カード/Card

 モンスターカード魔法カード罠カードの総称。
 例えば「カードを1枚破壊する」という効果の場合、3種類のカードをどれでも1枚破壊できる。
 →「フィールドのカード」参照。

  • 複数枚のカードをコストにする処理では、その全てを同時にコストとする扱いであり、例えば1枚ずつリリースしたりするのではない。
    また、コストではなく効果の場合も、複数枚破壊は「全てを同時に」行う扱いとなる。
  • カードの体裁は、遊戯王OCGの歴史にあるように時を経るごとにテキスト欄が広くなるように遷移してきた。
    裏面は商品名が変わっても共通のものを使用しているが、DUEL TERMINAL仕様のカードはロゴがやや異なる色になっている。
    またバンダイ版のものは、今の茶色い渦のような模様ではなく赤と紫の渦のような模様となっていた。
  • 全てのカードは紙でできている。
    傷・凹み・折れ目・剥げが目立ちやすく、吸水性もかなり高いため、使用の際には注意が必要である。
    極度の痛みがある場合、大会では使用を認められない事もある。
    そのため、スリーブに入れることが推奨されており、多くのプレイヤーが公認大会スリーブに入れたデッキを持ち込んでいる。
    他注意点についてはカードプロテクターを参照。
    また過去には、《ゼラ》等ステンレス加工されたカードも存在した。
  • 試合の組み合わせのことをカードとも言い、注目される組み合わせを「好カード」という。
    しかし、Vジャンプ等では単に「優秀なカード」という意味合いで「好カード」という言葉が使われていることが多い。
  • 原作・アニメにおいて―
    主に古代エジプトに存在した石版の絵柄をカードに描き、魔術師達の戦いを再現したものが、デュエルの始まりだとされている。
    ペガサスはその石版の内容を写し取り、それを元にデザインしたのがデュエルモンスターズだと言われている。
    アニメでは、作られたカードは精霊としてDM界に存在しているといわれている。(下記のシリーズでも登場することがある)
    カードの強度はシーン毎に様々で、手で破けたかと思えば銃の撃鉄を止めたりもしている。
    手裏剣の様に投げられ、人の手の甲に突き刺さった事もある。
    アニメオリジナル「海馬vsデュエルロボ」戦では、《オベリスクの巨神兵》攻撃に耐えられなかったデュエルロボが海馬のデッキと共に炎上したが、無事だったりと耐火性もある模様。
    ただし、5D'sでは雑賀の相棒だったユージの《マシンナーズ・スナイパー》が、事故の際に焼けて破れてしまっていたりと、描写や状況によって左右されるようだ。
  • 原作においては表側のイラスト以外の部分は白のようである。
  • ストーリーの根幹を担う重要なカードは「購入・入手」する描写がなく、「突然デッキに入っていた」と思わせるような描写も非常に多く存在している。
    既存のモンスターの強化形態(コンタクト融合セイヴァー等)が顕著であり、特にカードを手に入れたという説明もなくソリッドビジョン上でパワーアップして、それ以降いつの間にかカードが存在している、というのはもはや恒例である。
  • 原作・アニメDM・アニメ及び漫画GXでは、劇中でカードをパックから入手するシーンがあり、あちらの世界でもパック購入はカードの主要な入手手段として行われているようである。
    (原作の《光の封札剣》、漫画GXの《光と闇の竜》の入手エピソード等)
    しかしながらアニメ5D's以降はその様な描写が見られなくなっており、代わりにデュエル中に創造や書き換えを行うシーンが増加している。
    ただしアニメ5D'sに関しては、幼少期のアキの回想でストラクチャーデッキ−烈風の覇者−らしきデッキをプレゼントされる描写があるため、カードが商品として扱われているのは相変わらずのようだ。
    また、アニメARC-Vでは《黄泉ガエル》が雑誌の付録カードになっている。
  • アニメ5D'sではボルガーがカードを担保に融資をしてもらおうとしており、アニメARC-Vのシンクロ次元では収容所でカードが賄賂に使用されているなど、カードを金銭と同じような存在として扱われている描写がみられる。
    また、クロウが「コモンズはエースモンスター級のカードを何枚もエクストラデッキに入れておくことはできない」と、カード資産について言及されている。
  • 全作品を通して、拾ったカードや貰い物のカード、借りたカードでデッキを構築している描写も多い。
    特に貰い物や借り物は、作品内におけるキャラクター同士の繋がりや絆の強さを描写するために重要なカードやシーンにも見られている。
