デザイナーズデッキ

 そのデッキが組まれることを想定してデザイナーが創ったカード群によるデッキのこと。
 現在ではカテゴリデッキがほぼ全てを占めており、コンボ性の高い戦術が中心となっている。

 当然ながら、カテゴリに属するモンスターとそれらの専用サポートカードによってデッキの大半が埋められる。
 汎用性の高いカードを投入していく【スタンダード】とは対極を為し、コンボ性の高さが魅力となる。
 逆に、弱点がはっきりしており、そこを突かれると脆いという面もある。

 昔のデザイナーズデッキは弱いものばかりだったこともあり、環境に入ることが少なかった。
 しかし、現環境においては殆どがデザイナーズデッキであり、むしろデザイナーズデッキ以外で大会を勝ち抜く事が難しくなっている。
 また、既存のカテゴリに新規カードが追加されることで新しい戦術が生まれ、その結果として環境で第一線級の活躍を見せるケースも存在する。
 なお、必ずしも意図されたコンボだけを行うのではなく、デザイナーズデッキをいかにアレンジできるかがプレイヤーの腕の見せ所となる。
 そして、アレンジされたデッキが本来想定されたデッキよりも遥かに強力になることもあり、制限改訂で規制されることもある。

  • カテゴリではないが、登場当初のサイキック族はデザイナーズデッキの様相を呈しており、他の種族とは一線を画していた。
    現在では、他の種族と同様に該当するモンスターに割り当てられるようになり、然るべき状態に落ち着いている。
  • 原作・アニメにおいて―
    登場キャラクターのデッキは、印象付けや何らかの象徴の為にデザイナーズデッキにされていることが多い。
    このため、特定のキャラクターが使用するカードを主軸にしたデッキ(キャラデッキ)を構築した場合、結果としてデザイナーズデッキになる。
    特にアニメ5D'sで登場した不動遊星の【シンクロン】、クロウ・ホーガンの【BF】、鬼柳京介の【インフェルニティ】は過去にOCG環境に上った事もある。
    また、サポートカードを効果的に使うことで他のデッキにはないメリットを活用しているシーンも散見される。

関連リンク

広告