【変異カオス】

デッキの概要

 《突然変異》キーカードにしたギミックを取り入れた【カオス】の一種、または《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》を採用した【変異】の一種。
 《混沌帝龍 −終焉の使者−》禁止カード《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》制限カードの時期に活躍したデッキである。
 当時、《カオス・ソーサラー》は余り採用されず、次回の制限改訂《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》禁止カードとなっている。

《突然変異/Metamorphosis》
通常魔法(禁止カード)
自分フィールド上モンスター1体を生け贄に捧げる。
生け贄に捧げたモンスターのレベルと同じレベルの
融合モンスターを融合デッキから特殊召喚する。
《月読命/Tsukuyomi》
スピリットモンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1400
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが召喚・リバースした時、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、裏側守備表示にする。
《サウザンド・アイズ・サクリファイス/Thousand-Eyes Restrict》
融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「サクリファイス」+「千眼の邪教神」
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外のフィールドのモンスターは表示形式を変更できず、攻撃できない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(3):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、
このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。

このデッキが活躍した時代背景

 このデッキが生まれた背景には、汎用性の高い全体除去が軒並み禁止・制限カードに指定されたことがある。
 カード名で言えば、《ライトニング・ボルテックス》《激流葬》《聖なるバリア −ミラーフォース−》くらいしか残っておらず、いずれも制限カードであった。
 これにより、フィールドモンスターは一掃され辛くなり、防御カードとして《スケープ・ゴート》が評価を高めてしまった。
 ただし、自分フィールドを圧迫してしまうため、モンスターを展開したいビートダウンよりもコントロールデッキ向きのカードではあった。

 そのため、ビートダウン側は《スケープ・ゴート》対策として、2回攻撃全体攻撃貫通効果を持つモンスターを採用するようになった。
 当時の代表的なモンスターとしてば《不意打ち又佐》《阿修羅》《激昂のミノタウルス》あたりだろうか。
 しかし、これらの攻撃的なモンスターの多くは守備力が低く《月読命》によって処理できた。
 フィールドを空けやすいスピリットモンスターもまた《スケープ・ゴート》の恩恵を受けたカード群であった。

 その後、《阿修羅》《ビッグバン・シュート》コンボによって羊トークン4体を一掃する1ターンキルが注目され、羊トークンを出す危険も明らかになった。
 当時、《スケープ・ゴート》を利用する方法は多岐にわたり、《エネミーコントローラー》《強制転移》によるコントロール奪取《団結の力》強化等実用的なものも豊富にあった。
 しかし、上記の理由によって最終的に行き着いたのが《突然変異》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》であった。
 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》羊トークン1体でコストを払え、継続的な攻撃封じにより、他の羊トークンを守ることが可能になった。
 また、《月読命》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》と絶妙にシナジーしており、多くのビートダウンデッキを苦しめる要因となった。
 これが【変異カオス】の大まかな起こりである。

 その後、ビートダウン側は、特殊召喚と低い攻撃力モンスターを多用することに目を付け、それを対策できる《王虎ワンフー》《王宮の弾圧》を中心にした【弾圧ワンフー】を生み出した。
 しかし、《王虎ワンフー》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》で処理でき、《王宮の弾圧》《王宮のお触れ》で封じることができたので、相性は悪いものの勝てない相手ではなかった。
 ビートダウンとして相手になったのはまだまだ無名の頃だった【除去ガジェット】であり、環境トップとして最後まで走り続けた。

 また、【カオス】としては途中発売されたCYBERNETIC REVOLUTIONによって《サイバー・ドラゴン》《サイバー・ツイン・ドラゴン》を手に入れたのが大きかった。
 《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》にとって前者はコストとなり、後者は《突然変異》から展開できたためである。
 より融合デッキを活用する、《デビル・フランケン》《幻想召喚師》を採用した【ターボカオス】も派生として生まれることにもなった。

デッキ構成に際して

 コンボに使われるカード以外で採用されるモンスターカードは以下の通り。
 CYBERNETIC REVOLUTION登場後はより攻撃的なカードが選択されることもあった。

戦術

  1. 羊トークンで時間を稼ぎつつ、《突然変異》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》特殊召喚し、相手攻撃を阻害。
    《サウザンド・アイズ・サクリファイス》特殊召喚には、羊トークンの他に《キラー・スネーク》《聖なる魔術師》等も使われた。
  2. 《月読命》《月の書》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》吸収効果《聖なる魔術師》を使い回してアドバンテージを稼ぎつつ、ライフポイントを削る。
  3. 時間を稼いでいる内にドローした《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》フィニッシャーとする。
    単体では3000ダメージに留まるが、除外効果の使用後に《突然変異》から《サイバー・ツイン・ドラゴン》特殊召喚して5600ダメージを与えるコンボ経路もあり、このデッキと大きくシナジーする。

歴史

05/09/01

 キーカードのほとんどが禁止・制限カードに指定される。
 猛威を振るっていたこのデッキを潰すための改正であったと言っても過言はないだろう。
 しかし、《カオス・ソーサラー》を代用する事で似たコンセプトのデッキは組めた。

06/09/01

 《カオス・ソーサラー》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》《月読命》禁止カードとなる。
 そのため、代用すら困難となった。

09/03/01

 《カオス・ソーサラー》制限緩和される。
 カオスシンクロ召喚を併用した同様のコンセプトのデッキも組まれるようになったが、やはりかつての爆発力は再現できない。

11/09/0112/09/01

 前者改訂により《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》制限緩和され、《カオス・ソーサラー》デッキに共存できるようになる。
 更に後者改訂により《月読命》制限緩和され、かつての構成カードが帰りつつある。
 しかしそれは相対的なパワーダウンと同義であり、デッキコンセプト上においてはより厳しい環境推移であると言わざるを得ないだろう。

16/04/01

 10年の時を経て《サウザンド・アイズ・サクリファイス》制限復帰される。
 名に冠される《突然変異》こそ禁止カードのままだが、《簡易融合》を軸とする【簡易カオス】は十分構築できる状況となった。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告