【列車】

デッキの概要

 レベル10の機械族モンスターランク10のエクシーズモンスターを場に揃え、その効果と高い攻撃力によって攻めていくビートダウンデッキ
 レベル10のモンスターは通常のデッキではフィールドに揃えづらいが、このデッキでは展開しやすいモンスターサポートカードを多く採用することで容易にフィールドに揃えることが可能である。

 なお当wikiではデッキ名を【列車】としているが、正式なカテゴリではないためデッキ名の呼び方は各自で異なりやすく、【レベル10軸機械族】や【転回操車】、【暴走特急】とも称されることもある。

《無頼特急バトレイン/Ruffian Railcar》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守1000
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
相手ライフに500ポイントダメージを与える。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
また、このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時に発動できる。
デッキから機械族・地属性・レベル10のモンスター1体を手札に加える。
「無頼特急バトレイン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト/Night Express Knight》
効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3000/守3000
このカードはデッキから特殊召喚できない。
また、このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は0になる。
《重機貨列車デリックレーン/Heavy Freight Train Derricrane》
効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻2800/守2000
「重機貨列車デリックレーン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに機械族・地属性モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。
(2):X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ/Number 81: Superdreadnought Rail Cannon Super Dora》
エクシーズ・効果モンスター
ランク10/地属性/機械族/攻3200/守4000
レベル10モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、
そのモンスター以外のカードの効果を受けない。
《転回操車/Revolving Switchyard》
フィールド魔法
「転回操車」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに機械族・地属性・レベル10モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから攻撃力1800以上の機械族・地属性・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたモンスターのレベルは10になる。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは0になる。
(2):自分の手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから機械族・地属性・レベル10モンスター1体を手札に加える。

デッキ構築に際して

 レベル10のモンスターフィールドに揃えることを目的としたカードが多く採用される。
 ただし採用するモンスターレベル10のみという訳ではなく、キーカードである《転回操車》効果リクルートできる攻撃力1800以上の機械族地属性レベルモンスターも重要なカードになる。
 採用する魔法・罠カードによっては1ターンキルを目的とした構築や、相手の展開や除去を妨害する【スキルドレイン】に近い構築にすることも可能である。

メインデッキモンスターについて

 デッキの中心となりうるレベル10の機械族地属性モンスター攻撃力1800以上の機械族地属性レベルモンスターが優先される。
 それ以外では、機械族地属性サポートとなりうるモンスターや、エクシーズ素材に使用できるレベル10モンスターが採用候補となる。

機械族地属性レベル10のモンスター
 《転回操車》の(1)のトリガーになる他、メインデッキに入る場合は(2)の効果《無頼特急バトレイン》サーチできるため、最重要の役割を担う。

攻撃力1800以上の機械族地属性レベルモンスター
 《転回操車》の(1)の効果リクルートできるため、やはり重要なモンスターとなる。

―上記以外のレベル10モンスター
 《転回操車》《無頼特急バトレイン》効果には対応していないがランク10のエクシーズ素材アタッカーとして使用できる。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 基本的にはエクシーズモンスターで占有されるが、【列車ドール】ではシャドール融合モンスターも採用される。
 また、《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》を採用する場合は、その枚数分だけ《サイバー・エンド・ドラゴン》で圧迫される点は注意したい。

融合モンスター

エクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

フィールド魔法
 キーカードたる《転回操車》サーチするために《テラ・フォーミング》《惑星探査車》の採用が求められるデッキだが、採用するフィールド魔法が1種類のみの場合それらのカード腐ることも起こり得る。
 その場合でも《転回操車》の(2)の効果手札コストとして処理はできるが、他のフィールド魔法との併用も考えられる。

モンスターを展開するカード
 展開が容易なモンスターが多いとはいえ上級最上級モンスターが多いため重くなりやすいのも事実なので、これらのカードで補いたい。

ダメージを稼げるカード
 このデッキは爆発力が高いものの、キーカード永続カードが多い関係上長期戦になるとそれらを除去されやすくなるため、短期決着を望めるこれらのカードも相性が良い。
 ただし《転回操車》の(1)の効果を使用したターンでは意味を成しにくいことはしっかりと意識しておく必要がある。
装備魔法の場合は《アームズ・ホール》サーチサルベージが、エクシーズカードの場合は《ジェネレーション・フォース》サーチ可能となる。

―その他の魔法・罠カード

戦術

 まずは《テラ・フォーミング》《惑星探査車》を使い、キーカードである《転回操車》手札に加えることを優先する。
 《転回操車》発動したら機械族地属性レベル10モンスターフィールドに出し、《無頼特急バトレイン》リクルートしてランク10のエクシーズモンスターエクシーズ召喚する。
 その後《無頼特急バトレイン》墓地へ送ることでエンドフェイズ時に《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》サーチでき、次のターンに再び同じ動きをすることができる。
 既に手札《重機貨列車デリックレーン》などが存在して、リクルートせずともランク10のエクシーズモンスターが出せるようならば、(2)のサーチ効果手札の質を高めておきたい。

 序盤に手札が悪いようならば、無理して展開せずに《カードカー・D》《転回操車》手札を整えつつ《メタル・リフレクト・スライム》などで守備に徹するのも良い。
 ただしデュエルのスピードが高速化している現在では悠長なことを言ってる間に逆転不可能な盤面を気付かれたり1ターンキルされかねないのも事実である。
 状況次第では多少無理してでも《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》辺りを立てておいた方が良い場合もあり柔軟に対応したい。
 ライフが少なくなる中盤以降では、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》《CX 超巨大空中要塞バビロン》《No.84 ペイン・ゲイナー》《No.77 ザ・セブン・シンズ》等で一気にカタをつけられれば理想的である。

