竜剣士(りゅうけんし)

デッキの概要

 竜剣士竜魔王を中心とした【ペンデュラム召喚】
 メインはあくまでも竜剣士であるが、一部のカード竜魔王との混成であることを前提とした効果であるため、竜魔王も合わせて採用するのが基本となる。
 ペンデュラム召喚を展開の起点とし、融合シンクロエクシーズ召喚といった幅広い召喚法を使用するのが特徴。
 融合シンクロエクシーズモンスター特殊召喚する上でそれぞれペンデュラムモンスターに対する役割が異なるため、状況に合わせたモンスターを出して戦う。

《竜剣士ラスターP/Luster Pendulum, the Dracoslayer》
ペンデュラム・チューナー・効果モンスター(制限カード)
星4/光属性/ドラゴン族/攻1850/守   0
【Pスケール:青5/赤5】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
そのカードを破壊し、そのカードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。
【モンスター効果】
このカードを素材として、「竜剣士」モンスター以外の
融合・S・Xモンスターを特殊召喚する事はできない。
《爆竜剣士イグニスターP/Ignister Prominence, the Blasting Dracoslayer》
シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2850/守   0
チューナー+チューナー以外のPモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、フィールドのPモンスター1体
またはPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「竜剣士」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはS召喚の素材にできない。
《竜呼相打つ/Draco Face-Off》
速攻魔法 (制限カード)
「竜呼相打つ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「竜剣士」Pモンスター1体と「竜魔王」Pモンスター1体を選んで相手に見せ、
相手はその中からランダムに1体選ぶ。
相手が選んだPモンスターを自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
残りのPモンスターは自分のエクストラデッキに表側表示で加える。

デッキ構築に際して

 モンスターは各種素材の都合上ペンデュラムモンスター、特にレベル4が主体となる。
 中心となる魔法・罠カードは、大きく分けてペンデュラムモンスター通常モンスタードラゴン族サポートカードの3つに分類される。

メインデッキモンスターについて

竜剣士竜魔王
 竜剣士ペンデュラムモンスターは各種エクストラデッキ竜剣士による展開が可能。
 竜魔王竜剣士サポートカードをある程度共有でき、そちらでの展開が基本となる。

―その他レベルペンデュラムモンスター
 竜剣士竜魔王だけでは展開力や素材の確保に難があるため、それを補うカードを採用したい。
 その際、竜剣士竜魔王と共に《ペンデュラム・パラドックス》で回収できるペンデュラムスケールが3・5のモンスターを優先的に採用すべし。

―その他相性の良いペンデュラムモンスター

ペンデュラムモンスター以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

竜剣士モンスター
竜剣士を展開する効果を持つ。
それぞれ特性が異なるため、状況に合わせて使い分けることになる。

―それ以外のモンスター

魔法・罠カードについて

竜剣士竜魔王サポートカード

ペンデュラム関連サポートカード

通常モンスターサポートカード

ドラゴン族サポートカード

戦術

 エクストラデッキから大型のモンスターを展開してのビートダウンが基本となる。
 序盤は通常モンスターサポートを駆使して竜剣士竜魔王を確保しつつ、ペンデュラム召喚の準備を整えながらエクストラデッキからの特殊召喚を狙っていく。
 三種類いる竜剣士はそれぞれ役割が分かれているため、どの竜剣士をいつ呼び出すかが鍵となる。
 また竜剣士に偏ると防御が薄くなり突破されやすくなるため、《解放のアリアドネ》なども絡めて防御用のカードを常に用意しておきたいところ。

デッキの種類

エクストラデッキ竜剣士特化型

 エクストラデッキ竜剣士による展開に重点を置いた型。
 展開するにあたりリンクモンスターをいかに用意するかも重要になる。

《真竜剣士マスターP》特化型

 《真竜剣士マスターP》を出すことに特化した盤面制圧型。
 召喚条件である竜剣士竜魔王をいかに並べるかがポイントになる。
 エクストラデッキ竜剣士に依存しないのであれば、《虚竜魔王アモルファクターP》と並べて制圧力を高めることが可能。

デッキの派生

【竜魔王】

 竜剣士よりも竜魔王に寄せた構築。
 闇属性ペンデュラムモンスターである点を生かして覇王眷竜を中心で攻めていく。
 竜剣士通常モンスターサポートカードを共有できる《竜剣士マスターP》をメインに採用する。

【虚竜魔王アモルファクターP】

 《虚竜魔王アモルファクターP》メインフェイズ1をスキップする効果に注目した特化デッキ
 《端末世界》守備表示《地縛神 Chacu Challhua》と合わせることで、儀式召喚した返しのターンの行動を大きく制限することができる。
 儀式魔法墓地からも儀式召喚できる《オッドアイズ・アドベント》が扱いやすい。
 儀式召喚に特化した魔神儀を中心にすれば、このカードも出しやすくなるだろう。
 なお、特化構築であるため竜剣士を採用する意味は薄い。

【オッドアイズ竜剣士】

 相性のいいオッドアイズカードが多いことに着目したデッキ
 《天空の虹彩》を採用すれば、状況に応じて必要なオッドアイズサーチできる。
 ただし、ペンデュラムスケールの幅からオッドアイズペンデュラム召喚しづらいため、基本的にはサポートカードと割り切って使うことになる。

【EM竜剣士】

 2016年の環境で活躍した【EM】との混合構築。
 詳細はこちらを参照。

このデッキの弱点

 基本的な弱点に関しては【ペンデュラム召喚】を参照。
 ドラゴン族を中心としたデッキであるため【ドラゴン族】の弱点である【バスター・ブレイダー】などに弱い。
 特に魔法カード無効にする効果もある【ブラック・パラディン】は天敵であるといえる。

代表的なカード

関連リンク

広告