カードガチャ

 株式会社エポック社が販売していたカード自動販売機のこと。
 また、それで販売されていたカードの事を指す。
 ファラオの遺産からFORCE OF THE BREAKERまで発売されていた。
 100円で3枚入りのパックが販売されていた。

 2006年1月にカードダスを販売しているバンダイ側から特許侵害で提訴され、2007年10月にエポック社は東京地裁で敗訴した。
 その後、エポック社は控訴するものの2審の知的財産高裁で控訴が棄却され、2008年9月にカードガチャの販売製造の中止が確定した。

 各パックに収録されているノーマルカードだけが収録されており、レア以上のカードは収録されていない。
 各パックごとに5種類ずつ、ノーマルパラレルレア仕様のカード(通称「ガチャパラ」)が存在する。(カード名に関しては下記リストを参照)
 なお、仕様が変更されたTACTICAL EVOLUTIONからは廃止された。

  • 他に自動販売機でのカード販売として、コナミ自身の展開する「ドラゴンキューブ」が存在した。
    これは正方形のパッケージに様々なアイテムが収められた自動販売機で、遊戯王OCGはその中の一つ、300円のキューブの商品として販売されていた。
    中身は外装が専用の透明な袋になっている以外は通常のパックと全く同じ内容で、150円のパックの場合は二つ、300円のパックの場合は一つがキューブの中に入っていた。
    販売されたのは、ENEMY OF JUSTICEからCYBERDARK IMPACTまでと、BEGINNER'S EDITION 12EXPERT EDITION Volume.1Volume.2である。

ノーマルパラレルレア仕様のカード

第3期/第4期/第5期

ファラオの遺産

SOUL OF THE DUELIST

RISE OF DESTINY

FLAMING ETERNITY

THE LOST MILLENNIUM

CYBERNETIC REVOLUTION

ELEMENTAL ENERGY

SHADOW OF INFINITY

ENEMY OF JUSTICE

POWER OF THE DUELIST

CYBERDARK IMPACT

STRIKE OF NEOS

FORCE OF THE BREAKER

関連リンク

広告