【宝札エクゾディア】

デッキの概要

 《暗黒のマンティコア》無限ループ《生還の宝札》コンボを利用し、1ターンエクゾディアパーツを集める1ターンキルデッキ
 《暗黒のマンティコア》《生還の宝札》《おろかな埋葬》の3枚が手札に揃えば勝利は決まったも同然という、高い成功率を誇る。

 「従来の【宝札エクゾディア】」(後述)と区別するために、【宝札マンティコア】と呼ばれることも多い。

《暗黒のマンティコア/Manticore of Darkness》
効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2300/守1000
このカードが墓地に送られたターンのエンドフェイズ時に発動する事ができる。
獣族・獣戦士族・鳥獣族のいずれかのモンスターカード1枚を
手札または自分フィールド上から墓地に送る事で、
墓地に存在するこのカードを特殊召喚する。
《生還の宝札/Card of Safe Return》
永続魔法(禁止カード)
自分の墓地からモンスターがフィールド上に特殊召喚された時、
デッキからカードを1枚ドローする事ができる。
《おろかな埋葬/Foolish Burial》
通常魔法(制限カード)
自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。

デッキ構築に際して

 キーカードの採用はもちろん、それらを手札に加える手段として《封印の黄金櫃》《打ち出の小槌》《リロード》等も採用する。
 ただし、《封印の黄金櫃》《リロード》《打ち出の小槌》と相性が悪いので、併用を避けるのも一つの手。
 デッキの上から順番を入れ替えてくれる《大王目玉》も役立つ。

 エクゾディアパーツ墓地へ送られたときの対策としては、《転生の予言》が優れている。
 サルベージカード《補充要員》《闇の量産工場》も便利だが、無限ドローコンボの存在から、デッキ戻してもスピードは変わらない。
 対象の広い《転生の予言》の方が役立つ場面が多いだろう。

 また、《暗黒のマンティコア》手札に来てしまった時の対策として、《死者転生》等のこれを墓地へ送る手段も欲しい。
 重さは気になるが、《究極封印神エクゾディオス》エクゾディアパーツサルベージしつつ、手札デッキから《暗黒のマンティコア》墓地へ送れる。

デッキの派生

《D−HERO ディスクガイ》

 《D−HERO ディスクガイ》を採用し、さらなるドローを狙う。
 かつての【宝札エクゾディア】と同じく、ただドローすることだけに特化している。

 蘇生カードとしては《D−HERO ドゥームガイ》《ダークファミリア》《浅すぎた墓穴》等が強力。
 ドロー加速は、D−HEROが多いことを活かして《デステニー・ドロー》を採用する。
 《D−HERO ディスクガイ》《D−HERO ドゥームガイ》サーチ手段として《E・HERO エアーマン》《増援》も欲しい。

 優れたサーチドロー手段により、1ターン目からコンボを達成する事も可能。
 反面防御力は皆無に等しい上、デッキスペースの関係で効率的な防御手段を用いるのも難しい。

このデッキの弱点

 墓地利用が中心となるため、除外には極端に弱く、何もできないで終わる可能性もある。
 《マクロコスモス》《次元の裂け目》への対策として、《砂塵の大竜巻》は投入しておきたい。

備考

代表的なカード

関連リンク

広告