Z−ONE(ゾーン)

 ボス専用カードで登場した「Z−ONE」と名のついたモンスター群。
 属するモンスターは全てのフレイバー・テキストに、「時械神」という単語が含まれている。

  • 原作・アニメにおいて―
    「Z-ONE」とは、アニメ5D'sにおける物語の最終ボス。
    元々は未来のネオ童実野シティの科学者であり、滅びゆく世界を救い人々を導いてゆくために、自分の体と人格をかつて伝説の決闘者と呼ばれた不動遊星と同じに作り変えた。
    クリア・マインドの精神を人々に伝えるために尽力するも「モーメント」の暴走を止めることができず、一部の人間を除いて人類が滅亡する。
    その後、滅亡した世界の生き残りであるアポリア・アンチノミー・パラドックスと出会いイリアステルを創立し、人類再興のための研究に長い年月を費やすが状況を打開するには至らず、仲間も一人ずつ息を引き取り、Z-ONE自身の生命も限界に近づいた。
    世界の滅亡を防ぐ最終手段として、破滅の原因である「モーメント」あるいは「デュエルモンスターズ」の抹消を試み、歴史を修正すべく遊星たちと対峙した。
    最終戦で遊星に敗れるものの、デュエルの中で遊星に希望を見い出し、遊星が死ぬ未来を変えるためにアーク・クレイドル中枢に特攻し、その生涯を終えた。
    彼が破滅の未来への警鐘を人々の胸に刻み、命を救った遊星が暴走しない「モーメント」を完成させたことで、世界の滅亡を回避するという目的が達せられることとなった。
    なお、海外版ではディヴァインがイリアステルの歴史修正を妨害したため、戦うことなく失意の内に亡くなっている。
  • デュエルにおいては、神に選ばれた者にのみ使用できるという【時械神】を使用する。
    また、条件を満たすことで手札から発動できる罠カードを複数枚使用している。
  • 彼の乗る機械の大きさに合わせてか、使用するカードの大きさは通常のカードよりもかなり大きいサイズであった。
  • 前作までの物語は世界を滅ぼす巨悪と戦うストーリーだったことに対し、アニメ5D'sは何かを救うために戦うボスが多く、彼もまたその一人であった。
  • 漫画5D'sでは最終話において「未来王となった遊星」としてその姿が登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE6では、キャラクター紹介画面で彼のボイスを再生しようとすると、処理落ちが発生してしまう。

関連リンク

―「Z−ONE」と名のついたモンスター
 ※は「Z−ONE」に関する効果を持つモンスター

―「Z−ONE」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

広告