氷結界(ひょうけっかい)

デッキの概要

 DUEL TERMINAL −シンクロ覚醒!!−で登場した氷結界をメインに置いたデッキ
 属するモンスターは全て水属性で、相手の行動を制限する効果を持ったモンスターが多いのが特徴。
 《氷結界の紋章》と二種のモンスター効果による蘇生で、各種ロック効果を使い分け相手の行動を抑制する。
 氷結界シンクロモンスターも出しやすく、その効果で攻めていける。

《氷結界の伝道師/Prior of the Ice Barrier》
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻1000/守 400
自分フィールド上に「氷結界」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚するターン、
自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚する事ができない。
また、このカードをリリースする事で、
「氷結界の伝道師」以外の自分の墓地に存在する
「氷結界」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。
《氷結界の虎将 ガンターラ/General Gantala of the Ice Barrier》
効果モンスター
星7/水属性/戦士族/攻2700/守2000
1ターンに1度、自分のエンドフェイズ時に発動できる。
自分の墓地から「氷結界の虎将 ガンターラ」以外の
「氷結界」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。 
《氷結界の紋章/Medallion of the Ice Barrier》
通常魔法
自分のデッキから「氷結界」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

デッキ構築に際して

 氷結界自体が展開力に長けておらず、蘇生による展開をメインとする性質上墓地肥やしも並行して行わなければならない。
 相手の妨害なども加味すると1ターンで同時展開できるのはよくて2体、手札の質やフィールドの状況が良くともせいぜい3体が限界である。
 全ての氷結界を採用することは不可能なので、後述の展開の起点となる氷結界を基準にどのような布陣を築くかを考え取捨選択したい。

モンスターカードについて

―展開の起点となる氷結界

―同時展開を前提とする氷結界

―単体で機能する氷結界
 あくまでフィールド発動するための条件であって、基本的に他の氷結界との同時展開が望ましいことには変わりない。

  • その他のモンスター
    効果を活用するというよりは各々の特性に対応したサポートと併用する使い方が基本となる。

―その他の相性のいいモンスター

エクストラデッキについて

氷結界モンスター
 いずれもシンクロモンスターである。

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

氷結界サポート

種族属性サポート

永続魔法永続罠
 デッキとの相性はもちろん、《氷結界の虎王ドゥローレン》での再利用を狙える。
 多めに採用することで【セルフ・バウンス】寄りの戦略を目指すことも可能。

―それ以外のカード

戦術

 《氷結界の軍師》《おろかな埋葬》氷結界墓地へ送り《氷結界の伝道師》などで蘇生して展開に繋げていく。
 《氷結界の守護陣》攻撃抑制、《氷結界の大僧正》耐性付与、《氷結界の虎将 ライホウ》相手モンスター効果への牽制など、採用した氷結界の特性を理解し展開していく。
 序盤でロックを形成した後は、除去無効化手段も併用して相手のペースを崩し、最上級シンクロモンスター氷結界ビートダウンしていく。

 上述の通り墓地を肥やす速度や1ターンに行える蘇生回数には限界があり、氷結界の種類もかなりの数を誇る。
 かと言って展開手段にカードを分配しすぎると妨害手段が相対的に減ってしまうことは十分考えられる。
 相手ロックを突破しようとする際はブラフに引っかかることの無いようにマストカウンターを見極めたい。
 万一全体除去等を通してしまった場合は建て直しが難しくなるため特殊召喚モンスターなどの切り返しの手段は温存しておきたい。

デッキの種類

《氷結界の虎王ドゥローレン》

 通常の構築より永続系の魔法・罠カードを多用した【セルフ・バウンス】【フィフティ・フィフティ】に特化した構築。
 効果バウンスすることで繰り返し効果を活用する、相手にのみ制約を押し付ける戦術をメインとする。

 主軸となる永続魔法永続罠の種類や採用枚数によっては氷結界の枚数は抑え気味になる。
 それでもシンクロ素材となる水属性チューナー氷結界《氷結界の虎王ドゥローレン》蘇生できる《氷結界の伝道師》は必ず採用したい。
 同様に《リビングデッドの呼び声》《安全地帯》とのコンボが狙える《氷結界の大僧正》も適宜採用しておきたい。

デッキの派生

【湿地草原】

 《氷結界の水影》等のレベル2以下の水族氷結界《湿地草原》強化しつつ攻めるデッキ
 詳細は該当ページ参照。

このデッキの弱点

 《大天使クリスティア》《虚無魔人》などの特殊召喚を封じるカード《スキルドレイン》といった効果無効にするカードに弱い。

 また、氷結界モンスターは基本フィールド上に他の氷結界と名のつくモンスターがいなければ発動されない永続効果を持つ。
 そのため《地砕き》等の除去カードで一挙に効果が失われてしまう恐れがある。
 特に、【水属性】全般の脅威である《ダイヤモンド・ダスト》は2体以上のモンスターを維持することで効果を発揮するこのデッキには強烈なメタとなる。
 《氷結界の大僧正》で上手く対処していきたいがモンスター効果には無力であり、《ブラック・ローズ・ドラゴン》等の全体除去には非常に弱い。

 現時点でモンスター効果に対しての耐性を付与できる氷結界《氷結界の御庭番》対象をとるモンスター効果のみ。
 一度態勢が崩れると単体の非力さが如実に現れるので、《スターライト・ロード》《デモンズ・チェーン》で止める必要があるだろう。

 また除外にも弱く、対象を取らず重要な墓地アドバンテージをも奪い取る《氷結界の龍 トリシューラ》は最大の天敵である。
 《連鎖除外》《奈落の落とし穴》対策に、《王宮の鉄壁》《異次元からの埋葬》を、サイドデッキに入れておくのもいいだろう。
 なお、《奈落の落とし穴》破壊を介する除外であるため《氷結界の大僧正》で回避できる。

代表的なカード

関連リンク

広告