ドローソース

 ドロー効果を持つカードコンボの事。

 ドローソースは、以下の2種類に大分できる。

  1. 《成金ゴブリン》《デステニー・ドロー》等、ドローを目的としたカード
  2. 《デュアルスパーク》《ガード・ブロック》等、何らかの効果ドローが付随するカード
    このようなカードディスアドバンテージを回復しつつ手札交換が行え、重宝される。
  • 海外では日本よりもドローソースは高く評価されがちである。
    これはかつて、優秀なサーチサルベージカード海外では未発売だった(=無理やりにでもドローするしかなかった)事に起因している。
    カードプールの差が狭まり、サーチの方が重宝されるようになってきた現在であっても、大半のドローソースは癖の強いものでも日本版よりレアリティを格上げされることが日常的な光景となっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作及びアニメでは手札の消費が荒いこともあってか、OCGに比べると強力なドローソースとなり得るカードが多く登場している。
    特に融合召喚を中心としていたアニメGXでは、敵味方問わずドロー効果が付与されたカードが多数散見された。
    • ただアニメARC-Vでは、手札以外のカードが使用できるアクションデュエル、サーチによる手札補充の充実、エクストラデッキから大量展開できるペンデュラム召喚という特徴故か、これまでの作品に比べるとやや登場頻度は少ない。
      特にスタンダード次元では雑誌「Dステップ」にて「ドローソースが乏しい現在の環境では〜」という一文があるので、あまり見られない様である。
      とはいえ、劇中でも(それが書かれていた場所と次元が違うとはいえ)比較的緩い条件で2ドロー可能だった《ファーニマル・ウィング》通常魔法《RRーサンクチュアリー》などのドローソースは沢山存在している。
  • アニメにおける1回でのドローした最大枚数は、アニメGXにおける「十代vsエックス」戦でエックスの《レベルポッド》の効果で十代がドローした10枚。
    自分ドローに限れば、アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsナッシュ」戦で遊馬が使用した通常罠《オーバーレイ・ブレッシング》による7枚が最高値。
    漫画では「ジャックvsレクス・ゴドウィン」戦でゴドウィンが使用した罠カード《天輪増札》の12枚である。
    また、アニメZEXALIIの「遊馬vsアストラル」戦では、お互い通常魔法《エクシーズ・トレジャー》の効果で5枚ずつドローしている。
    これだけ見ても、OCGと比べてかなりドローの枚数が多いことがわかる。

関連カード

自分だけがドローする効果」を持つカード

 ドローを参照。

デッキの上からカードをめくり、手札に加える」カード

 手札を参照。

関連リンク

広告