チェーンブロック/Chain Link

 チェーンを積むとき、効果を1つずつ「前の効果」の上に積んでいく。
 これをブロックを積んでいく様子に例えて、積まれていく効果の1つ1つを「チェーンブロック」と呼ぶ。

 例えば「《地割れ》《マジック・ジャマー》」とチェーンされたとする。
 この場合、「《地割れ》のチェーンブロック」に「《マジック・ジャマー》のチェーンブロック」を積み、逆順処理を行う。

  • 原作・アニメにおいて―
    シリーズを通して、上記のチェーンブロックの逆順処理中にチェーンを割り込むシーンが多々ある。
    演出の都合上仕方ないが、OCGでは不可能なので注意。
  • アニメARC-VではLDSにチェーンブロック基礎という講座が存在する。
    また、「遊勝vsユーリ」戦で遊勝が使用した《EMスカイ・マジシャン》と2枚の魔術師永続魔法を用いたコンボは完全にチェーンブロックと関係なく相手カードの発動無効にしている。
    公式ホームページの「超熱血デュエル塾 講義84」でもこの通りのことが説明されているため、どうやらミスではなく完全にルール自体が異なるようだ。

関連リンク

広告