  • その他、カードを独自に開発する解析して使用する爆破に使う等といったシーンも多く、そういったものもデュエルディスクは認識する等、全編を通して謎の存在である。
    もっとも原作でも三幻神のようにそのまま写し取ったものがある、超自然的な力を発揮する等、販売会社でも管理しきれない謎を秘めていた。
  • 小説版「光のピラミッド」によると、カード1枚1枚にICチップが搭載されているらしい。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』では海馬コーポレーション製の「クリスタル・クラウド・ネットワーク」を用いたデュエルについて海馬は「デッキとしてのカードは存在しない。」と述べており、実際劇中で海馬が使用したカードは殆ど電子化されている。
  • アニメで使用されているカードは、OCG化されると(それが世界で1枚しかないカードであっても)イラスト効果、体裁が変わる事がある。
    ZEXAL以降はOCG化後も変更しないまま使用されるケースが多い。
    ARC-Vでは零児がペンデュラムモンスターを扱った際、デュエル中に新たなテキストが出現する演出が行われた。
  • アニメ5D'sでは、周りの背景や使用者のデュエルディスクに合わせた形状のカードも登場し、紅蓮の悪魔のしもべは石版状のカードを、Z-ONEは通常のカードよりもサイズが大きいカードを使用している。
  • アニメZEXALでは裏面が実物のカードのロゴをなくした物になった(ただし一部の作画では旧作と同じようになっている)が第26話から裏面のデザインが変更されており、次回作のARC-Vでも同じとなっている。
    これは、海外で放映する際訴訟を防ぐためにアニメとOCGが別物であるという事を示している。
    海外版アニメZEXALでも初期の頃は裏面は日本版と同じく実物のカードのロゴをなくした物だったが第9話から第25話まで旧来のアニメと同じ裏面の物になっていた。
    またZEXALシリーズでは「超自然的効力を持つカード」としてNo.が一貫して登場しており、物語において重要なカギを握る存在となっている。
    No.から記憶を得たアストラルは「最初に1枚のカードがあり、そこから世界が形作られた。」と遊馬に説明していた。
  • アニメARC-Vにおいては、舞網市ではレオ・コーポレーション(LDS)が召喚法などを解析し、そこからカードを量産・流通させているような描写がある。
    そのためペンデュラムモンスター及びペンデュラム召喚を未知の物だとする結果が出た事から物語が動き出している。
    レオ・コーポレーション自体が独自にカードを開発できるという描写もあるが、カードの販売元等については相変わらず示されていない。
    また、裏面に「A」と書かれた「アクションデュエル」専用の「アクションカード」と呼ばれるカードが存在する。
    このアクションカードはアクションデュエル開始の際、アクションフィールドの展開と共にリアル・ソリッドビジョン・システムによって生み出され、フィールドにばら撒かれる。
    なお「月影vsシンジ」戦では、デュエルの決着が付いた後に月影の持っていたアクションマジックが消える描写がされていた。
  • 主人公格が使うカードであっても、相手バーン効果に対してピンポイントで対策できる限定的なカードが使われ、その後のデュエルで一切そのカードが使用されないといったものは恒例となっている。
    高橋和希いわく、コンセプトは「主人公が絶対人を殴らない格闘モノ」との事で、起死回生の良いドローやピンポイントでのカウンター、超常的な設定は、いわばバトル漫画のように、デュエルで戦いを描いている事を表しているともとれる。
    もちろん、実際でそのようなデッキを組んでも紙束になってしまう事は言うまでもない。
    • ただしアニメZEXALのZWや漫画ZEXALの白紙のNo.など、デュエル中にその状況を突破することを目的としたカードが創造されることもあり、その場合は性能が限定されていても話の流れとしては自然である。
  • 原作で海馬がカードに封印されたのを皮切りに、シリーズを問わず人間をカード化するという事が起きている。
    その方法は超常的な力や科学的な力といった違いはあるが、カード化された人間がイラストの部分に存在する以外は何も書かれていない事がほとんどである。

関連リンク

FAQ

Q:表面に傷や汚れのついたカードやサインをいただいたカードやスリーブを大会で使用することは可能ですか?
A:加工したカードは使用できません。
  ただし、カードにスリーブを装着して裏側から見た際に判別がつかない場合は使用できます。
  大会であれば責任者の指示にしたがってください。(15/01/10)

広告