トリックスター

 CODE OF THE DUELISTカテゴリ化された「トリックスター」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て光属性天使族で統一されている。

  • モンスターカードの背景の左上と右下に花を模したマークが描かれており、モンスター自身も同じ花を模した装飾をしている。
    いずれも毒性のある花を由来としている。
    女性の姿、ステージの存在や服装を考慮すると、モチーフはアイドルグループだろうか。
    また、属するモンスターの胸部にはハートと髑髏を合わせたような飾りが付いている。
  • 「トリックスター(trickster)」とは、神話や物語の中で、神や自然界の秩序を破り、物語を引っかき回すいたずら好きとして描かれる者のこと。
    善と悪、破壊と生産、賢者と愚者など、全く異なる二面性を併せ持つのが特徴とされ、立場や言動に一貫性がない者、伝承によって諸説ありすぎて全容が掴めない者も多い。
    例としては北欧神話のロキアーサー王伝説マーリン、クトゥルフ神話のナイアルラトホテップなど。
    • アニメ5D'sにおいて、上述のロキのカードを所持するブレイブが作中で「トリックスター」と称されていた。
      この「クロウvsブレイブ」戦は、ピンポイントな逆転カード墓地から罠カード等、予測不可能で掴みどころのない攻防が繰り広げられ、このようなプレイスタイルをトリックスターと称している。
      また、ブレイブがドラガンのフィールドを引き継いだ《極神皇トール》を容赦なく自爆させる等、まさにロキさながらの「神をも弄ぶ」と称されてもいる。
    • また、上記の通りアイドルグループのテーマもあるため、「スター(star)」ともかかっている可能性もある。

関連リンク

―「トリックスター」と名のついたモンスター
 ※は「トリックスター」に関する効果を持つモンスター

―「トリックスター」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「トリックスター」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

広告