【凡骨ビート】

デッキの概要

 【通常モンスター】専用のドローエンジンである《凡骨の意地》キーカードとしたデッキ
 《凡骨の意地》によって大量にドローしたモンスターと、その他のカードを展開してゆく。
 2枚、3枚と発動していけば、より回転力は上がる。

《凡骨の意地/Heart of the Underdog》
永続魔法
ドローフェイズにドローしたカードが通常モンスターだった場合、
そのカードを相手に見せる事で、自分はカードをもう1枚ドローする事ができる。

デッキ構築に際して

 《凡骨の意地》サーチが困難であるうえに即効性がなく、狙いが相手に筒抜けであるため、真っ先に除去される可能性が高い。
 ゆえに、1〜2度の機会で十分なアドバンテージを得られるよう、デッキ通常モンスターの比率を高める事が求められる。
 デッキの半分程度は通常モンスターにしておかなければ、《凡骨の意地》分のディスアドバンテージすら取り戻せない事態が起こりうる。

 また、通常モンスターだけ手札に溜まっても勝利には直結しない。
 手札から展開するか、手札コストを要求するものなどと組み合わせる事になる。
 【バニラ蘇生】【スキルドレイン】のギミックも搭載できるが、このデッキの低い安定性能を考えアクセントとして取り入れる程度にしたい。

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

このデッキの弱点

代表的なカード

関連リンク

広告