オーバーキル/Over Kill

 一般的なTCGでは、相手プレイヤーへ過剰に攻撃する事を意味する。
 遊戯王OCGでは、自分の優位性を誇示するフィニッシュプレイングを意味する。
 例えば勝利がほとんど確定している状況にも関わらず、モンスターを追加で召喚したり、相手ライフが僅かなのに、必要も無くコンボで大ダメージを与えたりする事等を指す。

 こういった行為はマナーに反しているという見方もある。
 ただし、相手手札伏せカードを警戒するが故の行動である場合もあり、一概にそうは言えない事がある。

 ともあれ、オーバーキルを狙ったが為に相手に逆転を許してしまい、勝てたはずのデュエルに負けた、という事が無いようにしたい。
 デメリットコスト、多くの手札消費をともなうカードを使用する場合は特に、失敗するとそこから逆転を許してしまう可能性は高い。
 魅せる、多少の不確定要素が絡んでも勝てる戦い方は効果的な面も存在はするが、リスクを取り除くことには万全を期したい。

  • これまでに生じた最大数値の超過ダメージは、実数でない無限大を除けばアニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsエリファス」戦。
    残りライフ1200のエリファスに対し58900もの戦闘ダメージが生じているが、これはあくまでもデュエルの流れで生じたものであり意図して狙ったわけでないため、上記の意味のオーバーキルとはやや異なる。
  • コナミのゲーム作品において―
    ゲームによっては、戦闘ダメージを与えれば与えるほど得られるポイントが増えるので、わざとオーバーキルして稼ぐということがある。
    DUEL TERMINALでは初期のライフポイントが4000しかないため、特に《リミッター解除》によるオーバーキルが成立しやすい。
    TAG FORCEシリーズのCPUはあと一度攻撃が通れば勝てる状況になると過剰にオーバーキルを狙う傾向があり、攻撃力がかなり低いモンスターをも攻撃表示にする事が多々ある。

関連リンク

広告