが無視できない。

 その他の下級モンスターとしては、《ハーピィ・レディ1》《BF−残夜のクリス》《霞の谷の戦士》《霞の谷のファルコン》《有翼賢者ファルコス》あたりが比較的優秀。
 後述する【サモンプリースト】の要素を入れるならば、《聖鳥クレイン》の採用も考えられる。
 《リビングデッドの呼び声》《スワローズ・ネスト》等、特殊召喚手段は増えてきているため、普通に採用するだけでも単純なドローソースにしやすくなった。

 上級モンスターからは、制限経験のある《風帝ライザー》や、簡単に特殊召喚が可能な《ダーク・シムルグ》半上級モンスターである《BF−暁のシロッコ》あたりから選択するのが無難。
 BFの多数投入により、鳥獣族モンスターのみによる《ダーク・シムルグ》特殊召喚も容易になったため、採用を検討できる。

 非常に扱いやすいチューナーである《霞の谷の戦士》《BF−疾風のゲイル》が問題なく投入出来るので、シンクロ召喚の要素も自然に取り入れることが可能。
 その場合《スワローズ・ネスト》で、非チューナーモンスターをこれらのチューナーモンスターに切り替えることができるのも鳥獣族デッキならではの芸当である。
 鳥獣族でこそないが、《ドラグニティ−ブラックスピア》鳥獣族を強力にサポートしてくれるチューナー
 《霞の谷のファルコン》《聖鳥クレイン》との相性は抜群なので、これらを採用するのであれば投入したい。

 汎用性の高さで多くのデッキに採用されるエクシーズモンスター《鳥銃士カステル》は、当然エクストラデッキに入れるべき。
 また専用のエクシーズモンスター《零鳥獣シルフィーネ》効果はなかなか強力。
 折角鳥獣族デッキを組むのだから、こちらも採用しておきたい。

 さらに強力なモンスターが揃っている鳥獣族剣闘獣の採用も考えられる。
 鳥獣族《剣闘獣ベストロウリィ》《剣闘獣エクイテ》《剣闘獣ガイザレス》はどれも扱いやすく、手軽にアドバンテージを取る優秀なモンスター
 《剣闘獣の戦車》と共にいくつか投入することも十分可能である。
 ただし鳥獣族は専用のサポートカードが少なく、展開力や墓地からの蘇生などといった特殊召喚に長けているとは言いがたいので、投入するカードは他との兼ね合いによって決めることになるだろう。

魔法・罠カードについて

 鳥獣族サポートカードとなる魔法・罠カードは種類が少なく、採用するカードは限られてくる。

デッキの種類

 鳥獣族デッキとしては、【BF】【ハーピィ】【霞の谷】等のカテゴリデッキが存在する。
 それらカテゴリデッキは各デッキのページを参照とし、本稿ではそれ以外のデッキについて、記述する。

《烈風の結界像》

 《烈風の結界像》を主軸とし、特殊召喚を封殺するデッキ
 風属性はマイナー属性であり、多くのモンスター特殊召喚を封じることができる。

 《烈風の結界像》を守り、フィールドに維持し続けることが重要となる。
 鳥獣族に統一することで《一族の結束》を使用できるようになり、《烈風の結界像》が強化され、除去されにくくなる。
 ただし、《スターダスト・ドラゴン》等の採用率の高い風属性モンスターも存在するので、それらには注意する必要がある。

【風属性・鳥獣族】

 鳥獣族風属性モンスターが多く、風属性に関連する効果を持つモンスターも多く、これに特化したデッキ
 《風霊術−「雅」》等の風属性サポートカードを共有できることが利点となる。
 《御前試合》相手モンスターの展開を制限することも可能である。

【サモンバード】

 【サモプリターボ】とも呼ばれる。
 【サモンプリースト】から派生した【鳥獣族】。
 《聖鳥クレイン》を中心に鳥獣族モンスターが投入される。

 【ハーピィ】との相性も悪くない。
 《ハーピィの狩場》効果特殊召喚に対応し、《召喚僧サモンプリースト》コストにもできる。
 《霞の谷の戦士》を持ってきてシンクロ召喚に繋げることもできる。

【ビースト】

 《暗黒のマンティコア》等を主軸とした獣族獣戦士族鳥獣族を混合したデッキ
 詳細は【ビースト】を参照。

このデッキの弱点

 キーカード罠カードが多く、《王宮のお触れ》等で罠カードを封じられると劣勢になる。
 遅効性の罠カードを多く採用するため、戦術の展開が遅くなるのもネックとなっている。

代表的なカード

関連リンク

広告