カード名

 カードの名前が表示されています。
 ルール上ではイラストが違っていても、カード名が同じならば同じカードとしてカウントします。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


  • ルビが振られていないアラビア数字は、No.に属するものを除き英語読みするのが通例である。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作・アニメで登場しその後OCG化される場合、カード名が変更されることがある。
    理由としてはサポートカードの都合等と思われるが、単なる記号の追加や削除など変更理由が謎なものも多い。
  • カードが作中で映らなかった場合、正式名称が判明しないままである事も多い。
    こういったカードは、ゲーム作品やアニメサイトなどで初めてカード名が判明するのも珍しくない。
    例えば、《黒の魔法槍(ブラック・スピア)》や《呪符竜》は放送から10年経った後で(海外の)アニメサイトで公開され、正式なカード名が判明した。
    なお、当Wikiではそういった未判明のカードはアニメの字幕等に書かれた名前で記載している。
  • アニメDMの初期の頃には、OCGで付いているルビがない場合があった。
    また、以前は台本に振り仮名が打たれていなかったのか、カード名の漢字をそのまま読まれてしまう事があった。(「じばくれい」・「せんぼんナイフ」等)
  • 劇中で判明したのがカード名だけで、それ以外の情報が全て不明なモンスターも存在する。
    テキストに書かれているものとしては《ミスティック・ベビー・ナイト》・《おジャマシーン・グリーン》・《No.5 亡朧竜デス・キマイラ・ドラゴン》等がある。
    名前のみが示されたものとしては《ブロンドウェーブ》《暗黒界の混沌王 カラレス》・等。
    珍しい例としては公式サイトで書かれていた《ZW(ゼアル・ウェポン)弩級兵装竜王戟(ドラゴニック・ハルバード)》等が該当する。
    一方で《究極完全態・グレート・モス》《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》ように、劇中では一切情報が明かされなかったもののOCG化を果たした例や、その後アニメでも使用されたケースも存在する。
  • アニメARC-Vの「遊矢vs零児」(3戦目)では同1戦目と同じアクションフィールド魔法デュエル前に使用している。
    しかし、何故か《アスレチック・サーカス》であったカード名が《エンタメ・コロッセオ》に変化していた。
    アニメ・漫画でカード名を述べる際に細かなミスが生じることは幾度かあるが、全く異なるカード名を述べるのは異例である。

関連カード

―カード名が変更されたカード

変更後のカード名変更前のカード名
《仮面魔道士》《仮面魔導師》
《墓掘りグール》《墓堀りグール》

テキストに記載された特定のカード名を参照するカード

関連リンク

広告