シンクロチューナー

 シンクロモンスターかつチューナーであるモンスターの通称。
 元々はアニメ5D'sの劇中で使われた言葉だが、OCGプレイヤーの間にも広く普及している。

 遊戯王ファイブディーズ オフィシャルカードゲームの時代に登場したものの、OCG化されたのはアニメに登場した3枚のみ。
 その後、エクシーズモンスターの登場によりシンクロモンスター自体が登場しなくなり、長らく3枚のみという状況が続いた。
 SHADOW SPECTERSOCGオリジナルの《焔紫竜ピュラリス》が登場し、以降はOCGオリジナルが増えていった。
 第9期に入るとクリストロンの登場もあり、大きく数が増えた。

  • 下記のリストの様に、シンクロチューナーが必須のシンクロモンスターも複数存在する。
    いずれも大型モンスターデュエルに与える影響が大きい性能を持つため、これらを出せるのはシンクロチューナーの大きな利点と言える。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sは、シンクロチューナーとシンクロモンスターの素材縛りを持つシンクロモンスターは基本的に「アクセルシンクロモンスター」に分類され、そのシンクロ召喚は「アクセルシンクロ」と呼ばれている。
    シンクロ召喚をキーとするアニメ5D'sにおいてもシンクロチューナーは特異な存在らしく、作中には3枚しか登場していない。
    ルール上、シンクロチューナーは通常のシンクロ召喚にも使用できるはずだが、使用されたことはない。

関連カード

シンクロチューナー一覧

自身の効果チューナーとなるシンクロモンスター

シンクロモンスターチューナーシンクロ素材にするモンスター

―非チューナー1体(以上)

―非チューナー2体以上

シンクロチューナーに関連する効果を持つカード

関連リンク

広告