No.(ナンバーズ)1トークン

トークン
攻2000/守   0

 《ドン・サウザンド/魔法B》効果特殊召喚されるトークン
 その能力はOCG風にすると以下のようになる。

このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に、
自分フィールド上に存在する「No.」トークンの攻撃力は倍になる。
  • エーカム(Ekam)、ドゥヴェー(Dve)、トゥリーニ(Trini)、チャトゥヴァーリ(Catvari)はそれぞれ、サンスクリット語の1〜4である。
    サンスクリット語が東南アジアやインド方面に用いられていたためか、自身を含む「ゲート・オブ・ヌメロン」はその方面で見られるデザインが取り入れられている。
  • エクシーズ召喚時の口上は「現れよ、No.1! 天を摩する地獄の門、堅牢なる扉開きし時、一抹の希望を捨てよ! ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム!」
    「天を摩する(=天に接する程高い)」というだけあり、やたらに大きい門として姿を現した。
    • 「一抹の希望を捨てよ」という句はダンテの著した叙事詩『神曲』において地獄の門に書かれた銘文に由来すると思われる。
  • 自身の攻撃は門の上の装飾から黄色い電撃を放っていたが、他の「ゲート・オブ・ヌメロン」が攻撃する際には、門の中から巨大な龍の頭のようなものを呼び出し攻撃させていた。
    また、No.2は門の右上、No.3は左上、No.4は下部に合体した。
  • 門の上の装飾の、頭部状のパーツの口にあたる場所に、自身の数字である「01」が描かれている。
    この数字の反対部分にアストラル文字の「0」と同じ紋様があり、数字の刻印と合わせて一つの装飾を構成している。
  • 偽物のNo.1として、《No.1 インフェクション・バアル・ゼブル》が劇中で登場している。

関連カード

関連リンク

広告