(トラップ)モンスター】

デッキの概要

 発動後にモンスターカード扱いとなって特殊召喚される罠カードである、罠モンスターを中心としたビートダウンデッキ
 メインデッキモンスターは主にサポート役となり、戦闘罠モンスターおよびエクストラデッキモンスターが担うのが特徴。
 罠モンスターには、「罠カードとしても扱う」ものと「罠カードとしては扱わない」ものが存在するが、このデッキでは罠カードサポートを受けられる前者が中心になるのが基本。
 メインデッキモンスターカードを一切、あるいは殆ど採用しない構築も可能であり、その場合は通常召喚に制約がかかるカードも使い易くなる。

《苦紋様の土像/Statue of Anguish Pattern》
永続罠
(1):このカードは発動後、効果モンスター
(岩石族・地・星7・攻0/守2500)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
(2):このカード以外のモンスター扱いの罠カードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードの効果で特殊召喚されたこのカードは相手の効果の対象にならない。
(3):このカードの効果で特殊召喚されたこのカードが存在し、
自分の魔法&罠ゾーンのカードがモンスターゾーンに特殊召喚された場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
《宮廷のしきたり/Imperial Custom》
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのプレイヤーは「宮廷のしきたり」以外の
フィールド上に表側表示で存在する永続罠カードを破壊できない。
「宮廷のしきたり」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

デッキ構築に際して

 罠カードとしても扱う罠モンスターは特殊な処理が多いため、注意点や活用法を簡易的に記載する。
 下記以外の特徴や、罠カードとしては扱わない罠モンスターについては、罠モンスターを参照のこと。

罠モンスターについて

罠カードとしても扱う罠モンスター
 《宮廷のしきたり》などのサポートを受けられるが、《サイクロン》などの魔法・罠除去《トラップ・スタン》などの効果無効化に弱い。

罠カードとしては扱わない罠モンスター
 《宮廷のしきたり》などのサポートを受けられないが、魔法・罠除去を受けず、効果無効にされてもモンスターのまま残れるというメリットがある。

メインデッキモンスターについて

罠カードに関連するモンスター

魔法&罠ゾーンから特殊召喚できるモンスター
 《苦紋様の土像》破壊効果トリガーとなる。

セルフ・バウンス効果を持つモンスター
 《苦紋様の土像》除去回数を増やすことや、効果無効化されて無意味に残った罠モンスターの回収などが可能。
 このデッキ魔法&罠ゾーンの圧迫が激しいため、1つのゾーンを使い回せるのは明確なメリット。

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター
 レベル4となる罠モンスターが多いことから、ランク4が基本となる。
 《鏡像のスワンプマン》《量子猫》によって、縛りのあるモンスターも出し易い。
 下記以外については【ランク4】を参考に採用するとよい。

シンクロモンスター

その他の魔法・罠カードについて

罠カードサポートカード

メインデッキモンスターが少ないことを活かせる魔法・罠カード

―その他相性の良い魔法・罠カード

戦術

 罠モンスターによる複数展開を行い、エクシーズモンスターなども活用してビートダウンしていく。
 《苦紋様の土像》が存在すれば展開の中で除去を連発でき、大きくボード・アドバンテージを得られる。
 罠モンスターだけではできない、ドロー加速などは魔法カードなどで補完する。

このデッキの弱点

 罠カードが主軸であるため、《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》等の封じは天敵中の天敵。
 特殊召喚に完全に依存するため、《虚無空間》《大天使クリスティア》も非常に厳しい。
 ボード・アドバンテージは稼ぎ易いが、ハンド・アドバンテージは稼ぎにくく、一度全体除去を受けてしまうと切り返しには苦慮する。
 罠モンスター自体のステータスは高くないため、展開妨害を受けてエクストラデッキモンスターが出せないと戦線が貧弱になってしまう。

代表的なカード

関連リンク

広告