チェーン


チェーン/Chain(公式用語)

チェーンとは?

 「チェーン」とは、魔法や罠カードなどの応酬をスムーズに解決するためのシステムで、1枚のカードの発動に対応して別のカード発動させる行為のことをいいます。
 カード効果発動した時、相手プレイヤーはそれに対して、必ずチェーンするチャンスを与えられます。
 ここで相手がチェーンするかどうかを確認せずに、処理を進めてしまわないように注意してください。
 相手がチェーンをした場合、今度は自分がチェーンをすることが可能になります。
 相手がチェーンしなかった場合は、自分カード自分自身でチェーンすることも可能です。
 こうしてチェーンは可能な限り積み重ねることができ、お互いにチェーンをしなくなった時、最後にチェーン発動されたカードから順に効果の処理をしていきます。

チェーンのしくみ

 最初に発動したカードを「チェーン1」とし、チェーン発動するごとにチェーン2、チェーン3…とチェーンブロックが積み上げられていきます。
 チェーン発動が終了すると効果の処理に入り、最後に発動したチェーンから順に効果の処理を行っていきます。

チェーンの例

 まず、チェーン3の《盗賊の七つ道具》を最初に処理し、《マジック・ジャマー》発動無効になります。
 次にチェーン2の《マジック・ジャマー》の処理ですが、先の《盗賊の七つ道具》効果不発に終わりました。
 したがって《マジック・ジャマー》効果無効にされるはずだった、チェーン1の《サイクロン》効果は無事処理され、最初の目的通り、フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚が破壊されました。

チェーンできない行動

 チェーンはカード(効果)の発動に対して行う行動です。
 「モンスターの各種召喚」「リリース」「コスト」「各フェイズの開始や終了の宣言」はカード(効果)の発動ではないので、これに対してチェーンをすることはできません。

 (公式ルールブック マスタールール2対応 バージョン 1.2 より引用)


チェーン処理後の墓地送りについて

 通常魔法速攻魔法通常罠等は、効果処理が終了し使用済みになった時点でルールによって墓地送りになる。
 しかし、チェーン処理が起きたときには、その一連のチェーンが全て終了したタイミングで、ルールによって全て同時に墓地へ送られる
 つまり、チェーン処理の最中は魔法&罠ゾーンにこれらの使用済みカードは存在し続けていることになる。

チェーンを組む順番

優先権とチェーンの組み方

 効果カード)を発動した場合、その効果発動したプレイヤーは、必ず相手プレイヤーにチェーンするか・しないかを確認する必要があります。
 この時点では発動した効果の処理は行いません。
 お互いに”チェーンをしない”としてから効果の処理を開始します。

 (公式ルールブック バージョン 1.0 より引用)


 優先権が移らない行動の直後にターンプレイヤー優先権を行使してクイックエフェクト発動することができる。
 カードの発動及び効果の発動、あるいは優先権の放棄をした後は、優先権相手に移り相手クイックエフェクト発動するかどうかを選択することができる。
 相手プレイヤーが何か発動、あるいは優先権の放棄をした後、改めてターンプレイヤークイックエフェクト発動することができる。
 お互い優先権を放棄した場合、チェーンが組まれていればチェーン処理、なければターンプレイヤーフェイズの移動等をすることができる。
 相手確認せずにクイックエフェクトを連続で発動した場合、巻き戻しをしなければならないことがある。

 これらについて、詳しくは「優先権」を参照。

複数の誘発効果のチェーンの組み方(同時に複数のカードが発動した場合

 複数の誘発効果が同時に発動した場合、チェーンを組んで処理することになる。
 一時的にスペルスピードは無視される。

 その際、チェーンブロックを積む優先順位が存在し、

  1. ターンプレイヤー強制発動する誘発効果
  2. ターンプレイヤー強制発動する誘発効果
  3. ターンプレイヤー任意発動できる誘発効果
  4. ターンプレイヤー任意発動できる誘発効果

 の順序で積む。
 更に同じ優先順位の誘発効果が複数あった場合、任意の順番でチェーンに積むことができる。

備考

  • 「チェーンに乗る」という表現が用いられることがあるが、これは「チェーンブロックを作る」とほぼ同様の意味である。
    同様に「チェーンに乗らない」は「チェーンブロックを作らない」とほぼ同様の意味を持つ。
    「チェーンを組む」という意味では、「チェーンを積む」や「チェーンに乗せる」という言葉が使われる。
    MASTER GUIDE3や一時期の遊戯王OCG事務局のFAQでも利用されていたが、現在の公式FAQでは「チェーンに乗る」という表現は使用されていない。
  • アニメARC-Vにおいて舞網市のデュエルスクールの看板に、「チェーンデュエルスクール」が存在する。
    《連鎖爆撃》イラストと共に、「不運なデュエルの連鎖に巻き込まれていく…」と書かれている。
  • コナミのゲーム作品においてー
    ゲームでは誘発効果のチェーンの優先順位があらかじめ決められており、プレイヤーが順番を選ぶことはできない。

関連リンク


チェーン/Iron Chain(カテゴリ)

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した「(チェーン)」と名のついたモンスター群。
 その全てが地属性で、デッキ破壊効果またはバーン効果を持つモンスターが多い。
 ビートダウンデッキ破壊バーンと三つの戦術が混在しているのに、属するモンスターの数が少ないため、扱いは難しい。

  • 英語名は、「鉄の鎖」の意味。
    ただ単に「Chain」にしたのでは、幾つか無関係なカードカテゴリに含まれてしてしまうのでこうなったと思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sにおいて収容所の所長・鷹栖が使用するモンスター群。
    ゲストキャラ同然のキャラの使用したカード群が全てOCG化されることは、アニメGXの頃から考えると非常に稀である。

関連リンク

―「(チェーン)」と名のついたモンスター
 ※は「C」に関する効果を持つモンスター

―「(チェーン)」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

広告