グッドスタッフ/Good Stuff

 シナジーコンボを考慮せず、単体で汎用性の高いカードを集めて作られたデッキあるいはカード群のこと。
 採用するカードの多くは汎用性が高すぎるために禁止・制限カードに指定されやすく、この類のデッキ弱体化の一途を辿っている。
 かつてはこれを大多数が使用していたため、「標準」の意である【スタンダード】と呼ばれていた。
 しかし、それが弱体化するに従い「性能の良い下級モンスターで殴り勝つ」というコンセプトに変化し、全く別のデッキに変わっていった。(詳細は【スタンダード】を参照)

 現在のパワーカードの殆どは、同じ属性種族カテゴリなどで統一することで初めて有効に使えるものが多く、その効果の特性上デッキを選ぶ。
 どのデッキにも入るカードが多いとデッキの多様性が無くなってしまうので、当然といえば当然の流れである。
 しかし、単体での性能もさることながらコンボで使っても強力なカードデッキの主要パーツになり得る事には変わりがない。
 そのため、「汎用性が高く、ボード・アドバンテージを稼ぎやすいカードを集めてデッキ構築を行う」というグッドスタッフ的な考え方は現在でも有効だとされている。

  • タッグフォーススペシャルでは、田中康彦が同一の名前のデッキを使用してくる。
    そのデッキは余り強力でないが、同キャラが使用する最強デッキ【アサイカリバー】であり、まさにグッドスタッフというものになっている。
  • 元々は「Magic: the Gathering」に由来する語である。

関連リンク

広告