 デッキ破壊特殊勝利などの非ビートダウン以外のデッキ相手の場合は、無理に攻撃せずに《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》バーンを中心に攻めると良い。
 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクストラデッキに無い場合でも、《エクシーズ・リボーン》蘇生したり《究極封印神エクゾディオス》で回収すれば再利用できる。
 魔法・罠カードを多用する【エクゾディア】の様なデッキ相手には永続的にバーンを行える《No.84 ペイン・ゲイナー》を立てておくのも効果的。

 また、相手デッキ構築やプレイングに予想がつきやすい2戦目以降では《スキルドレイン》《群雄割拠》の有無をよく考えてサイドチェンジを行いたい。

デッキの種類

【スキルドレイン】

 《スキルドレイン》を主軸にしたタイプであり、通常の構築に比べメタ要素の強いデッキタイプと言える。
 《スキルドレイン》手札に加えるための《カードカー・D》《強欲で謙虚な壺》などのドローソースは多く採用したい。
 また、発動した《スキルドレイン》除去されないための防御カードも幾つか用意しておきたい。
 《群雄割拠》《御前試合》などのメタカードと組み合わせる場合には、それらを全体除去から守れる《宮廷のしきたり》の採用も考えられる。
 《スキルドレイン》と相性抜群の《神獣王バルバロス》を採用すれば、より攻撃力の高い《獣神機王バルバロスUr》も同時に採用しやすくなる。
 このデッキ本来の動きとそこまで相性が良いわけではないが、メタ要素をより強めるならばフィールド魔法《王家の眠る谷−ネクロバレー》を採用するのも考えられる。

デッキの派生

【ヴォルカニック列車】

 手札を稼ぐ能力と相手モンスター除去及びバーンに長けた【ヴォルカニック・バーン】との混合デッキ
 《ヴォルカニック・バレット》効果でを稼いだ手札墓地効果発動できる《ブレイズ・キャノン・マガジン》《転回操車》コストに当て、《ブレイズ・キャノン・マガジン》手札交換デッキを回転させる。
 《ヴォルカニック・バックショット》《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》バーン効果で高速でライフを削っていけるなどシナジーがある。
 《究極封印神エクゾディオス》特殊召喚時に墓地《ヴォルカニック・バックショット》《ヴォルカニック・バレット》デッキに戻すことで、再び効果を使用することも可能となる。
 《ヴォルカニック・バレット》《ヴォルカニック・バックショット》効果墓地発動するため、《スキルドレイン》を併用しても問題ないあたりも好相性である。
 ただし《ヴォルカニック・ロケット》サーチサルベージ効果とは相性が悪い点には注意。

【列車ドール】

 アドバンテージを稼ぐ能力が非常に高い【シャドール】との混合デッキ
 《影依融合》地属性モンスターシャドールモンスター墓地へ送りつつ、レベル10の地属性機械族である《エルシャドール・シェキナーガ》融合召喚を狙う。
 シャドール効果手札を稼ぎやすいため《転回操車》の(2)のサーチ効果発動しやすい。
 《影依融合》《エルシャドール・シェキナーガ》融合召喚する際に、融合素材として《無頼特急バトレイン》デッキから墓地へ送ることでエンドフェイズサーチ効果も使用できる。
 《エルシャドール・シェキナーガ》は単体でも扱いやすく、《転回操車》の(1)のリクルート効果に対応し《重機貨列車デリックレーン》特殊召喚するトリガーとしても機能する。
 レベル10であるためエクシーズ素材にしやすい点も好相性であり、エクシーズ素材から墓地に送られた場合でも(2)の効果によりシャドール融合カードサルベージできるため再び融合召喚が狙える。

このデッキの弱点

 特殊召喚サーチモンスター効果の使用や墓地送りを多用するデッキなのでそれらへのメタには適切な対応が求められる。
 《重機貨列車デリックレーン》《超巨大空中宮殿ガンガリディア》効果による除去《スキルドレイン》《禁じられた聖杯》による無効化などで臨機応変に対処したい。
 逆に言えば、サイドデッキに頼らずともその手のメタに対処できるということなので、周りの環境をよく考えてデッキ構築とプレイングを行えば絶対的に不利なデッキはそこまで多くない。
 とはいえ、流石にメタカードが多量に積まれていては勝ち目が薄くなるので、《サイクロン》などの汎用カードは必ずメインデッキサイドデッキには用意しておきたい。

 一方で、こちらのキーカードになり得る《転回操車》《スキルドレイン》等に永続カードが多いため、純粋に魔法・罠カード除去が多いデッキにはジリ貧になりやすい。
 展開を容易にするカードが多いとはいえ、高レベルモンスターが多いのは事実なので手札事故が生じる可能性も常に抱えている。
 機械族が中心になるため、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《システム・ダウン》などのメタカードも天敵である。
 これらの要素が噛み合ってしまった場合は地力で劣るデッキ相手でも成す術なく負けかねないので、その意味では安定性に欠けるデッキとも言える。

 あまり見かけるカードでは無いが、一回当たりのバーンの数値が高いため《地獄の扉越し銃》《痛魂の呪術》などの反射系には弱い。
 同様に《魔法の筒》などの戦闘ダメージ反射系もこちらへのエンドカードになり得るので伏せカードには警戒を怠らないようにしたい。

備考

  • Vジャンプの定期購読者用ペーパー(2015年9月号)では、上記のシャドールと組み合わせたタイプのデッキのレシピを掲載しているが、そのデッキ名は「列車+シャドール」であった。
    どうやら公式としても呼称は【列車】のようである。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告