トリックスター

 CODE OF THE DUELISTカテゴリ化された「トリックスター」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て光属性天使族で統一されている。

  • モンスターカードの背景の左上と右下に花を模したマークが描かれており、モンスター自身も同じ花を模した装飾をしている。
    そのほとんどは毒性のある花が由来となっている。
    作中での使用者がアイドルであること、女性の姿、ステージの存在や服装を考慮すると、加えてのモチーフはアイドルグループだろうか。
    また、上記の2つのモチーフを反映しているのか属するモンスターの胸部にはハートと髑髏を合わせたような飾りが付いている。
  • 「トリックスター(trickster)」とは、神話や物語の中で、神や自然界の秩序を破り、物語を引っかき回すいたずら好きとして描かれる者のこと。
    善と悪、破壊と生産、賢者と愚者など、全く異なる二面性を併せ持つのが特徴とされ、立場や言動に一貫性がない者、伝承によって諸説ありすぎて全容が掴めない者も多い。
    例としては北欧神話のロキアーサー王伝説マーリン、クトゥルフ神話のナイアルラトホテップなど。
  • アニメ5D'sにおいて、上述のロキのカードを所持するブレイブが作中で「トリックスター」と称されていた。
    ただ彼の場合は上記の定義よりも、奇抜なプレイングから「trick(策略)」を得意とする「star(花形)」という意味合いで称されたようである。
  • 上記の通りアイドルグループのテーマでもあるため、「花形」という意味の「スター」ともかかっていると考えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSにおいて財前 葵/ブルーエンジェルが使用するカード群。
    アニメではこれ以外にも、通常魔法《トリックスター・ハルシネイション》・通常罠《トリックスター・スキャッター》および、このカテゴリ1枚を手札コストとして相手は手札が3枚になるようにドローさせるスキル「トリックスター・フロード」が登場している。
    またトリックスターには属さないが、類似したイラストを持ち、葵が使用した天使族モンスター《ダーク・エンジェル》も登場している。
  • スキル名の「フロード(fraud)」とは、「詐欺・欺瞞」と言う意味である。
    相手にドローと言う利益を与えながら、トリックスターとのコンボダメージによる勝利へのダメ押しに繋げる様がこのスキル名となっているのかもしれない。

関連リンク

―「トリックスター」と名のついたモンスター
 ※は「トリックスター」に関する効果を持つモンスター

―「トリックスター」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「トリックスター」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

広告