ウイルス/Virus

 「ウイルスカード」とも称される。
 単に「ウイルス」あるいは「ウイルスカード」と書かれた場合、このwikiでは「デッキ破壊ウイルス」と名のついた罠カードのことを指すことが多い。
 一方、「ウイルス」と名前が付き効果に類似した点が見られるカードや、特定の「デッキ破壊ウイルス」と関連するカードも存在する。
 これらのカードも広い意味での「ウイルスカード」に含まれるという見方もできる。

デッキ破壊ウイルス

 現在のところ4種類のカードが存在し、いずれも通常罠で統一されている。
 この内、《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》《影のデッキ破壊ウイルス》の3枚、及びエラッタ《死のデッキ破壊ウイルス》は以下の共通効果を持つ。

(1):自分フィールドの(攻撃力、守備力)〇(以上、以下)の
闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドの(モンスター、魔法・罠カード)、相手の手札、
相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
その内の(モンスター、魔法・罠カード)を全て破壊する。
  • 発動コストに使われたモンスター媒体と称することもある。
    原作の描写に由来する単語だが、現在ではあまり使われなくなっている。
    詳細は当該ページを参照のこと。

関連・類似するウイルスカード

その他

  • コナミのゲーム作品において―
    真DM2には、「ウィルス地形」という地形が登場している。
    「旧神族ではない攻撃力1500以上のモンスターが進入すると破壊される」という凶悪な地形効果があり、マスの模様も含めて《死のデッキ破壊ウイルス》がモチーフと推測される。
    また、TAG FORCE 2以降では、上記の《酸のラスト・マシン・ウィルス》がオリジナルカードとして収録されている。(効果はアニメ版と同じ)
    TAG FORCE SPでは、当時登場済みであった「デッキ破壊ウイルス」3種を海馬が発動する際に「ウイルスカードだ!」と宣言する仕様がある。

関連リンク

―デッキ破壊ウイルス

―関連・類似するウイルスカード

―上記以外でウイルスまたはウィルスと名の付くカード

―その他のリンク

FAQ

Q:リリース自分の場に裏側守備表示セットされたモンスターでも大丈夫ですか?
A:はい、できます。

Q:《ダークゾーン》適用中、裏側守備表示セットされた攻撃力501〜1000の闇属性モンスター《死のデッキ破壊ウイルス》コストとしてリリースすることは可能ですか?
A:裏側守備表示セットされた状態ならどんな攻撃力増減カードが場に在っても影響を受けずにコストとしてリリースすることができます。

Q:発動時に《DNA移植手術》チェーンしてリリースするモンスター属性を変更した場合、このカードの発動を阻止できますか?
A:いいえ、「闇属性モンスターリリースする」のはコストです。
  ウイルスカード発動時にそのモンスターは場を離れるため、後から《DNA移植手術》発動しても妨害することはできません。

Q:《クロス・ソウル》相手闇属性モンスターコストにできますか?
A:表側表示ならば可能です。裏側表示では「攻撃力判定不可能」であるため、できません。

Q:発動時にセットされたカード確認し該当するなら破壊しますが、これは「表側表示になってから破壊」という扱いですか?
A:あくまで確認するだけです。扱いとしては、「裏側表示のまま破壊」扱いです。

Q:ドローカード破壊効果適用中に《闇の誘惑》発動した場合、どう処理しますか?
A:まず、《闇の誘惑》の処理(ドロー除外)の処理を終えてから、ドローされたカードウイルスの対象であるならば破壊します。

Q:このカード発動した次のターンに、相手《人造人間−サイコ・ショッカー》蘇生しました。ドローカード破壊無効になりますか?
A:正しく発動されたならば、後から《人造人間−サイコ・ショッカー》召喚されたとしても、ドローカード破壊は有効です。
  《終焉のカウントダウン》と同様です。

Q:相手フィールド上にカード手札が存在しない時でも発動できますか?
A:はい、発動でき、確認して破壊する処理は行ないませんが、その後ドローしたカード確認して特定のカード破壊する処理は行われます。(13/04/11)

広告